fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CA3H0624 - コピー

体験をした、2日後だったか、職業訓練校の試験と面接があった

試験というと、気後れしそうだが、ここの試験は適性検査で、いわば知能テストのようなものである
簡単な足し算とか、掛け算、間違い探しとかを、短い時間内にできるだけするという、例のあれである

答えに窮する問題はでないので、私は気楽だった

これが午前中にあり、あとは各科に別れての面接(面談?)となるわけだ

これは一人10分程度で、

なぜ、この科を選んだのか
今までどんな仕事をしてきたか
どんな勉強をしてどんな職業につきたいか
病気をもってないか
協調性はあるか

などを聞かれた

私は、今回溶接科の面接を受けた

溶接は、建築とも結構関わりがあり、勉強になると思ったからだ
また、溶接の仕事を覚えたい旨を面接で伝えた

溶接科は人気が薄く、希望者が少ないのを職安でリサーチしていたのも、大きな選択理由である


ランキングをクリックしていただくと、とてもありがたいです
    ↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村
かたじけない。ペコリ
スポンサーサイト