元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2011/08123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/11

私の巣の近くに、寂れた海水浴場がある
塩屋海岸という
今年のお盆頃、姪っ子たちと行った

CA3H0688 - コピー

私が中学生のころは、もっと人も多かった気がするが、ガラガラだった

今は、娯楽の種類も増えてるだろうし、
高校球児でさえ地方予選で熱中症で倒れて試合放棄するほど、暑さに弱くなってるのだから
エアコンの下にいたいという中学生も、多いのかもしれない

もっとも、塩屋海岸には、かき氷屋のような出店や休憩所、あるいはシャワー室どころか、便所さえないのだから
営業努力の不足もあろう

まあ私としては、人で混んでるところが大嫌いなので、ガラガラな海岸はウエルカムであり
暑さには弱いけど、海に浸かってると、驚くほど冷えるので、気持ちよかった

昼にバーベキューして、ビールを飲み過ぎたが、
ちょうど引き潮だったので、
遠浅の塩屋海岸は、海の中を100メートル歩いても足がつくので安全

瀬戸内海という内海は、波が穏やかで、酔っ払いにも優しい海ですなあw

画像は、姪っ子がスイカ割りをしているショット


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
皿が峯の風穴をあとにして、山道を車で走っていたのだが、路上駐車が多くなった
「こんな狭い道路なのに、なんでこんなに車を停めてるんだろう。じゃまだなあ。」
と思いながら、走ってると、原因が分かった

行きがけに食べた流しソーメン屋
お昼時なので、お客が増えて、駐車できない車が、路上にたくさんあふれ出ていたのだ
40台~50台くらいあったろうか

おそらく100人くらいの人が、流しソーメンの席があくのを待ってた
私たちは、午前10時半だったから、さほど待たずに食べれたけれど、
おひる12時を過ぎてここに来た人は大変ですなあ
いったい席につくのに、何時間かかることやら

気の毒に思いながら、車を進めたのであった

CA3H0682 - コピー

画像は、風穴の近くで咲いてた花


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
家から1時間30分ほど走ると到着するのが、皿が峯
手ごろな山で、ピクニックがてら登山を楽しむことができる

皿が峯の近くにあるのが、昨日の記事の流しソーメン屋

中途半端な時間だったが、流しソーメンを食い終えると、
席を待ってる人に悪いので、早々に席を立ち皿が峯へ向かう

以前、このブログの記事にした、冬山キャンプをした山だ
今回の目的は、風穴

CA3H0683 - コピー
こんなところである


CA3H0686 - コピー
人々が、ぞろぞろ岩の方で何をしているかというと、涼を求めにきているのである

CA3H0684 - コピー
こんな岩と岩の間から、なぜかつめた――い風が出てくるのだ

天然のクーラーと行った感じですな
多分、岩と岩の間の隙間が遠くまでつながってて、風を運んでくるのだろう
山水が、夏でも冷たいように、岩と岩から出てくる風の涼しいこと

盆の一番暑い時期だったから、いい気持ちだった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
CA3H0681 - コピー

画像は、今年のお盆に行った皿が峯の手前にある流しソーメン
今年リニューアルしたそうで、少しきれいになっていた

朝10時30分頃、流しソーメンについたのだが、満席ですぐには席につけなかった
ここに人が大勢いるのを初めて見たけど、リニューアルの効果ですなあ

待つのは嫌なので、
「時間も早いし、皿が峯の風穴に先に行こうか」
とも思ったが、
「昼時なら、もっと人が増えてるかもしれない」
という意見もあって、並んで待った
そうしたら、15分くらいで席に座れた

流しソーメンは久しぶりだった
味はまあまあだった

CA3H0679 - コピー

まあ、個人的には流水で冷やすより、氷でキンキンに冷えたソーメンの方が好きだけど
雰囲気もあるし、それなりに満足

流れてくる写真を撮りたかったのだが、なんか携帯カメラの反応が遅くて、うまく映らなかったのが残念


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
middle_1153892453.jpg

11レース決勝
(1)深谷知広 愛知96期
(2)飯嶋則之 栃木81期
(3)松岡貴久 熊本90期
(4)小野俊之 大分77期
(5)浅井康太 三重90期
(6)友定祐己 岡山82期
(7)武田豊樹 茨城88期
(8)岡田征陽 東京85期
(9)岡部芳幸 福島66期

(1)深谷‐(5)浅井
(3)松岡‐(4)小野
(6)友定‐(9)岡部
(7)武田‐(2)飯嶋‐(8)岡田

※並びは競輪マガジンより

ビッグの決勝にしては、弱冠メンバーが寂しい気もするが
武田もいれば、深谷もいるし、私の好きな松岡ものってきた

武田が絶好調だ
昨日の走りとインタビューは、実に堂々としたものだった

さて、その決勝である
インタビューによれば、はっきりと明言はしなかったものの、やはり深谷は先行だろう
先行すると、ゴール前の長い直線がもたないので、他ラインは捲り一発に賭ける
深谷は地元開催なので、身を捨てて、浅井の為に駆ける
とすれば、浅井はガチガチの本命となるはずだが、浅井の調子は今ひとつである

よって、ゴール前は、長い直線だし捲り合戦の混戦となるとみて、BOXで勝負する

(1)深谷=(5)浅井=(3)松岡=(7)武田

それと、差し差しの大穴狙いで
(2)飯嶋=(4)小野



結果 不的中

小野がビッグを制す

うーむ、まさか小野がビッグを制するとは、驚きの結末だ
まあ、小野の前を走る松岡が好調だったし、小野にはゴール前のなだれ込みがあるので、全く予想しなかったわけではなかったんだけど
いくらなんでも、小野をメインで買う勇気は持てず
それと、長い直線も小野優勝の要因でありましょう

レースは、ジャン前の上昇で、深谷の先行かと思われたが、
なんと武田が突っ張って、先行してしまった
その後深谷も踏み返し、武田に迫るが武田に並走するのが精一杯
それを見た浅井が深谷を捨てて、武田を撃沈
浅井で決まりかと思いきや、松岡の捲りに乗った小野がゴール前でかわして1着
2着には浅井が、3着には松岡が入線

4-5 6400円