fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
随分前に、原材料の高騰で、お菓子の量を減らすと言うのがあった
たとえば、うまか棒の長さが短くなった
あの時のメーカー側の話では、
「原材料価格が元に戻ったら、大きさも元に戻すという前提で、パッケージの大きさは変えず中身だけ短くする」
ということだった
いろいろな、お菓子とか食材とかが、大きな袋に、少ない中身という現象が起こった

まあ、我々消費者も
「仕方ないなあ」
といった感じで、甘んじて受け止めてたが、あれを、まだやっているものがある
ここまで長期間なら、一時的にとは言えないだろう
中身を増やすか、袋を小さくするべきではないだろうか
上げ底文化とでもいうか、ひどい上げ底だ

まあ、ピーナッツとかだったら、中身が見えるので、まだいい
うまか棒見たいな駄菓子も、触れば中身の大きさが分かるので、まだまし

一番問題は、箱に入ってるやつ
たとえば、リッツ

4903015111005.jpg

私は、リッツがけっこう好きなので時々買うのだけど、箱から出すとこんなパッケージが3つ出てくる

imageCA79B87I.jpg

銀色の袋より、中身があきらかに少ないのだ
袋の端がスカスカしてる

リッツは、外から確認できない
中身を確認しようと箱を開けたら、その時点で買い取らねばならないだろう

同じような例として、最近気付いたのだが、チューブ入りのショウガ
これも、小さな箱に入ってて、中身が見えないし、触れない
取り出して、良く見るてみると、見えにくいけどチューブの後ろ側に空気が入ってる
なんかこれって、悪質な上げ底って感じがする

35f160eb - コピー

チップスターというお菓子があるが、たとえばこれを、新商品として初めて店頭で見たとしよう
箱の大きさを見て、
「この大きさで200円程なら、買ってみるか」
と購入して、箱を開けてみると、
中にあるお菓子の袋は、スカスカ
「あ、だまされた」
みたいな、気持ちになるのではなかろうか

グル―ポンの今年のおせち料理で、「詐欺だ」というクレームがあったが、
重箱の中身がスカスカというのも、クレームの大きな理由の一つだった

お菓子メーカー、食品メーカーにもう一度言う
中身を減らすのなら、箱も小さくするのが、ほんとだろう


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
スポンサーサイト