fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CA3H0651 - コピー

板金ばさみというのがある
こんなのである

CA3H0648 - コピー

まあ、普通のはさみと違う点は、大きい、ごっつい、刃と刃の間に、若干隙間があると言ったところだ
いずれの特徴も、板金を切る為ですな

まずは、板金ばさみに慣れるということで、古新聞を切る
古新聞を見ると、昨年愛媛新聞に連載されてた堺屋太一の「三人の二代目」が載ってて、懐かしい

それはさておき、板金ばさみで新聞を切ると切りにくい
刃はよく研がれているが、やはり若干の隙間が一番のネックですな
まあ、板金を切るのが本来なので

ちょいと扱いになれてきたところで、こんなものを切ってみた

CA3H0642 - コピー
馬と四国 山口ジジイ作

まあ、紙切りの林家正楽のようには、うまくいかないけど、はさみの扱いに慣れてきた

CA3H0643 - コピー
こんなのを切ったところで、訓練は一段階上がり、古新聞から布へ

布の方がさらに切りにくかったが、これを切った

CA3H0645 - コピー
私はみかんのつもりだったが、アップル社のマークのようになってしまったw

さて、ここまで練習し、はさみに慣れたところで、いよいよご本尊である板金登場

実際切ってみると、よく切れる
まあ、少し力は入れるけど、板金がすいすい切れる

CA3H0647 - コピー

板金訓練は、職人先生(仮名)に、指導していただいたが、
「正確にまっすぐ切ること。きちんと止めること。そして、切った板金がどういう状態になるか、覚えておくこと」
とのこと

CA3H0649 - コピー
なるほど、右から切ると右側が下に反る
左から切ると、左側が上に反る
このことから分かることは、細い方が反るということと、右側は下に左側は上に反るということか

細さを変えてみると、このように反り方も違います

CA3H0650 - コピー CA3H0652 - コピー

不思議ですなあ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
スポンサーサイト