元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

* INFORMATION *
CIMG0091 - コピー - コピー このブログは、皆様方のランキング投票により成り立ってます
記事の前に、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ
感謝! ペコリ
■新着エントリー
 07/23  市川おもちゃ劇団4-3 ショウ 歌謡浪曲 雪の渡り鳥 松山劇場2018018夜
 07/22  市川おもちゃ劇団4-2 芝居 通り雨 松山劇場2018018夜
 07/21  市川おもちゃ劇団4-1 市川おもちゃ座長 顔見世ショウ 松山劇場2018018夜
 07/19  市川おもちゃ劇団3-3 ショウ 北の大漁船 松山劇場2018015昼
 07/18  市川おもちゃ劇団3-2 特選狂言 人生二筋道 松山劇場2018015昼
 07/17  市川おもちゃ劇団3-1 市川おもちゃ座長 顔見世ショウ 松山劇場2018015昼
 07/16  サッカーW杯 おめでとうフランス20年ぶり2回目の優勝 & 総評 20180515
■おしらせ
’17 01/26 900,000アクセス突破しました。
’16 06/03 850,000アクセス突破しました。
’15 10/21 800,000アクセス突破しました。
■コーナー案内
 ※大衆演劇観劇の記録はこちら               ⇒ 山口ジジイの大衆演劇初心者
 ※第二期失業生活、職業訓練校の日記はこちら     ⇒ 山口ジジイの無職ブログ2010
 ※リンク及び相互リンクについてはこちら          ⇒ リンク及び相互リンクについて。
 ※書き込み自由 足跡を残そう 画像もOK         ⇒ 山口ジジイの総合掲示板BBS 
 ※第一期失業時代の日記はこちら              ⇒ 山口ジジイの失業日記2006
 

第三部 舞踊ショウ

DSC06696 - コピー
花のトップステージは、おもちゃ座長女形

DSC06699 - コピー
DSC06701 - コピー
DSC06703 - コピー
DSC06705 - コピー
DSC06709 - コピー
DSC06710 - コピー
DSC06711 - コピー
DSC06712 - コピー

DSC06713 - コピー
三好かずやさんは、男前やね
大阪の旧天満座で、座長と勘違いして「座長」とハンチョたかけてた観客がいたのが典型的な例だ

ラストショウ 歌謡浪曲 雪の渡り鳥

DSC06716 - コピー
DSC06718 - コピー
DSC06720 - コピー
DSC06723 - コピー
DSC06727 - コピー
二代目市川おもちゃ座長かっこいい、笠に合羽姿の銀平が主人公の、芝居調で演じられたラストショウ
おもちゃ劇団らしい一作で、笑いありかっこ良さあり、笑いを担ったのは市川恵子前座長
市川恵子さんは声がいいし、笑わせるというのは泣かせることより難しいので、なんと実力のある役者さんなのだろうと感心した
市川恵子さんが座長時代の劇団も拝見したかったなあ
この演目を拝見する前、三波春夫の代表曲の一曲である雪の渡り鳥には台詞がないので、うーむ違う曲があるのかしら、と疑問だったが、3~4曲を編集した音源の中に浪曲の一節があったので、歌謡曲+浪曲=歌謡浪曲という方程式だったことを確認した
なるほどねえ


DSC06729 - コピー
最期の口上&昼夜の大入り

DSC06730 - コピー
拾えた劇団ティッシュ
ありがとうござんす

おもちゃ劇団は、伝統のある劇団
良い人情喜劇を拝見し、締めには力作のラストショウ
とっても満足のいった公演であった
これで、1900円なら安い、前売り券1600円だったので尚安いね
第二部 芸題 通り雨
<あらすじ>
※個人の感想です、ネタバレあります

浜で若い男女、清吉(三好かずや)とお園(市川ナナミ)が心中しようとしているのを、漁師の正蔵(市川おもちゃ座長)が助ける
大店丸屋の手代とお嬢さんであり訳を聞くと、互いに好きあったもののお嬢さんの縁談が決まり身分違いで一緒になれないのを悲観して死のうとなった
正蔵は死んだらならん、と2人を説得し家に連れ帰った
~芝居はここから~
ある日正蔵(市川おもちゃ座長)は、浜で捨て子を見つけ自分の子として育てる決意をする
女房のおさん(市川恵子)も賛成し、おまえさん名前はどうするんだい、と問うと
正蔵は、お園にしよう、と答える
昔、若き日の正蔵とおさんは喰うや喰わずの生活で、やむなく赤子を捨て子したことがありその子の名前がお園だったのだ
そこへ丸屋の主人(高羽ひろき)が、お園を探して正蔵の家にやってくる・・・

正蔵の友達(市川久美子)
網元の家の子守(小恵子小花形)

<感想>
一幕三場、約1時間10分の芝居
これも、ええ芝居やった
おもちゃ劇団は、やっぱ人情劇で底力を発揮すると思う
この芝居は、以前劇団天華で一度だけ拝見したことがある
澤村千夜座長が口上で、大阪でリクエスト芝居の日にアンケートをとると1位になるような芝居なんですよ、とおっしゃっていたが、台本そのものもいいと思う
笑いあり涙ありの、人情色の濃い人情喜劇で、わっし好みだ
劇団天華との比較でいえば、劇団天華では大店の番頭が登場し若旦那となった手代と身分逆転で笑いをとっていたが、おもちゃ劇団ではそもそも番頭が登場しない
まあこれは、劇団の役者の構成の関係で、番頭のくだりを省略したのではなかろうかと思われる
望大地あたりが在籍してたら、おもちゃ劇団でも番頭が登場したかもしれない
まあ逆に、劇団天華では澤村龍太郎代貸が退団したようなことを聞いたので、天華でも省略してるかもしれない
おもちゃ劇団で笑いを担ったのは、赤子を忘れた子守役の小恵子小花形、元気一杯演じていた
子役が元気なのはええことやが、ちょっと台詞が聞きとりにくいのが玉に傷といったところ、まあ小学生なのでしゃあない
中学生となり子役を卒業した市川ナナミが、お嬢さんを演じていたがその成長に驚いた
端正な役柄が、市川ナナミのはまり役ですな、ほろりとさせる
でもまあ数年後には、小恵子小花形がお嬢さん役を担うかもしれないが
市川おもちゃ座長、市川恵子前座長の芸達者振りは、言わずもがなですな
キッパリの時の形もいいし台詞もすばらしい、おもちゃ劇団は人情芝居で真価を発揮すると思う

DSC06693 - コピー
DSC06695 - コピー

口上挨拶 市川恵子前座長
3年振りの松山公演、暑さ、大街道について、グッズ紹介、前売り券販売など

ありがたや節の踊りの中で、どてっというのが現在の劇団の推しのようだ
笑えます

DSC06683 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
7月18日、おもちゃ劇団は4回目の観劇
夜の部だったので、客席は20~30ほど

第一部 顔見世ショウ

DSC06684 - コピー
顔見世トップは群舞踊 二代目おもちゃ座長中心に

DSC06685 - コピー
DSC06687 - コピー
DSC06688 - コピー

顔見世ラストは座長
DSC06692 - コピー

5本25分ほどの顔見世ショウ
この日も、おもちゃ座長一本がえし

DSC06681 - コピー
DSC06682 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
市川おもちゃ劇団は、人気者であった初代おもちゃの流れをくむ伝統のある劇団
キッパリの迫力と形の美しさ、確かな芝居、凝ったラストショウの演出
大阪で連日満席になるのが、良く分かるな

第三部 舞踊ショウ

DSC06650 - コピー
花のトップステージは、おもちゃ座長女形

DSC06651 - コピー
DSC06652 - コピー
市川久美子の歌声で、市川ナナミが踊る
けっこう上手

DSC06653 - コピー
DSC06654 - コピー
DSC06656 - コピー
DSC06658 - コピー
DSC06659 - コピー
DSC06661 - コピー
DSC06664 - コピー
DSC06666 - コピー
DSC06667 - コピー

ラストショウ 北の大漁船
DSC06668 - コピー
DSC06669 - コピー
DSC06670 - コピー
DSC06674 - コピー
北島三郎のなみだ船も入っていたかな
2~3曲に渡る総踊り

DSC06675 - コピー
最期の口上は、おもちゃ座長


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第二部 芸題 人生二筋道
<あらすじ>
元は町人だった兄(高羽ひろき)は、武家の婿養子となり侍となり、3千石の旗本の殿様の側用人をしていた
兄の屋敷には実母(市川恵子)も住んでいたが、兄と嫁(市川久美子)はバカにして母いじめを日夜繰り返していた
「お茶を入れさせれば火傷するくらい熱い、嫁の肩をもませれば怪我するほど殴る」
と、兄と嫁はあることないことを言い因縁をつけ、母親に「屋敷を出ていけ」という
兄の実弟である大工の留(市川おもちゃ座長)が屋敷を訪れこれを目撃した
見かねた留は、兄と縁を切り、おいらが親孝行をすると母を自分の長屋に連れて帰った
慎ましやかながら幸せに暮らす留と母、ある日花見にでかけるが、弟子の三公(小恵子小花形)が弁当を忘れたので、母をベンチに座らせ取りに行く
母が一人のところへ偶然兄が通りかかり、母が「倅元気かい」と声をかけると、小汚いものが武士に声をかけるなと難くせをつけ殴打する
母の元に帰ってきた留がその様子を目撃し、
「何をするんだ兄さん、おっかさんをなんで殴るのだ」というが、兄は
「誰に向かって口をきているのだ、お前とは縁を切り赤の他人だ、雪隠大工のお前と武士のワシとでは身分が違う」
と、留に詫びをさせた上で、留の額を割り去って行った
悲しみのどん底の留と母
その様子を陰で見ていた兄が仕える3千石の旗本の殿様(三好かずや)
娘を悪漢から守ってくれた、留にお礼をいうためにやってきていた
殿様は一計を案じ、留を娘(市川ナナミ)の婿養子とした、婚礼の日、留と兄は対面する・・・

<感想>
一幕三場だったと思う、約1時間10分の芝居
これは、ええ芝居やったなあ
3回の観劇の中で1番、わっしの琴線に触れた
笑いあり涙ありと言った感じだ
笑いを担ったのは、市川けいこ前座長と、高羽ひろき
子役たちは、本来は年齢的に違和感のある役だが、その違和感を笑いに変える演出であった
愁嘆場のセリフ、割台詞、キッパリの形がいいんだよねえ
おもちゃ劇団の伝統の力なのだろう
ちょいと古い感じの演出が実に心地よい
大阪の人気劇団というのが、良く分かる
他劇団では、「雪と墨」の外題で演じられることが多く、座長大会などで演じられることも多い
芝居の主題は、母親を大切にという道徳的なもの
意地悪婆さん、嫁は嫁娘は娘などでも演じられるテーマ
3年ほど前に浅井劇団で観た「雪と墨」は、最期兄が切腹して果てる演出だった
「これだと雪と墨の本来の主題が変わってしまう」
とプロレスラブさんが、おっしゃっていたのを思い出した
まあ、悲劇的な最期が得意の浅井劇団だから、それはそれでいい
おもちゃ劇団は、最期は親子兄弟が分かりあえて良かったという、本来の演出だった
子役が元気に大きな声で台詞を言うのいいね
市川久美子はベテランらしい確実な演技をするのがいいね、歌も上手だし地味に見えるけれどただもんじゃないね

DSC06649 - コピーDSC06648 - コピー
口上挨拶 市川恵子前座長
3年振りの松山公演、グッズ紹介、前売り券販売など
ありがたや節の踊り、なども観れた

DSC06595 - コピー
DSC06596 - コピー
DSC06597 - コピー
DSC06598 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
この日は月のまん中7月15日、今月のおもちゃ劇団は、3回目の観劇
日曜日だったからか、遠征客らしき方がたも多く、お花も松山では珍しい枚数ついていた
以前大阪遠征したときに、おもちゃ劇団を拝見した旧天満劇場では、連日超満員で立ち見までいた印象
おもちゃ劇団は、人気劇団なのだろう、伝統と現座長の魅力だと思う
この日の松山劇場は、全観客で60人くらいだったのでは
本当はもっと入ってもおかしくはないのだが

第一部 顔見世ショウ

DSC06643 - コピー
花のトップステージは、群舞踊 二代目市川おもちゃ座長中心に よさこい鳴子節とアナウンスされてたか

DSC06644 - コピー
DSC06645 - コピー
DSC06646 - コピー

顔見世ラストは、座長 夜明けのブルース
DSC06647 - コピー

5本25分ほどの顔見世ショウ
やはりこの日も、おもちゃ座長が一本がえし

DSC06639 - コピー
DSC06640 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
middle_1153892453.jpg

若い力でフランス優勝
19歳のエムバペちゅうのは、新神の子やね
次回は超大物になってるだろうな
グリーズマンも良かったし、控えの若きデンペレも存在感を魅せた、次回はエースかシャドウストライカーだろう
そして、GKロリス、なんども止めた、いやあ素晴らしい優勝だった
それにしても、フランスの極右政党は、移民の子が大勢いるフランス代表をどう思ってんだろう
移民は認めない、とかちゃんと言ってるのかな、言動不一致で応援してたらおかしいぜ

準優勝のクロアチアも素晴らしかったな
欧州予選では、アイスランドに敗れてプレーオフでかろうじて本戦出場したそうだけど、
グループリーグを断トツで突破し、決勝トーナメントでは、昔の逆転のPLみたいな劇的な勝利で初めての準優勝
歴史を作ったねえ

まあ、今回のW杯をひとことでいうなら、波乱の大会だった
各地区予選で、オランダ、イタリア、アメリカといった、サッカー強国が敗退し本戦出場を逃し
グループリーグ戦では、優勝候補最右翼のドイツや、ポーランドが姿を消し
決勝Tでは、ロナウド、メッシなどのスーパースターを擁するポルトガルやアルゼンチン、スペインなどが早々に敗退し
準々決勝では、最後に残ったもう一人の横綱のブラジルがベルギーに完敗といった感じで、横綱大関が倒れて行った
そんな中、フランス、クロアチア、ベルギー、イングランドのいわば大関小結クラスが勢いに乗り、新時代を築いた感じだ
エムバペ、ルカクといった新しい力も目立ち、新旧を感じた

さて私が優勝候補に挙げた、ドイツ、ブラジル、アルゼンチンは、どんどこ敗れ、予想は全敗ですわな、とほほ

でもまあ総評として、おもしろい大会だった、だ
いやあ、いい試合が多かった

日曜の朝のTBSで、張本がまだサッカーやってるの日本負けたのに観ませんよ、とアホなこと言ってたが、
歴史に残るような凄い試合は、やっぱ決勝Tだった
グループリーグとは、レベルが違う試合が多かったな

そして日本
私の予想は、3戦全敗だろう、最大勝って1勝1敗1分けで決勝Tを目指すだったが
グループリーグ最終のポーランド戦では、誠に不細工な負け逃げでかろうじて突破
たが決勝T1回戦では、いい試合を魅せてくれた

対ベルギー戦では、後半に入ったとたん2点を先取し、もしや勝てるかもと思ってるうちに3点取られて逆転されるという、まるでジェットコースターかフリーフォールといった、とんでも試合を演じ、喜ばせてくれた
西野監督は、短い期間でよくまとめたと思う、感謝だ

ただ、その西野監督が言ったとおり、日本は1勝2敗1分けしかできなかった、というのも正しくて
その1勝も1人少ないコロンビア戦で得た勝利だったね
いわば、ぎりぎりの決勝T進出だった
まあ、十両力士が幕内上位や三役と戦って勝ったり負けたり善戦したというのは、心に残った
愛媛出身の長友もいい動きをしてたし、いわゆる半端ない大迫や乾、原口といったところも活躍し、本田も存在感を魅せた
来季の監督は、もし決勝Tで勝利してたら、西野監督に10年くらい任せたらいいんじゃなかろうかと思ったが、
そうではないので、ドイツ人の監督か、U21の日本人監督にするのか、どっちがいいんだろう
ドイツ人には断られたらしいが

まあ、とにかくテレビ観戦なれど、おもしろい1カ月だった
眠い目をこすりながら、良く見たぜい
あと4年、待ち遠しい


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす