元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2014/031234567891011121314151617181920212223242526272829302014/05

CA3H0714.jpg

二週間前に財布を盗られた、若しくは落とした記事を書きました

朝の6時まで飲んで、ぐでんぐでんに酔っぱらった私こと山口ジジイ
二番町を歩いていると、全然しらない50男氏に声をかけられ
しつこさに負け、ビールか缶チューハイを買い、
二人で飲んだ、最後は道端に座り込んで
道端で寝てしまった私は、妙齢の御婦人に起こされ、財布を失ったのを知る
そんな記事でした

今回は、その後日譚

昨夜、仕事を終えた私こと山口ジジイは、22時から街に飲みに出た
くだんの焼酎バーでおでんをつまみビールを飲み、
「ちょいとパトロールに行ってくるよ」
「うん、分かった」
「じゃ、1時には戻ってきます」
「行ってらっしゃい」
と、7~8年振りにラウンジ某に向かうと、なんと満席で入れず
平日の月曜日の23時半に、そんなに客が多いのに驚いて、焼酎バーに戻ると、
「早いわね」
と、ちょいとバツが悪かった

その後、ぽつりぽつりと入ってくるお客さんと談笑しつつ、杯を傾けていると、閉店の3時
最後に残ってた客の41女氏と、店のA子ママ氏と、飲み足りないのでってことで居酒屋に場所を移し、
酒の強い女二人をしり目に、私こと山口ジジイ46歳は、へろへろに酔ってしまい気がつけば朝の6時

A子ママをタクシーで送り、巣に帰りベッドで寝た

ここまでが前置、ここからが今回のお題の本題です

本日10時半に目覚めた私は、ラウンジ某で入れなかったのは、満席だからでなく入店を拒否されたのだろうかとか、来月周年を迎えるA子ママのことや、「明日仕事なので」と一足早い4時半に帰った41女氏は、
「仕事大丈夫かなあ」なぞと二日酔いで痺れる頭でぼんやりと考えていると、
9時過ぎに個人携帯に県警の松山東署から着信があったのを見つけ、
盗難届に行った時は「後日現場検証、現場写真を撮るので協力をお願いします」
といったにも関わらず、おととい電話があり、「やっぱ現場検証はやりません」
と電話があったばかりなので、何の用だろうと電話をかけてみると、

「ああ、山口ジジイさんですか。実は財布が見つかったんです」
とのこと

私は思わず、
「ええええーーー」
と絶叫してしまった

とうの昔にあきらめていた財布
その財布を、昨日拾った人がいて、交番に届けてくれたのだそうだ
その方は、「お礼はいりませんよ」と去って行ったのだそうだ

うーむ、財布は盗られたが、道で寝てた財布を無くした私にミネラルウォーターを買ってくれた妙齢な御婦人といい、今回の紳士といい
「ああ、日本人。いや愛媛県人で生まれてよかった。中国ではこんな親切な人はいないぞ」
なぞと、感謝をしたのであった

しかしとても妙だ
二週間前に盗られたか落としたかした我が財布が、二週間後の昨日午後の17時に突然道端で拾われた
どう考えても、誰が考えても、盗んだ奴が持て余して道に捨てたのだろう

中を見ると、現金は1円たりとも残ってなかったが、カード類は全部残っており、
「出てきただけでも、ありがたい」
と、拾ってくれた紳士や犯人に感謝w

CA3H0713.jpg

受け取ったので帰ろうとすると、
「いろいろな書類があるので」
とのことで、約一時間、3課の刑事が作った作文や○○届、仮還付状などなど、自分の名前と住所、連絡先を書いて、印鑑を付きまくった
都合10枚くらいはあったかなあ

それと前後するような形で、鑑識課の人に財布やカード類の指紋をとるためそれらを渡し、
さらには、
「山口ジジイさんの指紋もカードについているから、犯人のと区別するため指紋をとらせてください」
とのことで、

「はあ」
と答えると、五本の指だけでなく手のひらにも、べったり黒っぽいインクをつけられ、所定の用紙にそれぞれ3回くらい押印した

「なんか、犯人みたいだなw」

と、頭で考えながら、その嫌な作業は終わった

「じゃ、手を洗いにいきましょう」

ってんで、東署の二階の刑事課が並ぶ奥の通路の突き当たりまで案内される
ちょいと殺風景な通路を歩いていると、途中、取調室1~5というのがあり、
「嗚呼、こんな殺伐としたところに押し込められ、白状させられるのだな」
「いまだにえん罪が絶えないが、この中に押し込められ、ガンガン机をたたかれ怒声をあび、白状するのかあ」
「日本は経済的には先進国だが、刑事訴訟では、アフリカなみの後進国。」
「俺も、何かの理由で取調室に押し込められ、連日刑事から怒声を浴びせられれば、無実の罪を白状しちゃうのかなあ」
なぞと頭の中で思いつつ、一番奥の洗面台に到着

「じゃ、手を洗ってください」
とのことで、汚い黄色い石鹸を手にし、洗った
でも、なかなか黒っぽいインクは落ちず、
きれいきれいという液体せっけんを勧められ、やっと汚れが9割くらい落ちた

この鑑識課の刑事さんも、犯罪者に対しては、もっときつい言葉で、
「おい、早く洗えよ。その石鹸をつかえ」
なぞと、言ってるんだろうか
今度機会があったら、「犯罪者たちが使ってる石鹸を、デジカメで撮影したいなあ」

なぞと思ったが、多分写真はNGだろうから、言葉にはしなかった

そんな感じで、東署をあとにし車を走らせていると、またもや電話

さっきの若い3課の刑事が、
「古い方の運転免許証は、本来こちらで処分しなければならないのですが、財布に入れたまま返してしまったので、今からもう一度署にもってきてもらえませんか」
とのこと

私としては、大事な休日に再度の東署は嫌だったので、
「今日はもう行けません。ですが明日だったら朝の10時くらいまでには、行けますよ」
私の今の職場は、勝山通なので東署とは道を挟んで300メートルくらい
だから、「出社する前に必ずいきますよ」と約束し、

その後の私は媛彦温泉に行き、温泉とサウナを満喫し、リフレッシュでき、明日からの出張に備えたのである


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
middle_1153892453.jpg

連休の初日、私は飲みの約束のため車を走らせていた

私は待ち合わせのコンビニに5分遅れて到着し、T氏とさくら家に行く 
彼とは、失業時代に訓練校の仲間として知り合い、先月実に3年ぶりに会い、酒を飲んだ
T氏は彼女もいるというアラサーで、私と年は離れてるが、なかよくしてもらってた
お互いの近況報告や仕事の話など、けっこう話しこんだ
そして、「また飲りましょう」と別れ、
それを実行したのが、昨夜だったというわけだ

さくら家は、個室が売り

私は、豚しゃぶをつつきながら、懐かしい訓練校時代の話でT氏と二人盛り上がった

話題は、いろいろ飛び、ついに一つの盛り上がりを見せた
T氏とフーゾク話で盛り上がったのだ


「風俗いったことないんですよ、連れて行ってください」
今から4年前、T氏の、その言葉を受け私は
「じゃあ、○月○日、いこうぜ」
といった感じで、彼を風俗へ導いたことを思い出した

彼は、そういう感じで私と4年前ヘルスに行き、フーゾクに芽生え、一番多いときで月に3回、道後に通ったのだそうだ
彼から聞いた最新情報、女王様に縛られた件は、とくにおもしろく、爆笑したw

普段は一般的なヘルスが多いそうだが、その日は、
旅行客が多く、早く身を隠したかった彼は、ファミリーマート横のフーゾクビルに入り、女王様とご対面したのだそうだ

まず最初に、アンケート
どこが感じますか?
アナルはOKですか?
なんと呼ばれたいですか?(名前、お前、奴隷などから選ぶ)

そんな感じで、アンケートを提出すると、
「この人がいいですよ」
と、店のナンバーワンの三十路絡みの女王様を勧められ、入ったのだそうだ

初対面の際、

普通は、「いらっしゃいませ」
などと声をかけられるところを、
高飛車で高圧的な対応を受け、
部屋に入っても、
「お前」
呼ばわり
シャワーの時は、一応洗ってくれるのだが、彼曰く
「ごしごしと手荒にあそことか、お尻を洗うのですよ」
とのこと

女王様は常に命令口調で、お前、○○しろよなどと言うのだそうだ

そしてベッドに仰向けに寝かされ、両手はマジックテープで縛られアイマスクで目隠しをされ、小さな恐怖を味わったそうだ

その後は、バイブかピンクローターでブルブルと局部を刺激され、アナルへのサービスを断り、そして女王様の手で果てる

手で果てたあとは、再びシャワーできれいにしてもらうのだが、女王様の態度は一変し、
素顔を見せてもらうと、とてもきれいな顔で、
「本日はありがとうございました」
なんという、次回につながる営業トーク

そんな話を、T氏は私にしてくれた

私も、フーゾクは嫌いでないのだが、
最近行ってないのよとか、小倉のソープはどうだったとか、あるいはオランダの飾り窓の女は3000円だとか、ホテルに呼んだ19歳のイタリア女は本当にモデルをしてて
本当にきれいだったなぞという話を彼にしたのであった

男同士の飲みと言うのは、こういう話をすると、お互い盛り上がる
T氏は、私に初めてフーゾクに導かれたそうだが、
それと同じように彼は、職場の童貞男氏を、フーゾクに連れていき、導いてあげたり
昔の仲間がいつも指名してる嬢と1発やって、彼と不仲になったことなどを、赤裸々に語ってくれた

かつての仲間の成長はうれしいものだ

そんなことを思いながら、久しぶりに頼んだあつかんの杯を傾けた私こと山口ジジイだった

その後店を出て、飲み友達の映画男氏と合流し、3人で主に映画の話題で盛り上がったのである


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
コピー ~ middle_1153796867

ダラスとは、テキサス州ダラスで、ケネディー大統領が暗殺された場所で有名
バイヤーズは、購入者とか購買者という意味で、つまり「ダラス購買者協会」という題名の映画である
映画は最初、ロデオのシーンから始まる
暗い部屋からロデオを見てる男
傍らには二人の売春婦がおり、男は果てる
その男が、この作品の主人公、ロン・ウッドルーフ

ロンは電気工で食いつないでいるのだが、現場の事故で気を失い病院に
けがは大したことなかったのだが、血液検査でエイズを発症している事実を知る
俺はゲイじゃない、と医者に悪態をつくロン
時は1980年代
エイズは同性愛者の性行為で病気になると信じられていたのだ
今でこそ、エイズは異性間のセックス、あるいは、注射針でもうつることが知られているが、当時はデマツルギーが蔓延していた

エイズ独特の症状、熱がある、咳がとまらないに悩まされるロン「そうじゃない」、といいながらもエイズの症状に、図書館にいき調べてみると
エイズ患者の7割は同性愛者だが、3割は普通のセックスや注射針での血液感染している事実を知り愕然とする
さらに調べていくと、エイズに効く薬があるのだが、アメリカではまだ承認されていない

ATZという薬を裏から手に入れて服用するが、毒性が強く症状は悪くなる
余命30日
残り3日となった日に、やけくそになったロンは車でメキシコに渡る
テキサス州ダラスは、最南部に位置しちょいと車を走らせればメキシコなのだ
闇の医者に薬を処方され、療養したところ元気になる
メキシコには世界中のエイズの薬が集まってきており、治ったのだ

そこからロンの逆襲が始まる
アメリカで未承認のエイズ薬を、密輸して患者たちに売る
だが、うまく売れない
ゲイの人たちと渡りがつかないので、ロンは美しいゲイのなんとかを仲間に入れる

彼女のネットワークでバンバン売れるようになり、ロンもゲイ文化に対し理解し始めた

未承認の薬を売るのは犯罪なので、法の抜け道を考えたのが、会員制のクラブだ
400ドルで会員を募り、会員に無料でエイズ薬を配る
立ち上げた組織が、ダラスバイヤーズクラブというわけだ

ロンは公私ともに羽振りがよくなり、世界中を駆け回って薬を密輸する
日本にも来る

しかし、業を煮やす政府機関に、妨害されるようになる
警察に押収されたり、

自分の利益のために始めた、ダラスバイヤーズクラブだったが、
以前は、「400ドルもってこい。金がない奴は帰れ」
と言ってたロンだが、最後には
己の利益を度外視し、金のない奴にも、薬を配る
そして、裁判に訴え、ロンは勝利する

エイズを発症した患者は、しぬだけだが
病気を遅らせることはできる

余命30日と宣言されたロンは、戦いを挑み7年間生きた
病との闘い、国家との闘いに彼は、彼の寿命をまっとうしたのであった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
財布を紛失し、その日に交番に紛失届を出し、キャッシュカード、クレジットカードを停止した私こと山口ジジイ
実はその後、若干の進展がありまして、今回はその報告

財布を紛失した日は、休みだったのだが、運転免許証の再発行に行くことはできなかった
なぜなら、再発行できる時間はピンポイントで、午前と午後に1時間程ずつしかなかったから
キャッシュカードを停める連絡をしていると、再発行の時間14:30を過ぎており、翌日以降でしか手続きができなかったのだ

無くした日、随分と落ち込んでいた私は、やけ酒の焼酎水割りの酔いもあり、19時には疲れもあって、ベッドで泥のように眠っていた
夜中の1時ころ目が覚め、中途半端な時間帯に目がさめちゃったなあと、うつらうつらしていると、個人携帯がけたたましく振動した

誰だろうとみてみると、メル友のN子さん

N子さんは、メル友歴18年くらいになる関西圏に住む女性で、何年か前から、メールより直電でよく話すようになった、私が大事にしているメル友だ
電話に出ると、
「元気ですか。電話でお話して大丈夫ですか。」

「ああ、大丈夫だよ」
といった感じで話し始め、私は近況報告として、財布を紛失したことをしゃべると、優しいN子さんは随分と同情してくれた

1時半くらいから話し始め、私は再び焼酎の水割りを飲み始め、N子さんの近況、自動車事故した話も聞きながら3時くらいに電話が終わったろうか
その後、目がさえてきた私は、再び財布を無くした顛末を思い起こし、やけ酒になり焼酎を飲み続け、目覚めるとひどい二日酔いになっており、これでは仕事にならないなと、仕事を休んだ
幸い、前月の営業成績が良く、10人中2着に入線してたので、定休に一日プラスで休みをもらえるルールだったので、この日にその特別休暇をあてた

前日の停止電話をしてて分かったのだが、クレジットカードは、電話で再発行の手続きができるのだが、銀行のキャッシュカードは店までいかないと再発行できず、
さらに、身分証として、運転免許証か健康保険証が必要とのこと

ということは、免許証を再発行するのが、最優先事項で、この日休みを取るのは必然であった

昼を過ぎ、二日酔いも抜け、やっと運転できるようになり、勝岡の運転免許センターに向かう

CIMG5499 - コピー

「まだ2:30になってないので」

と公務員的な対応を受け、20分くらい待たされたのち、めんどうな申請書や、印紙の支払いを済ませ、45分後の写真撮影を言われた私は、
飯を食いに、建物をあとにした
二日酔いのこの日は、朝から何も口にしてなかった
本当は、サンドイッチとかの軽食がよかったのだが、コンビニもなく、喫茶店に入っても

「15時だから、カレーしかやってないよ」

とのつれない返事
二日酔いにカレーは、最悪

さまよいあるくと、とあるレストランに出会う
とても変わった店構え、ちょいと豪華な個人住宅のような建物に、その店はあった
それが、ピンクライオン

CIMG5502 - コピー

画像がそうだ

うどんとミニ丼のセットの方がこの日の私にとって、適切な選択だったのだが、

「デミグラスハンバーグ+スパゲティー+唐揚げ+サラダ+2皿+オムライス+みそ汁」

の1000円のピンクライオンプレートの方に
魅力を感じ、ボリューミーなそれを注文

CIMG5501 - コピー

画像がそれである

CIMG5503 - コピー

出てくるのに時間がかかったし、味は素人っぽく、いまひとつの印象は否めないが、家庭的な店構え、家庭的なサービス、家庭的な味には好感をもった

運転免許センターにもどり、6分遅刻した私は、財布紛失の経緯を説明した
すると、担当の55歳くらいの方が、

「それは、事件性があるから、松山東署にいってください」

と言う
私はとうの昔に、財布はあきらめてたので、交番の紛失届で済ませたのだが、
彼がいうには、
同じ手口で酔っ払い客から財布を盗んでる奴かもしれないので、是非盗難届で出しといて欲しい
それが、犯罪防止にもつながるから

「うーむ、そうかあ」
私は、自分のことしか考えなかったが、私が盗難届を出すことにより犯罪の防止につながるのならと、松山東署に車を走らせた

東署に行くと、受付で、

「二階の3課に行ってください」

と案内され、三課の刑事に調書をとられるような形で、被害届を出した
3課は、すりとか窃盗とかの軽犯罪を扱う部署
殺人などの強行犯を扱う1課、知能犯、暴力団を扱う2課と違う部署なのだそうだ

3課の彼らはその道で飯を食ってるので、私に聞き取りをしながら、作文を仕上げていき、いかにも私が書いたような盗難届を仕上げていた
前日の紛失届と異なり、随分時間をかけて丁寧にことの顛末を根ほり葉ほり聞かれ、
出来上がった被害届に、シャチハタ印で押印しようとすると、
「ゴム印ではダメです」
とたしなみられ、犯罪者のように人差し指に、黒っぽいインクを付けられ、母印で押印

これで終わったか、と思うと、3課の刑事は、
「現場検証しますので、現地でどこをどう徘徊したか、どこでビールを買ったか、どこで寝てたかを現地で教えてください。また当日は写真を撮るので、盗まれたときと同じ格好できてください」
どうやら、犯人が見つかったときに、この人から盗んだのか!と確認するときに、同じ服装というのが必要なのだそうだ

私は、今週は仕事があるので、来週の月火の休みだったら大丈夫な旨を伝え、
後日連絡します、の返事を受け、東署をあとに

そうして私は、そこから200mくらい離れた職場に、顔を出した
電話で高松の社長と話してた統括部長は、
「えっ、休みなのになんで?」
と電話を置いて言ったが、
私は、
「地図落としをしたいので」
と答え、
統括の電話が終わるのを待った

地図落としをしながら、電話が終わるのをまって、昨日と本日の顛末を報告
会社に対する迷惑は、少ないけれど、健康保険証を再発行してもらわないといけない旨を伝えると、
統括は高松の社長に電話を入れてくれ、私は社長に
「お手数をおかけします」
と、詫びを入れて終わり

その後私の失敗譚を詳しく統括に報告した
「達成会のあと、一人で飲んで、焼酎バーのママとしらないホステスと3人でショットで飲んで、しらないおじさんに声かけられ、財布を紛失した。警察に後日現場で写真を撮られます。」
というお粗末に、同情しながらも面白がって聞いてくれた
それで、ふっきれた私は、元気を取り戻し、
本日、仕事の合間にキャッシュカードの再発行などの手続きをしたというわけだ

下がり目だったので、本日の仕事の成果が、正直不安だった
実際夕方に苦戦してた私は今日はゼロかも知れない、と不安だったが、19:30に契約を取れた私は、20:30にもう一つ契約を拾い
本日、自分が設定した目標を達成し、意気揚々と事務所に帰社

運が悪かったから運がついたのか
それは分からないけど、復帰日の本日、まずまずの成績を残し、今焼酎をあおり、この記事を書いている
明日は、二日酔いにならないようにしたい

警察の現場検証など、さらなる後日譚をまた記事にしますので、乞うご期待


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
やられた、財布を無くした

私は酒癖が悪い
一度飲み始めると、泥酔しふらふらになるまで飲んでしまう
だから、財布を無くしてもいいように、仮の財布に金だけをつっこんで飲みに行く

ところが昨日は、自転車で巣から街まで行ったので、本財布を置いておくべき車がなかった

その本財布を紛失してしまった

顛末を記せばこうだ

12時30分 巣を自転車で出発
13時30分 シネマルナティックにて、ダラスバイヤーズクラブを観賞
16時30分 キスケの湯で、サウナと温泉
19時 達成会 松山事務所では、先月の目標を達成したので、そのお祝いの飲みをした

CA3H0691 - コピー
会場

CA3H0694 - コピー
つきだしの馬肉のゆっけ

CA3H0697 - コピー
馬焼き肉

CA3H0705 - コピー
締めの韓国ビビンバ風チャーハン

上記画像がそれだが、珍しい馬肉の焼き肉を食した
10人ほどの小さな松山事務所だが、私は2着に入線し美味い酒を飲んだ
社長も高松からかけつけており、なかなか楽しいひと時であった

22時 二次会スナック 私はここのホステスと一度対決してるので行きたくなかったのだが、つきあいで連れて行かれた

23時30分 競輪バー 一足早くスナックを出た私は、「さ、あとは自分の時間だ、自分の好きな店で飲もう」ってんで行った
店では最初私一人だったが、男の客が二人の女を連れて入場
その後、男は帰り、女の一人も帰り、残った女(スナックホステスT嬢)とA子ママと3人で談笑してたのだが、
突然T嬢が泣き出し、私は精神のバランスを崩し始めた
3時 ショットバー 閉店の時間となったが飲み足りなく、A子ママとT嬢を誘って行ったが、私はなんとなく乗れず、悲しい気持ちとなる
5時 二人と別れ、私は街を徘徊する
変なおっさんがつきまとってきて、彼にコンビニの酒を買ってやり二人で歩いたりした
道端で座って飲んでいて泥酔した

12時 私は道端で目が覚めた
身の回りを調べてみると、尻のポケットに入っているはずの財布が無くなっていた
あのおっさんに盗られたのか、と思ったが、そうでないのかもしれない
分からない

私は泥酔するので、財布をなくしたのも1度や2度ではない
だから普段は、本財布は車において、借財布にお金だけ入れて飲みにでることにしている
この日は、自転車だったので、本財布を置いておく場所がなかったのが、今回の最大の間違いである

財布の中身は3万円くらいで、それはいいのだが、カード類、免許証、保険証などを失ったのが痛い
またあの面倒な再発行の作業をせねばならない

私は酒に依存して生きている
ストレス解消のため、睡眠のため、社交のため

今回の飲みは、最初は楽しい職場での飲み会だったのだが、嫌な気分になってしまった

唯一救いは、昼に道端で起きたとき、近所の60歳くらいのおばさまが、心配して声をかけてくださり
「大丈夫」
「財布無くして大変ねえ、警察に届けなさい」
「二日酔いで苦しそうだから、水を買ってあげる」

と、私は彼女からペットボトルのミネラルウォーターを買っていただいたのだ
自業自得で、人に傷つけられたが、癒してくれるのも、やはり人なのだ
そんな感じの1日であった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
こんな、夢をみた

コピー ~ middle_1153796867

私はひとり飲んでいる
スナックかラウンジのようなとことで、深夜だ

なじみの妙齢のママのような人と会話を交わし
店をあとに

その後、その人のことを考えながら、町を彷徨し、ママを思いマスをかいたり、夢うつつのなかさまよう
次の日、その流れの中の夜の浅い時間に、
とある駅のビルのようなところに迷い込む
そこには寂れた工場のようなところがあり、そこで飲んでいると
昨夜のママが現れ、
「私をそんなに思ってたの」

と、階上の個室に連れて行かれベッドに横たわると、彼女はいきなり上を脱ぎ、「抱いていいよ」というのだ
私は驚きを覚え、躊躇していたが、次第に落ちつきを取り戻し、彼女の胸をまさぐり始めた
彼女の左の乳房を触り興奮を覚え、ふっと胸元を見ると、右の乳首がワサワサと崩壊しており、私は吃驚し、抜いたあとということもあり、ちんぽのたちもいまいち

そこで、ママに「もういい」、みたいに体を離され、
なんか生き方とか考え方について、説教される

私は、なんとか抗弁したかったが、聞いてももらえず
そのあと、工場の主みたいな人に、ママは売春組織も経営してて、自分も娼婦としてでるんだ
というような話を聞き、がくぜんとする

という夢をみた
年齢とか設定から、くり氏にモデルが似てるが、誰かは不明


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです



昨日は締め日でしたが、私は満足できる数字を残すことができました
よく頑張ったぞ、ワシ

本日は休日
予定通り、道後公園で花見をしております

CIMG5442 - コピー

姪っ子と年老いた父と母、そして私こと山口ジジイのよったり
いずこも同じ花見どき、桜の花は満開の、人の心も春めいて、ですが、道後もポカポカとして、いい気持ちです

ビールの酔いも、心地良く(笑)


現在は不定期更新である私のブログですが、それでも常時200から300くらいのアクセスがあります

では皆様に、サクラのプレゼントでございます

お互い4月も頑張っていきまっしょい!





このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです