fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
昨年11月下席、ニュー道後ミュージックに、ロック座がきた
ロック座は、ストリップ界の最大手
斜陽のストリップ界ながら、東日本に劇場を何軒も持ち、マカオにも進出しれるという
やくざで例えれば、山口組。大相撲で言えば、出羽一門といったところか
ロック座所属の嬢が、松山くんだりまで、しかも5人も一度にくることは今後もまずないので、特別料金6000円だったが行ってみた
(普段は、割引つかって3500円)
そして、今話題の小向美奈子もやってきた

以下、私が当時、手帳に記した覚書を、ここに再現してみる

narishima_ryuu.jpg
1.成嶋りょう嬢
すごい体
仰向けになっても、形のいい隆起した張りのある乳房は、ふにゃっともならない
触れずとも、見ただけでどれだけ弾力性があるかが、わかるぐらい立派な乳であった
AV女優とのことでダンスが苦手そうだったが、盆に椅子を据え、その椅子の上で繰り広げる演目は、なかなか見応えがあった
成嶋ブログによると、ロック座の大スター仙葉由季嬢に稽古つけてもらったとのこと
仙葉由季嬢は、輪界でたとえると、さしずめ神山雄一郎
つまり、そびえたつ大巨人
一度仙葉由季のステージを観てみたい

2.チームショー
■安田志穂(小向、沢尻、来栖若菜)
■沢尻心(小向、安田)
■小向美奈子(沢尻、安田、来栖)

アメリカのフィフティーズのリズムにのり、表れた4人は、
ロックアラウンドザクロックの曲に合わせ、ツイストの踊りから始まり、
ヘビーメタル、幕間には、ヒップホップまで出てきた
最後は、小向美奈子のSMショーだったが、小向は黒皮の衣装で、鞭を振るS役だった

踊りがうまいのは、安田志穂嬢で、これは群を抜いていた

yasuda_shiho.jpg
※安田志穂嬢

ブリッジも、形がいい
ふくらはぎを見ると、まるでカモシカのように引き締まっていた
調べると、ストリッパー歴わずか1年ほどだが、もともとがプロのダンサーで、世界を回ってたこともあるそうだ

小向の盟友、沢尻心嬢もうわさ通りなかなかのものだったが、決めポーズをとった時、
次にうつるのが早すぎで、情緒に欠ける気がする
来栖若菜嬢は、若くてきれいだが、まだペーペーといった感じで、脇役に徹していた

komukai_minako.jpg
※太る前の、小向嬢

さて、小向美奈子嬢は、踊りも大したことなくまるで学芸会ののりだ
4人で踊ってた時、1人だけ間違えて、にやにや笑ったりしていた
しかも、豚のように太っており、ストリップをなめている
服を脱いだら誰でもストリッパーというわけではない
ダンスができて、初めてストリッパーと名乗ることができる
彼女は、能力もないにも関わらず、パンツも脱がなかった
俗に言うスライム乳は、ただでかいだけで、ブラジャーをとると垂れてしまった
まあ、太ったのは覚せい剤をやめた証拠かもしれないが

安田嬢と、小向嬢
ともにストリッパー歴が浅いが、プロ対アマとでもいうか、実に対照的な二人だった

5人による合同ポラは、なかなか見応えがあった
5人に、「踏んでください」という客がいて、写真を撮ってもらい喜んでいたw

以上


といった感想であった
昔、25年くらい前、私は浅草ロックでストリップを見たことがあるが、あの頃は皆ピンでやってた
いつ頃からか、浅草ロックではチームショーを主体にやってるようだが、今回その片鱗に触れることができて、意義があった

さて、今話題の小向美奈子嬢
私は不勉強というか、あまりテレビを観ないからか、タレント時代の小向嬢を知らなかった
私の覚書にもある通り、恐ろしく太っていて、ダンスにも支障があるだろうし、体を見せて金とる商売なのに、あれでよくストリッパーと名乗れるものだという感想を持ったが、やはりロック座から解雇されてたようだ
そして、覚せい剤をまたやってるとは、思ってもみなかった
まだ、確定したわけではないが、多分そうなのだろう
芸能界にも、何度も何度も覚せい剤を繰り返してる人がいるが、薬をやめるのは至難なのかもしれない
フラッシュバックとかもあるし
一度やったら、なかなかやめられないものなのだろう


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
スポンサーサイト