元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
宝海劇団 寸評
これまで奥道後劇場で2年連続観劇してたが、今回は大ネタが多かった印象
芝居が弱いという印象をもってたが、今回はなかなか良かった
紫虎座長と大空座長の二枚看板に、酒井健之助ゲストが加わっていたのも大きい
酒井健之助ゲストは、多分5月くらいから自分の劇団で活動するんじゃないだろうか
宝海大地花形がいなかったのは残念だった

劇団天華 寸評
地元出身の澤村千夜座長率いる劇団天華
これまで2回だけ観劇したことがあり、あまり芝居が良くない印象だったが、今回6公演を観劇し考えを改めた
芝居はなかなか良かった
若手が多いが、末端の役者も芝居がかなりできる
遠征客も多かった
観客動員も多く、今年に入って断トツだろう


3月の芝居 ベスト3

1位 会津の小鉄 劇団天華

2位 幡随院長兵衛 宝海劇団

3位 お銀片割れ月夜 劇団天華

<追記>
今年に入って外国語のスパムメールが山のように届くようになったので、コメントを当分の間、承認制とさせていただきます
普通にコメントくださる方は、時間差がありますが必ず表示します

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
3月ベスト3
3月ベスト3

1.伝説の役者 中村歌右衛門は 男の花道(剣劇はる駒座)
座長が20歳の記念公演に演じた思い出ある芝居だそうです。調べてみると、劇団によっては座長○周年記念公演などで、演じられる大ネタみたい。幕間も劇を途切らず、スピーディー。趣向も凝らされています。

2.長崎の女(黒潮劇団)
危険な殺陣が目玉の芝居。初めて松山で観た時と比べ、迫力が落ちたように感じたが、観劇仲間が大変驚いていた事から、2回目ゆえの慣れか。血糊玉を落としたのを見てしまったのもあるかもしれない。他の劇団では、梯子の上で宙吊りになるアクションが無かったそうです。調べてみると、オランダ坂に雨が降るという下題に変えている場合は、仮に長崎の女と付いてても、宙吊りアクションが無い可能性がありそうです。

3.恋の高岡(剣劇はる駒座)
序盤は、ほのぼのとした恋物語に、嫉妬した侍が悪さして、それを凝らしめるようなよくある話かと思わせますが、突然、愛した人をも傷つける狂気を帯びた芝居に変わっていきます。一般受けしにくいとは思いますが。(^_^;)

番外.小桜千吉(剣劇はる駒座)
劇団オリジナル芝居。愛した男の為に奉公に出る女。実は罠であり、地獄の始まりだった。

長崎の女と恋の高岡、なかなか観れない芝居を楽しむ事が出来ました。良かった♪( ^ω^ )
2017/04/04(火) 13:26 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
狂喜を帯びた鳥肌のたつ様な芝居
はる駒座の総座長の、そんな芝居私も観たいですね。
こちらは橘鈴丸ちゃんが張り切ってます。
ショーは彼女らしくていいんだけど、芝居は今一つなのかなあ
2017/04/08(土) 23:01 | URL | 千葉のばばあ #-[ 編集]
鈴丸座長
鈴丸座長、キレッキレッのダンスまで踊れますよね。総座長がダンス大会で優勝した事があるのも影響しているのでしょうね。GWに観に行くと思います。
2017/04/09(日) 17:33 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
5月は、又、川崎迄遠征ですか
小竜丸座長のダンスも素敵ですね
鈴ちゃんの立ち役は、スカッとして好きだな
興味ない劇団って、どこか聞いてみたいですなあ
早くから、眠ざい飲んで寝たもんで、こんな時間に目覚めてしまいました。
2017/04/10(月) 03:14 | URL | 千葉のばばあ #-[ 編集]
プロレスLOVEさん
剣劇はる駒座を良く拝見されたようですな
はる駒座は本体でしょうか
私は、和組より本体の方が好きですね
二劇団に別れてますが、本体の方に役者陣が集中してて、バランスが悪いようにも思えますね
今回の芝居、私も見てみたいです

千葉のばばあさん
小竜丸劇団の橘鈴丸座長は、是非拝見したい役者さんの一人です
いいなあ
雑誌でしか拝見したことがないんですよ
2017/04/24(月) 17:59 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2887-1bb7c43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック