fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CIMG8103 - コピー

この芝居は、なかなか良かった

第二部 切狂言

特選狂言 芸題 妻恋しぐれ

<あらすじ>
故郷奥州から、やくざ修行の旅に出ている清太(中野貴之介)
茶店を通りかかると、浪人に絡まれて困っている娘(中野雅)がいて助けてやるのだが、逆恨みした浪人(今日街研)に背後から匕首で刺され清太は大怪我をする
その直後、木津川一家が駆け付け浪人を押さえ、事なきを得る
助けた娘は、この地で一と言って二と下がらない、木津川一家のお嬢さんだった
清太は、木津川の親分(中野飛鳥)の計らいで、一家に草鞋を脱ぎ、傷養生をすることに
月日がすぐるにつれて清太は、懸命に介護してくれたお嬢さんと、いつしか良い仲となる
そして、木津川の親分も清太の男伊達を見込んで、
どうだろう清太さん、娘と一緒になって、一家の跡目を継承してくれないか
清太はいったんは躊躇したものの、受けた恩義がある、承諾してしまう
そうかめでたい、ではさっそく仮祝言の段取りをとるがいいな
はい
しかし清太には、故郷奥州仙台波止場村に残してきた、妻がいたのだ

その後、木津川一家に、奥州の子分の吉が清太を探しにやってきた
吉(中野加津也座長)は、清太に
若親分、たいへんです、親分が浪人に刺され亡くなりました、また若親分の女房のおすえ姐さんが赤子をもうけやしたが盲になり一日千秋の思いで待っておりやす
一家のためにも、姐さんのためにも、一日も早く奥州に帰っておくんなせえ
清太は思い悩むが、
木津川の親分との約束がある、奥州にはけえれねえんだ
この冷たい言葉を聞いた吉は、悪態をつき表へ出る
そこへ、杖をつき盲となった女房おすえ(中野寿都子)が、乳飲み子を抱え哀れな姿で訪れる・・・

<感想>
この芝居は、なかなかのものであった
最初、なぜ中野加津也座長が、若親分清太でなく、子分の吉なのだろうと疑問に思ったが、そうではなかった
まず、女房おすえを演じた中野寿都子、乳飲み子を抱えた盲役を熱演
当初清太は、子分の吉を通じて、この場にいないことにしようと誤魔化そうとしたり、それでも金を渡したり
目は見えなくても、様子のおかしさに気付く哀れなおすえ
そこのお方、あなたは本当は清太さんじゃないのかい
ほんと熱演で、私の目にも涙が一杯、瞼でこらえた
シーンと静まり返った客席からは、鼻をすする音があちこちで聞こえた
いやあ、中野寿都子さん、さすが座長の娘というか、大したものだ
まず、口跡がいい、江戸時代を感じさせる
中野寿都子18歳が、いつから一座に帯同してるのかは分からない、子役などやってたのかも不明だが、なかなかああいう雰囲気は、高校卒業して役者になってとかではでないだろう
雑誌インタビューで、役者を志した理由を、小さい時から父の姿をみてたからと答えていた
やはり小さい時からの、情操教育がないと、とてもああいった雰囲気は出ないだろう

そして、若親分と女房おすえの間に挟まれ伝言役をする子分の吉役、中野加津也座長が、哀れさを引き立たせる
これは難しい役だろう、下手すると笑いになってしまう
前狂言のアドリブ満載の三枚目役とうって変わって、加津也座長は客席に真剣勝負、泣かせの演出をした

加津也座長が、雑誌インタビューで、鳳凰座の売りは昔ながらの芝居です、今は泣ける芝居や股旅物が多いですと言ってたのは伊達ではなかった
やはり、こういった泣かせる芝居が、鳳凰座の本筋のようだ

前の記事に書いたが、加津也座長の観客へのアンケートでは、松山劇場の世論は、喜劇65%、悲劇30%、股旅物5%といった感じだった、三分の二の人は喜劇を望んでいる
雑誌インタビューで座長は、土地のお客さんに合わせて楽しんでいただけるよう構成を考えているとも答えているので、
喜劇調の芝居が多かったのだろう
私も座長が三枚目役の、楽しいお芝居を、いくつか拝見したが、自分の好みでもある泣ける芝居や股旅物をもっと観たかった
ま、これは次回の楽しみとしよう

中野加津也座長は、できたら末の息子に劇団を継がせたい、そのためには自分が13年座長を続けなければならないと雑誌に答えているが、
5年経ったら、中野寿都子さんが立派な女座長になってるんじゃないでしょうかねえ
そんな可能性も感じた、いいお芝居でした

CIMG8108 - コピー
切狂言後の口上挨拶

昔は芝居2本が当たり前でした、役者も芝居2本の方が本当は楽しいんです
でも、最近は疲れるというお客さんが多いでしょ、だから前狂言の替わりにミニショーになったんです
といったお話が聞かれた

いやいや座長、芝居2本が楽しいのなら、毎回やってくだされ
私は、喜んで芝居2本観劇しますぞな

観客は80人くらい入ってたか、あるいはもっとか
大入りが出て三本締めが行われた

CIMG8234 - コピー
11月の松劇の番組表

CIMG8237 - コピー
21日以降は、外題が書かれておらず


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうです
スポンサーサイト