元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

middle_1153796867.jpg
山口ジジイと申します。私は、劣等社会人でございます。
今年の春、勤めてた会社を退職し、現在失業中。
この日記では、失業無職の生活がどんなものであるのかを、ご報告していきます。

失業希望者(そんな人いるかな?)は、失業生活の手引きとして参考にしてください。
まともな社会人のみなさんは、失業者のあわれな実態をご観察くださいませ。
学生さん、若い方は私を反面教師として、立派な社会人を目指しましょう。
面白画像はありませんが、みなさん宜しくお願いします。

※挿し絵はイメージです。

山口ジジイのパラメーター
38歳独身。失業生活4ヶ月。今まで建築の仕事に関わってきた。
身長167センチメートル。体重105キログラム(4ヶ月の間にさらに太ったぜ)。
四国の某県よりお届けします。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1153892453.jpg
失業生活4ヶ月目の今月、待ちに待った最初の失業手当が振り込まれました。
でも何か変だと思わない?

「先月までは失業手当がでてないの?」
と疑問に思った方に説明しますが、失業者には2種類ありまして、会社倒産または解雇された人は会社都合ということで、失業手当はすぐに出ます。
ところが、私のような自己都合でやめた人間には停止期間と申しまして、3ヶ月間は出ません。
事務手続き1ヶ月を合わせて、4ヶ月待って、やっと手当てが振り込まれ始めるのですな。

4ヶ月は本当に長かった。ゆえに喜びもひとしおです。

※挿し絵はイメージです。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1153994751.jpg
山口ジジイは失業者であると同時に、学校の生徒でもあります。
そう、職業訓練校。
今月から通っています。6ヵ月間通います。
画像は私が通う四国某所にある、厚生労働省管轄の独立行政法人職業訓練校です。

学費はいくらか?

答え 0円。

しかも、失業手当に1日あたり500円を割り増してくれます。
さらに、通学手当も出ます。私の場合月額4,000円程ですが、遠い地域から通ってくる生徒には、最大50,000円まで通学手当が出ます。

そして一番大きいメリットが、訓練校に通っている間は失業手当期間が延長されること。
私の場合は、通常なら90日間しか失業手当が出ませんが、最大180日間延長してくれるのです。

日本はありがたい国です。
まあ、今まで毎月雇用保険を払い続けてきたおかげでもありますが。

次回は訓練校の授業内容を報告します。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1154096388.jpg
画像は、訓練校建築科の授業風景です。
みんな作業服に身を包み、ノミ、金槌、ノコなどを使って木材と格闘してます。

我が建築科は30人程度で、男女比はほぼ半々。
年齢は、20歳くらいから60歳くらいまで。
平均すれば35歳くらいか。
もちろんみんな「失業者」です。
前職は様々。
トラック運転手、歯科衛生士、宅急便配達員、大手建材メーカー営業、事務員などなど。

作業台の前で、皆が作業している姿が何かに似てませんか?
そう、刑務所の受刑者達が木工場で作業させられているあの姿。

      「刑務所の中」

次回はこの失業者たちが、具体的に何を作ってるのかを報告します。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1154412306.jpg
さて、男も女も汗だくだくで小汚い格好をした失業者達は、毎日授業で何をしているのか?
我が四国某県にある職業訓練校建築科では、現在授業で継ぎ手模型を作っています。
継ぎ手とは何か?

建築現場で使う木材は、トラック運搬の関係で4メートルの長さが最大。
長さ10メートルを超える家の、土台や軒桁、梁などは4メートルの木材を継なぐしかない。
木材をただ、続けて置いただけでは家はバラバラになってしまいます。
そこで、木と木をつなぐ技術が必要となってくる。

それが継ぎ手。
引っ張っても外れないように頑強に継ぐ。
継ぐ部分の形は古の大工さんたちが、改良してきたものが今も生きてまして、その形を継ぎ手と申します。
その継ぎ手製作の訓練を、現在、私こと山口ジジイや失業者達は勉強してます。

(画像は、継ぎ手模型製作に入る以前のノコ引きの練習課題です。)

左上の模型から始めました。
一本の木材からノコギリ、ノミ、金槌を使い作りました。

だんだん難しくなるなあ。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
コピー ~ CA330148-0001

コピー ~ CA330149-0001
木造住宅の土台部分の継ぎ手として一般的なのが、この「腰掛蟻継ぎ」です。
低金利で有名な住宅金融公庫が指定する継ぎ手もこの形です。

頭の形が逆三角形で、蟻の頭に似ていることから、この名称になったそうです。
教科書には絶対出てこない無名の大工さんたちが、試行錯誤を繰り返し現在の形となりました。
日本の木造建築の歴史を感じます。

素人が作るのは結構大変で、半日くらいはかかります。

しかし訓練を受けて10日くらいで、誰でも作れるようになります。
こないだまで歯科衛生士だった失業者や、ノコギリなど握ったことのない元事務員の失業者も、作れるようになりました。

次回は職業訓練校の、お昼ご飯などををご報告しましょう。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1155000423.jpg
300円の弁当だよ、安いよ安いよ。わーいわーい。
私が通う職業訓練校には食堂がないので、弁当もちの訓練生以外は業者の仕出し弁当を食します。
画像はその弁当。
ご飯がほっかほかで、金300円也。
コンビニ弁当が500円するのに比べ、至極リーズナブルな価格設定ではありませんか。
しかも、入校直後の一週間は、半額セールということで、150円でした。

仕出し弁当屋は、貧乏人が相手だということで安く価格設定してくれてるのもありますが、先輩失業者の話によれば、最近仕出し弁当業者3社が値引き合戦を行い、結果某弁当業者の300円弁当になったとのこと。

いわゆるデフレスパイラルは、失業者たちの世界にも現れています。
でも目先のことに一番関心がある我々失業者達は、300円弁当を大いに歓迎しております。

味もなかなかおいしいよ。コンビニ弁当なぞより断然うまし。

満足満足。

middle_1155000056.jpg
これはうまかったなあ

middle_1155000092.jpg
この生姜焼きもうまかったなあ

これで、300円だからね。本当にお買い得な弁当なのである。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1155232468.jpg
画像は、「追っ掛け大栓継ぎ」です。
これは、屋根の真下にある軒桁をつなぐ継ぎ手。
やはり住宅金融公庫が指定している強い継ぎ手です。
この継ぎ手はものすごく強い強度を持っており、横綱朝青龍が10人集まり引ぱっろうが、曲げようが、張り手をしようが、絶対に壊れません。
そして継ぎ手模型作製の実習も、この追っ掛け大栓継ぎの課題が終われば完了です。

1カ月間行われた継ぎ手模型作製の実習が終われば、こんどは実際に建物を建てる新築実習が始まります。
これを野球にたとえるなら、キャッチボールや素振りの段階から、ノックを受けたり、ボールを打ったりの実践練習の段階に入ったってことです。
言い換えれば、新築工事の実習を行う目的のために、手段として模型作製が毎日続けられてきたのですな。新築実習は結構楽しみです。

はたして、素人集団の我々失業者たちに、まともな建物が建てられるのか、またご報告いたします。

middle_1155231919.jpg
これは、山口ジジイが作りました。

middle_1155231966.jpg
みんなと数珠つなぎに。

middle_1155232019.jpg
4人のグループでつないで一本の木に。それがクラス28人合わせて合計7本の軒桁になりました。


middle_1155232076.jpg
見よ、この勇壮な新しい木たちを。この木たちで新築実習の始まり始まり。


[追記]
訓練校に入って1ヶ月。山口ジジイは5キロ体重が落ちました。  
現在100キロ!(誰も気づいてくれませんが笑)


【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1155568049.jpg
職業訓練校のご報告は、しばらくお休みしまして、山口ジジイが失業したころをお話しします。

私が失業者となったのは今年の春の某日、理由は営業と言う職種がいやになったからです。
山口ジジイは元々、住宅の現場監督でした。学校を卒業し、現場で生きていました。
ところが今から4年ほど前、勤めてた会社が倒産し、これを機に地元四国に帰った。
四国は不況で、当時現場監督の仕事が少なく、心ならずも住宅営業の仕事についた。
営業となって一時期、面白いなと思ったこともあったものの、山にぶつかり、
「やはり、俺の目指す道は現場監督しかない」と思うようになり、このたび失業者となったしだいです。

失業してまず思うことは、なんの組織にも属さないという不安。
社会保険や、厚生年金も切られ、なんだか不安。
国民の三大義務の一つを放棄した人間に、世間の目は冷たい。
自ら、世間を狭くし、知人友人との付き合いもおっくう。
自然、孤独な毎日となる。
失業手当もすぐにはでない。
孤独はつらい。唯一の楽しみは飯と酒で、毎日ごろごろごろごろ、結果太った。

まあ、もともと太ってましたが(笑)

※挿し絵はイメージです。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1155877149.jpg
失業当初の孤独な4ヶ月間は、精神的に本当につらい毎日だった。
ところが職業訓練校に入ると、一気に気楽になった。
だって、周りがみんな失業者、勤労の義務を放棄した人たちなんだもん。
本来、道の端っこを歩かねばならない失業者も、職業訓練所ではマジョリティー。
現在の、職業訓練校に通う毎日は、結構楽しい。
先生は丁寧に優しく教えてくれるし、周りも弱いもの同士いたわりあって勉強してる。
大汗はかくけど、責任を問われないので、ストレスは溜まらない。

まあ、私もいつかは働かねばならない。

今は、心理学で言う「退行」を一時的に楽しんでいる。

職業訓練校は平和です。
職業訓練校の生徒たちはどこかうらびれてて、なんだか好感が持てる。
誰々さんが面白いとか、誰々さんは首になったとか、仕事が嫌いだとか、貧乏だとか、なんだかとても付き合いやすい。
山口ジジイを含めて、「あの人は働き者だねえ」などと呼ばれる人間はいない。
みんな、失業手当を延長してまでもらおうという、ずうずうしい奴ばっかりです。
でも、いい人が多いですね(笑)。

次回は、職業訓練校 新築工事実習のその後を、ご報告いたします。

※挿し絵はイメージです。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1156260390.jpg
もちろん家を建てるといっても、私が30年のローンを組んで新築するわけではありません。
訓練校の新築実習です。
あくまでも実習なので、建てるものも小さい。
6畳の和室に押入れと床の間、あとは小さな玄関と廊下。
総床面積5坪(畳にして10畳)の平屋建。これを、30人が3グループに別れて3棟建てる。

作業工程は、まず木材に墨付け作業を行い、次に刻みと呼ばれる加工作業を行います。
ここで、先月まで行ってきた継ぎ手模型作製実習の訓練が、生きてくるのですな。
その次には、組み立て工事。
土台、柱、梁の順番に下から上へと順番に組み立てていきます。
その後は、床、内部の壁、天井などの大工造作工事を行い、クロス張りふすま張りなどの内装工事で完了となります。

先月行われた継ぎ手模型作製実習では、建物を解体した古い木材(釘の痕や、溝、汚れなどがあった)を使用してましたが、新築実習では新しい木材を使います。

画像は真新しい木材たちです。 現在、土台組み立てまで工事はすすみました。
真新しい木材にノミを入れるのは、実に気持ちいいですね(笑)

middle_1156259701.jpg
大入れ蟻掛けの女木を作ったどー

middle_1156259747.jpg
刻み完了。あとは組み立てるだけだ。

middle_1156259831.jpg
これはコンクリート基礎に見立てた木材で、職業訓練校の先生方が組んでくれた。
アンカーボルトがついており、この上に土台を組んでいくのである。

middle_1156259869.jpg
みんなで力を合わせてー

middle_1156259910.jpg
土台組み立て完了!


【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1156440267.jpg
職業訓練校の校内に、ジュースの自動販売機があります。
値段は、通常120円の缶ジュースが100円、150円のペットボトルが130円で売っていて割安。
ただし、これは高校や大学の校内等で、比較的よく見かける自動販売機ですよね。
画像がそれです。

職業訓練校の外、道を挟んだすぐ近くの民間の自動販売機はさらに安い。
メジャーじゃない銘柄が多いが、120円の缶も、150円のペットボトルもオール100円、とても安い。
しかし、これも最近ワンコイン自販機という名前で時々見かけますよね。

職業訓練校からまた少し離れたとこにある民間の自販機には、なんと60円の缶が売っている。
全部のジュースがそうではないが、なんとあのアクエリアスが60円とは。
コーヒーのショート缶も60円が多く、そうけんびちゃ500㏄ペットボトルは100円。

こんな販売機は今まで見たことがなかった。

アダムスミスは、国富論の中で自由競争における需要と供給のバランス、経済的均衡を「神の見えざる手」と表現した。
貧乏な失業者たちの需要に対する、供給者側が出した金額、「缶ジュース金60円也」。
これが、神の見えざる手なのか。安いぞ60円。えらいぞ60円!

職業訓練校の近くには安い自販機がいっぱい。もちろん我々失業者達は、歓迎しております(笑)。

middle_1156439455.jpg
すぐ近くの民間のワンコイン自販機、全部100円だ。

middle_1156439505.jpg
少し離れたとこにある民間の自販機、とても安い。

middle_1156439556.jpg
アクエリアスが、60円だ!

middle_1156439597.jpg
爽健美茶のペットボトルは、100円。

middle_1156439671.jpg
安いって、いい言葉ですね。

「追記」

以前からアクエリアスとかポカリスウエットとかが、他のジュースと比べなんだか割高な気がしてましたが、おそらく製造原価はかなり安いのではなかろうか。60円でも十分に元が取れるのだよ、彼らは、きっと。お茶系はもっと安いかな?詳しい人いたら教えて。

次回は、新築実習のその後をご報告します。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。

middle_1156826724.jpg
以前、新築実習が始まり土台組み立てまで工事は進みました、とご報告しました。
今回はその続きです。
画像にある土台の上に、柱、軒桁(ノキゲタ)、小屋梁(コヤバリ)を組み立て、たてりを見ながら仮筋違(カリスジカイ)で固定する。
この段階では、ホゾ、継ぎ手、仕口、釘、ボルトでの固定となります。

この組み立て工事は、一番きつい作業です。
実習棟の温度計の針は、常に35度前後を指しすごく暑い。
けど、男の失業者も女の失業者も汗だらだらでフラフラしながらも、なんとか組み立てることができました。

さて、組み立て工事が完了すると、なんと餅まきまである。
先輩失業者から「餅まきの段取りをせないかんのう」と聞いたとき、はじめは冗談だろうと思いましたが、8月某日に本当に行われました。
さすがに餅代までは訓練校の予算で出ないので、一人500円程度を集め、代表者6人が上からまき、他のものが拾う。
餅まきはいつの頃からか訓練生の間で行われてきており、今では建築科の慣習となっているそうです。
今後も続けられて行くのでしょう。

「失業者の餅まき」、なんとなくのんきなひと時でした。

middle_1156826125.jpg
まずは、安全のため足場を組む。

middle_1156826166.jpg
ホールダウンと呼ばれる金物とボルト。

middle_1156826200.jpg
みんなで力を合わせてー

middle_1156826234.jpg
組み立て工事完了!

middle_1156826283.jpg
なんと、餅まきまである。建築科の姉妹クラス(外装建築科)の生徒も呼んで、みんなで拾う。
まく人も拾う人もやはり失業者だ。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1157096639.jpg
失業者の贅沢の第一は、やはり温泉ではないでしょうか。
最近はどこの地域でも500円温泉があります。
ワンコイン温泉、スーパー銭湯などとよばれる温泉です。
実習を終え、汗だくとなった我々失業者たちは時々500円の温泉に行きます。
訓練校の授業は午後3時半に終わりますので、4時頃には入浴できる。
土日は、混み合う温泉も平日はとても空いている。周囲を気にせず心身ともにリラックス。
露天風呂の方にいくと、まだ太陽が燦々と輝いている。
この時必ず思い出すのが、漫画家 花輪和一の佳作「刑務所の中」でのシーン。
作品の中で、作者がモデルと思われる主人公は、太陽の光がギラギラふりそそぐ拘置所の浴槽に入り感動し、「うぐああ とけそう」とつぶやく。
立派な社会人の方々がまだ働いてる時間に温泉につかるのは、誠に申し訳ないが実に気持ちいい。

私も、「うぐああ とけそう」と、つぶやいてみた。

次回は新築実習-金物取り付けのご報告です。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
middle_1158066754.jpg
土台と柱、あるいは柱と梁(はり)。そして筋違(すじかい)。
これらは、ホゾ等で組まれており、釘で固定されております。
しかし、これでは弱い。
そこで、鉄でできた金物の登場です。

阪神大震災は、多くの木造住宅を崩壊させました。
当時のニュースを見た印象では、筋違い(すじかい)が入っていなかった、あるいは筋違い(すじかい)が少なかったのが原因という報道が多かったように思います。
しかし実際には、筋違い(すじかい)は入ってたけれども、縦ゆれにより抜けてしまい、筋違い(すじかい)としての機能が果たせなかったという建物が多かったそうです。
したがって、現在の木造住宅には鉄でできた金物をビス(ねじ)でジョイント部分に補強するというのは、けっこう大事なのですな。

あなたの家の柱や梁のジョイント部分に、金物は入っていますか?

最近は、耐震とか免震あるいは静震など、地震に強い工法が注目されてますが、職業訓練校の実習では基本中の基本である、古風な金物で固定します。
これらの金物は、やはり住宅金融公庫で指定されています。

我々失業者たちは「あっ、ビスが曲がった」とか「金物がまっすぐ付かんのうー」とか、ワイワイガヤガヤとやってましたが・・・・。
人の命を守る金物。 責任は重大ですよね。

middle_1157438157.jpg
建物の角には、筋違いがきます。

middle_1157438200.jpg
ねっ、結構しっかりしてるでしょう。

middle_1157438240.jpg
これらの金物は、ほとんど使いまわしなんですね。経費削減!

middle_1157438302.jpg
でけた、でけた。

「追記」
職業訓練校に入って二ヶ月目の今月、山口ジジイの体重2キロ減。
先月の5キロ減とあわせて、現在98キロ。

【人気ブログランキング】←クリック投票の協力、ありがとうです。
【FC2ブログランキング】←さらに応援してくれる方、ありがとうです。
middle_1157648284.jpg
先日、歌舞伎を観てきました。
出し物は松本K四郎、市川S五郎親子共演の「勧進帳」です。
私に歌舞伎鑑賞の趣味はありません。観ても分からない。
以前一度だけ観に行ったことがありますが、まず言葉が分からない、結果面白くない。

では、なぜ今回行ってみようと考えたのか。
それは、券が安かったからです。
異常に安い席があり、たったの500円でした。
もっとも一番後ろの5階席でしたが。
写真でも分かる通り、5階席から観る舞台はとても小さく、松本K四郎も豆粒のよう。
でも、歌舞伎鑑賞には違いない。
私は5階席から、愛用の元双眼鏡(以前、双眼鏡に野球のボールが命中し、見事真っ二つに割れ、今では単眼鏡のようなものになってる。でも、まだ使えるよ)を片手に鑑賞。
あまり期待はしてなかったのですが、四国の田舎者向けに歌舞伎解説のコーナーがあったり、分かりやすくした出し物があったりして結構楽しめました。

失業者たちは時間だけはあるので、レンタルビデオを借りる人が多く、
「昨日レンタルビデオを3本も見たわい」
などという会話がよくあります。
しかし、
「先日歌舞伎を観に行ったよ。松本K四郎が弁慶役で、元気に頭を振っとったわい。」
と言う方が、訳など分からなくても、なんだかとても贅沢したような気分になるのですな。

失業すると、安いものに敏感になりますよ、きっと。

【人気ブログランキング】←同情するならクリックを。
【FC2ブログランキング】←さらに応援してくれる方、ありがとうです。
middle_1158066754.jpg
組み立て工事の後行われるのが、床工事です。
本来の工程なら、屋根工事、外壁工事が先に行われますが、我々のクラスは内装建築科ですので、外部工事は省略します。
したがって、我々はいきなり床工事の実習に入ります。外部はスケルトンのまま。
(ちなみにこの建物の屋根工事、外壁工事は、10月より外装建築科の皆さんが、引き継いで工事を行います。)

まずは大引き(90㎜×90㎜)を3尺(910㎜)ピッチで固定し、その上に根太(ねだ)を尺(303mm)ピッチに入れ釘止め、さらにベニヤ板を張って和室床完了。
廊下の場合は洋間になるので、ベニヤ板の上にさらにフローリングを張ります。

私が中学生の頃、修学旅行で関西方面に行き、ウグイス張りの床を見学したことがあります。例のギーコギーコという床ですね。
ウグイス張りは、いわば警報機で、敵の侵入を早期に発見するために、わざと床鳴りをさせるという大工の技術です。
我々のような素人集団が床を張ると、技術もないのに床鳴りすることが多い。まっ、これは不具合ですな。
ナチュラルな床鳴りはいけません。
幸い、私の班は床鳴りしませんでした。

(追記 )

この作業中、失業者の一人が指を怪我した。金槌で自分の指を思いっきりたたいてしまった彼は、骨にヒビが入り数日後つめがはがれてしまった。
彼に聞いて知ったのだが、実習中おこった怪我の病院代は、訓練校が負担してくれるのだそうだ。


middle_1158066122.jpg
みんなで床を張る

middle_1158066191.jpg
和室床完了

middle_1158066263.jpg
ベニヤ板は使いまわしの古い材料なので汚いね

middle_1158066320.jpg
廊下の床、フローリングを張ったぞ

middle_1158066368.jpg
養生板を敷いて、フローリングを保護し床張り工事完了だ

【人気ブログランキング】←同情するならクリックを。
【FC2ブログランキング】←さらに応援してくれる方、ありがとうです。
middle_1158330949.jpg
職業訓練校に入る少し前、山口ジジイは二級建築士の試験を受けておりました。
9月の某日、結果発表がありまして、なんと!というか、おかげさんでというか、とにかく合格しておりました。
画像にある5冊の本は、試験勉強に使った参考書、問題集、法令集です。約1万円で購入。
本達よ、よく頑張ってくれたな、ありがと。山口ジジイも頑張ったぞな。

しかし、明日から「私は二級建築士ぞな」と言うわけにはいかない。

なぜなら、二次試験があるからです。
あくまでも、一次の学科試験を通過したに過ぎない。

二次試験は製図の実地試験。
山口ジジイは仕事で図面など書いたことなどありませんが、頑張らんばなりません。
こちらの方が難題です。
皆さん、応援よろしくです。

middle_1158330383.jpg


middle_1158330339.jpg


【人気ブログランキング】←同情するならクリックを。
【FC2ブログランキング】←さらに応援してくれる方、ありがとうです。
middle_1158653388.jpg
床張りが終われば、次は天井の工事です。
和室は、まず天井廻り縁を取り付け、次に野縁(のぶち。天井板を支える木)下地を作り、最期に目透かし天井と呼ばれる天井板を張って完了です。
廊下の方は洋間仕上げになりますので、目透かし天井の変わりにプラスターボード(石膏ボード)を張ります。
言葉で書けばスラスラとこんな感じですが、素人集団の我々失業者たちの手にかかれば、艱難辛苦、苦労の連続。
廻り縁は長すぎたり短すぎたり、木は曲がって取り付き、天井板からは釘が飛び出てるわで・・・・。
「おいっ、曲がっとるぞー」「釘が突き抜けたーー(涙)」「抜け抜けー」「ワシの金づちどこ行った、あんた知らん?」等々の、怒号や悲鳴が飛び交う(笑)
でも「失敗は成功の母」と言います。
だんだんポイントが分かってきて、みんなそれなりに上手くできるようになります。

職業訓練校に通えば、大工さんにはなれなくても、「日曜大工さん」には、なれますよ(笑)、きっと。

middle_1158652216.jpg
力をあわせて、がんばるぞー

middle_1158652275.jpg
まずは廻り縁取り付け。「留め目違い入れ」という細工がなされている

middle_1158652316.jpg
苦労の末、天井板の下地になる野縁(のぶち)取り付けができた

middle_1158652356.jpg
目透かし天井を釘で止めている 女失業者のKさんはチェックに余念がない

middle_1158652414.jpg
和室天井の裏側は、こんな風になっている。 なんとなく、舞台裏の雰囲気に似てる気がする。 

【人気ブログランキング】←同情するならクリックを。
【FC2ブログランキング】←さらに応援してくれる方、ありがとうです。
small_1158883286.jpg
9月末に、二級建築士製図試験が行われる。
山口ジジイはここ2カ月間、訓練校の作業で大汗かいた後、家でシコシコ図面の練習をしている。

以前働いてた会社の先輩が言ってた。
「一級にしろ二級にしろ、仕事で図面を書かん人間は、試験の専門学校に行け。行かんと絶対に合格しない。」
「独学では、まず時間内に全部の図面が書ききれない。図面の一つでも未完成ならば、0点だぞ」
先輩の言葉に、私はそうなんだろうなと思った。仕事で20年間、設計をズーとしてる先輩でも、専門学校に通って数回の挑戦の末、建築士を取った。
2ヶ月前,私は専門学校をネットで調べてみた。なるほど、宣伝文句を見ても、独学では無理そうだ。しかしネックが・・・・・
専門学校は高い、高すぎる。2ヶ月間、週に1回通うカリキュラムでも、相当の金額だ。N建学院で、34万円。S合学院で40万円とは・・・。
そのくらいが相場なのかもしれないが、私は悲しき失業者。行きたくとも、先立つものがない。

さてどうしたものかと思い、職業訓練校のある先生と喫煙所で雑談してた時、「安い専門学校を知りませんか?」と質問。
すると、その先生は、
「うちの訓練校のK先生は一級建築士であり、数年前にH県で建築士試験の勉強を教えてたことがある。K先生は、試験勉強を教えるノウハウを持っているから相談してみたらいいよ。」とのこと。
そこで素直に、K先生のところに行き相談したところ
「なるほど、じゃ私が指導してあげよう。とりあえず図面をトレース(見本の図面を手本に、忠実に真似して書く)して持ってきなさい。添削してあげよう。」とのこと。
ありがたい。訓練校で製図試験対策の指導までしてもらえるとは。しかも、無料だ。
車のディーラーに行っても「カーステレオ、フロアーマットはオプションです。○○万円かかります。」
激安旅行ツアーでも「これとこれはオプションです。○千円追加料金が発生しますけど、よろしいですか?」世の中とはこんなものだ。
しかし訓練校では、追加料金はかからない。授業以外のことも望めば快く教えてくれる。タダはいい。タダはありがたい。タダはえらい。

そして現在までの約2ヶ月間、週に1回のペースで職業訓練校のK先生に放課後、家で書いた図面を添削してもらっている。

冒頭の画像は二級建築士製図の試験問題例です。こういう文章問題を読んで、4時間半で図面に仕上げねばならないのである。
さて、どうなりますことやら・・・。

middle_1158881486.jpg
まずは、問題文を読んでプランを練る。うーん難しい。

middle_1158881574.jpg
製図用紙に基準線を細線で記入

middle_1158881629.jpg
柱、壁、窓などを太線で記入

middle_1158881715.jpg
1階平面図兼配置図ができた。なんか今一つ、特に字が下手だ。

middle_1158881818.jpg
2階平面図、立面図、断面図、各表を仕上げて完成。

プラン作成1時間、図面作成3時間、見直し30分が一般的な時間配分なのだそうだ。私は、なかなか書ききれない。がんばらんば・・・。

「追記」

 我が四国では、今までズーと木造建築が出題されてきたのだが、今回は鉄筋コンクリートの出題だ。鉄筋コンクリートは難しい。
 これは、姉歯事件の影響と言われている。こんな形で姉歯氏に苦しめられるとは、トホホ・・・。あらためて事件の大きさを実感します。

【人気ブログランキング】←がんばれよという人はクリックを。
【FC2ブログランキング】←さらに応援してくれる方、ありがとうです。