fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2011/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/06

590cf07f.jpg

政府が当初、避難を求めていたのは、原発から半径20キロ圏内の住民。だが4月11日になって、北西方向で20キロ圏外にある飯舘村や葛尾村など5市町村に対しても、5月末までに住民避難を求めることにした。対象は約3千世帯、計約1万人とされる。
 SPEEDIによる試算約5千件はこれまで未公表だった。その理由について、細野豪志首相補佐官は2日の会見で「国民がパニックになることを懸念した」と説明した。

朝日新聞より


ちょっと前の報道だけど、これはおかしいのではないでしょうか。
SPEEDIというのは、原発事故の際の放射性物質の拡散を予測するため、今まで何十億か何百億円かを投入してきたものだそうで、放射性物質が一番多かった時に公開されず、今頃公開したって意味がない
風下の住人は、すでに被爆してしまった

特に、おかしいのが、パニックになるから隠したという言い訳

風下の住人は、被曝したけどパニックにはならずよかったってことかい?
あほか

彼らが、適切な避難できなかったため、将来ガンとかになった時、責任とれるのだろうか

確かIAEAが、早い段階で
「飯館村は、地面に落ちてる放射性物質の量が多いから避難した方がいい」
と政府に助言したとき、

日本の原子力安全委員会は、
「日本の測定の方が、正確だ。測定値が安全なので、避難の必要はない」
みたいなことを言って、IAEAの助言を一蹴したことがあった
飯館村は、今から避難することになっている


安全委員会が悪いのか、民主党が悪いのか、あるいは保安院なのか東京電力なのか分からないが、誰か責任をとるのだろうか
事故の処理もそうだけど、こんなグダグダな対応で、よくも今まで「日本の原発は安全です」と、言ってきたものだ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
スポンサーサイト