元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
1位 すっぴんからの女形大会 春陽座

CIMG4787 - コピーw CIMG4811 - コピーw
舞台で化粧するだけでなく、舞踊ショウが始まっても、舞台後方を楽屋に見立てて、着付けするという徹底ぶりだった


2位 イヨマンテの夜 劇団双六

CIMG4253 - コピーw
アイヌをモチーフにしたショウが斬新で、太鼓なども駆使し、3曲に渡ったラストショウであった


3位 梅川忠兵衛 三河家劇団

CIMG5305 - コピーw
三河家諒をゲストに迎え、三河家兄妹渾身の、梅川忠兵衛であった。雪があるとさらに良かった


4位 歌麿と女たち 座長大会(松山劇場25周年)
CIMG5625 - コピーw
8人の座長たちが繰り広げる、豪華絵巻であった


5位 かずMAX 春陽座
CIMG4604 - コピーw
かずま座長が14本も登場した、徹底したかずま祭り


次点 心様祭大江戸カーニバル 春陽座
CIMG5795 - コピーw

次点 二人花魁 春陽座
CIMG4729 - コピーw


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
1劇団で女形が見れるのは、2~3人くらいだろう
今月は5劇団を観劇したので、10~15人くらいの女形をみたことになる
単発のゲスト出演、座長大会で観た方は除外して、女形ナンバーワンはこの人


今月の女形グランプリ

恋瀬川翔炎座長 劇団飛翔

CIMG5338 - コピーw
なんとも、妖艶なのでござんす
けっこういい年齢なんだと思うが、凄いね


次点
澤村心座長 春陽座
CIMG5745 - コピーw
柔らかい舞踊が、いいんです


次点
澤村かずま座長 春陽座
CIMG4726 - コピーw
和風より、洋風な方が、真価を発揮するのでござんす


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
3月は、春陽座、劇団双六、劇団飛翔、劇団武る、三河家劇団を観劇した
29本の芝居の中から、私が選んだ珠玉の5本

1位 夢の中の親子 春陽座
松山劇場、前半の芝居の日に、春陽座が魅せた素晴らしい芝居
子別れの悲劇で、他劇団でも良く演じられる芝居だと思うが、春陽座は泣かせが徹底している
かずま座長、新吾責任者、子役煌馬が、3人がかりで長時間、徹底的に観客の涙を誘う、あれは泣くわ
3人の役者も涙を流しながら演技してるし、客席の多くも涙をぬぐい鼻をすすりで凄まじい状況であった
さらに、最後の演出が実に凝っており、そこへ至る台本が緻密、最終盤のかずま座長の声だけの呼びかけが、これまた素晴らしかった

2位 江戸の夢 春陽座
笑って泣ける人情喜劇なのだが、人情芝居の色が濃い
主演した、心座長、かずま座長、澤村かな、3人それぞれに見せ場があり、3人に実力がないと成り立たない芝居
最後に二重のどんでん返しもあって、エンターテインメントとしても優れた作品であった
心座長は、大店の若旦那が良く似合う、はまり役だ

3位 忠治外伝 恩と義理  座長大会(松山劇場25周年)
座長大会の芝居は、派手だが大味という概念を吹き飛ばす、素晴らしい芝居であった
理由は、春陽座澤村新吾責任者が、つけた芝居だったからだと思う
春陽座色が色濃く出てて、泣かせの場面、殺陣と、素晴らしい出来であった
主役の橘炎鷹、忠治役の紅あきら、敵役の澤村かずまの三人に見せ場の多い芝居であった

4位 裏町の母 春陽座
普段は脇を固める北條真緒と、あまり舞台に出ない澤村新吾責任者が主演した、昭和を描いた社会劇
主演の二人の長い長い独り語りが、それぞれに素晴らしく、娘役の澤村かなの演技も秀逸
春陽座の役者陣の層の厚さ、芝居の確かさを見せつけた作品であった

5位 下郎の首 槍供養 劇団飛翔
理不尽な侍物の悲劇。主演の恋瀬川翔炎の怒れる姿が、良かったです
優秀な下郎長谷川翔馬と、敵役の錦連も、良かったねえ

次点 喧嘩屋五郎兵衛 春陽座
澤村心座長、渾身の熱演。また、お嬢さんが勘違いする場面から、丁寧に丁寧に描かれている作品
朝日奈を演じた、澤村かずま座長も貫禄を魅せた


奇しくも、春陽座の作品が、多く並ぶ結果となった
さすが、芝居の春陽座である


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
この日の観客は、ざっと見100人
最終日、澤村新吾責任者、北條真緒、澤村美翔の姿が見れなかったのは、寂しいことであった

第三部 お別れショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
CIMG6179 - コピー
花のトップステージは群舞踊、九州男児

CIMG6180 - コピー
澤村かずま座長

CIMG6182 - コピー
澤村心座長

CIMG6183 - コピー
澤村みさと 春陽座の中では、まだキャリアが浅いが、本日難しい役を見事演じていた

CIMG6185 - コピー
両座長の相舞踊 曲は北の蛍だったか

CIMG6189 - コピー
名子役澤村煌馬 小学3年生
彼が芝居に出ると、涙ぐむ人が多かった

CIMG6191 - コピー
群舞 芯は心座長

CIMG6193 - コピー
澤村かずま座長

CIMG6194 - コピー
CIMG6195 - コピー
澤村京弥 北条のスター
千秋楽では、かずま座長に曲を停められたりしてた

CIMG6196 - コピー
滝川まこと花形 曲中曲でワンコーラスだけ妖怪体操第一を弾けて踊った

CIMG6198 - コピー
澤村心座長

CIMG6199 - コピー
CIMG6200 - コピー
ラス前を締めたのは、澤村かずま座長
一本釣り~無条件 かなり盛り上げた

ラストショウ 黄金魂(ソウル)
CIMG6202 - コピー
CIMG6204 - コピー
CIMG6206 - コピー
CIMG6208 - コピー
CIMG6210 - コピー
湘南乃風の黄金魂に合わせての総踊り
なかなかのラストショウ

CIMG6211 - コピー
千穐楽公演を終えての、かずま座長口上及び三本締め
本日ダブルの大入り、累計で大入り40枚
松山劇場の大入り記録は、新生真芸座の41枚なので、みなさんのおかげでいいとこまでいきました
来月の澤村謙之介座長もよろしくお願いします

口上中、心座長が妖怪体操第一を踊らされたのが、印象に残った

アンコール
CIMG6213 - コピー
春陽座は、アンコールを考えてなかった風だったが、青春時代を踊ってくれた
昨日に引き続き、3時間30分の充実した公演であった

春陽座さん、よい芝居をたくさんありがとうござんす
また帰ってくるのを、お待ちしております


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
千穐楽は、軽い喜劇で締める劇団も多いと思うが、
春陽座の千穐楽は、悲恋物とでもいうのでしょうかねえ
いい芝居でござんした

第二部 芝居 大阪の商人(あきんど)

<あらすじ>
沢井屋の若旦那新二郎(心座長)と、但馬屋の娘のおたえ(みさと)は、互いに好きあっていた
ある日、但馬屋の若旦那清吾(かずま座長)が沢井屋を訪れる
新二郎さん、妹のおたえと別れて欲しい、別れねばあなたが世間の人に笑われる
新二郎が、納得がいかないと答えると、清吾は、
それには、これこれこういう事情があるんですと語り始める・・・

<感想>
艶物というのか、悲恋物とでもいうのか
私自身は、あまり好きなジャンルではないが、なかなかいい芝居でしたねえ
心座長は、今回のような、苦労知らずの商家の若旦那といった役が、とてもよく似合う
また、この芝居では、普段台詞の少ない、澤村みさとや澤村京弥にもかなり見せ場があり、
層の厚い春陽座ならではの芝居の出来であった

CIMG6176 - コピー
芝居終演後の、心座長口上挨拶
1カ月間ありがとうございました
来月から春陽座は、朝日劇場→中部地区→岐阜葵劇場→中部地区
来月松山劇場は劇団澤村、こちらもよろしくお願いします

CIMG5958 - コピー
CIMG5960 - コピー
今月のプログラム


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
数多くの素晴らしい芝居を残した春陽座も、本日千穐楽を迎えた

第一部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
CIMG6164 - コピー
CIMG6165 - コピー
CIMG6166 - コピー

CIMG6168 - コピー
CIMG6169 - コピー
CIMG6172 - コピー

顔見世ラスト 曽我兄弟
CIMG6173 - コピー
CIMG6174 - コピー
CIMG6175 - コピー
三波春夫の歌謡浪曲に合わせたショウであった


CIMG6162 - コピー
松山の桜は、まだ5分咲きである


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第三部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
花のトップステージは、雪深深
CIMG6102 - コピー
CIMG6105 - コピー
CIMG6107 - コピー
CIMG6108 - コピー

CIMG6110 - コピー
CIMG6112 - コピー
CIMG6113 - コピー
CIMG6117 - コピー
CIMG6122 - コピー
CIMG6124 - コピー
CIMG6127 - コピー
CIMG6129 - コピー
CIMG6138 - コピー
CIMG6142 - コピー
CIMG6144 - コピー

ラストショウ 花と竜
CIMG6147 - コピー
CIMG6148 - コピー
CIMG6150 - コピー
CIMG6152 - コピー
心座長舞踊のあと、殺陣があった
ラストショウなのに花をつけようとする客がいたというアクシデントがあって、あまり出来は良くなかったが、
まずまずのラストショウであった
夜の部の方が、多分良かっただろう


CIMG6154 - コピー
CIMG6155 - コピー
この日は、抽選会があった


ラストショウの演目が変わるのが良く分からない
松劇の事前のプログラムと、本日の愛媛新聞の案内欄には、喧嘩上等
本日の張り出しには、繁盛ブギ
春陽座のHPでは、春よ来い
実際見ると、花と竜のラストショウであった
まあ、目くじらたてるわけではないのだけど、何が原因なのだろうねえ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
春陽座新作、初出しの芝居
驚くほど仕上がっていた

第二部 芝居 (安太郎)子守唄

<あらすじ>
越中から江戸に出た安太郎(かずま座長)は、3日間何も食えず、ひもじさのあまり明石一家に忍び込み陰膳を食う
一家のものに見つかるが、事情を聞いた姐さん(真緒)が気の毒に思い、安太郎を許してくれたばかりか財布ごと金を渡し、
これをもって故郷の越中に帰った方がいい、と意見してくれた
そこへ、明石一家と対立する和田島一家(心座長)が、縄張りを狙って殴りこんできた
だが、姉さんと京助(まこと花形)が体を張って安太郎を逃がしてくれた
死に物狂いで逃げた安太郎、慌てたので荷物を抱えたつもりが、明石一家姐さんの赤子を間違えて抱えていた
そして、姐さんも京助も和田島一家に殺されたと聞いた安太郎は、
この子は俺が育てるしかない、それが姐さんへの恩返しだ
と決意し、江戸を離れる
7年後、この町はすっかり和田島一家が支配していた
そんなある日、腰に長脇差を1本差した、旅鴉の親子がこの町を訪れる・・・

<感想>
どことなく、一本刀土俵入りの駒形の姐さんへの恩返しを彷彿とさせる話である
それに、子別れが加えられている
子役の煌馬が出てたが、煌馬がいいんだよねえ、煌馬が
今回の子別れは、夢の中の親子と比べるとあっさり描いてるのだが、腰に短い長脇差(変な表現だが)を差した煌馬が、大人ぶった口をきくのが、なんとも微笑ましいのである
この芝居を春陽座は、初めて演じたそうだが、驚くほど仕上がっていた
かずまのブログだあ、によると、2~3日前から深夜に芝居の稽古をしてたそうだが、頭が下がる
まあ、2~3台詞に詰まった場面も、あるにはあったので、夜の部はさらに良かっただろう
いつだったか心座長が、うちは芝居の春陽座ですから、と口上で言ってたのは伊達じゃない、本当に芝居がうまい
春陽座のこの芝居も、かなり良かったですな
一つだけ難点を言えば、田舎者で臆病気弱で頼りない安太郎が7年で変わりすぎ、あんな立派な渡世人になるかなあ
最初のキャラ設定を、もう少し度胸か根性がある設定の方が、7年後の変化を受け入れやすいかな

CIMG6093 - コピー
CIMG6096 - コピー
芝居終演後の、心座長口上挨拶
明日千秋楽、大阪の商人は、笑えて泣けて上品な芝居とのこと

CIMG6100 - コピー
25周年座長大会の生花
市川おもちゃ座長からきてたが、奥道後劇場からも届いてたのは立派であった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
劇団春陽座も、残すところあと2日である
この日は、80~90人くらい、大入りが出た

第一部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
オープニングは、アジアの海賊
CIMG6082 - コピー
CIMG6084 - コピー
CIMG6086 - コピー
CIMG6088 - コピー

顔見世ラスト 越後獅子
CIMG6091 - コピー
CIMG6092 - コピー
美空ひばりの越後獅子の唄ではない


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
三代目藤ひろし座長は、現在37歳
雑誌によると、三代目藤ひろし座長の経歴は、少し変わっていて、
所属してた劇団ふじで座長を襲名したが、しばらく後に劇団を離れ、一時フリーで修行したそうだ
5年前に劇団双六を旗揚げし、今はおそらく太夫元を兼ねた座長で劇団を率いている
二代目藤ひろしは、現在の長谷川武弥座長、三代目の実父だと思う
藤仙太郎は実弟で、現在劇団ふじの座長

初代藤ひろしという人は、初代片岡長次郎の実の息子だそうだ
父親の名を継いだ二代目片岡長次郎は血縁関係のない兄弟子で、九州演劇協会の玄海竜二の実父
父親の名前を継がなかった初代藤ひろしは、中年となってから自分の劇団を旗揚げし、
姫京之介、藤美一馬、藤千代之介たちを育て、それぞれ独立して座長となっている
もちろん、三代目藤ひろし親子は、彼らと兄弟弟子ということになるのでござんす

第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
CIMG6021 - コピー
CIMG6022 - コピー
CIMG6023 - コピー
座長含めた群舞踊

CIMG6025 - コピー
藤咲凛

CIMG6027 - コピー
CIMG6028 - コピー
藤ひろし座長

CIMG6029 - コピー
藤咲こけし

CIMG6031 - コピー
光明亮太郎と飛鳥の相舞踊

CIMG6032 - コピー
藤咲晶 座長の闘魂ブログによると、今月で円満退団されるそうだ
おつかれさまでした

CIMG6034 - コピー
光明亮太郎

CIMG6037 - コピー
飛鳥 長谷川武弥劇団にいたそうだ 長身でかっこいい

CIMG6039 - コピー
小月美鈴の美しい風情

CIMG6041 - コピー
藤ひろし座長

CIMG6043 - コピー
飛鳥歌唱 やはりうまい

光明亮太郎と藤咲こけしのラス前ショウ コント風のおさん茂兵衛
CIMG6047 - コピー
CIMG6048 - コピー
笑わせてもらいました

ラストショウ 特別ショウ 梅川忠兵衛
CIMG6051 - コピー
CIMG6053 - コピー
CIMG6054 - コピー
CIMG6058 - コピー
CIMG6060 - コピー
雪もこれくらい降らすと見栄えがする、なかなか良かったねえ
前ショウつきの凝ったラストショウでしたな

CIMG6063 - コピー
終演後の口上、三本締め

来月山口県、5月からは地元九州だそうだ
また松山にも乗ってください
お疲れさまでした

CIMG6073 - コピー
CIMG5809 - コピー3 - コピー

CIMG6018 - コピー
来月以降の予定

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
劇団双六は、6回目の観劇となる
この日もよく入ってて大入りトリプル、ということは140人ほど入ったということ

第一部 特別狂言 下町の灯火

<あらすじ>
飲み屋に勤めるお勝(藤ひろし座長女形)には、前の亭主との間にできた娘がいた
娘のお千代(凛)は、材木問屋の江戸屋で奉公していたが、若旦那(亮太郎)と相思相愛の仲となる
大旦那(こけし)も、それはめでたい、と喜んでくれていたが、
ある日、お勝が文盲ということを知った大旦那は、一転して、
文字も書けないような母親の娘を、うちの若旦那の嫁に迎えることはできません
と、夫婦になる話が破談になりかける
幸せになろうとしている娘を、母親の自分が原因で不幸にしてはいけない、と
お勝は一念発起し、近所の寺子屋の先生のところで、文字を習い始めるが・・・

<感想>
喜劇色の強い人情喜劇
若葉しげるが作った芝居だという
劇団双六で、若葉しげる作の芝居、あるいは若葉しげるの助言で結末を替えたという芝居をいくつか拝見したが、結局私はよく分からなかった
若葉しげるは、元々は九州で子役をしてたそうだが、24歳で東京へ進出して現在に至ると、聞いたことがある
東京風の大衆演劇なのだろうと思う
若葉しげるは、才人であり大物
東京では、こういう芝居が特選狂言とされており、さらりとした演出が主流ということなのかなあと思う
大衆演劇は、関東、関西、九州で演じ方が違うそうで、
そのあたりが、私が良く分からなかった理由なのかなあと結論付けることにした

CIMG6014 - コピー
芝居終演後の座長口上挨拶

大入りが、本日トリプルで累計64枚になったとのこと
凄い数だ、日曜も残してるし、70超えそうな勢いですな

CIMG6064 - コピー CIMG6070 - コピー
この日いただいたDVD、ありがとうござんす
大事に観させていただきます
そして、今月の公演で劇団双六からいただいたもの
CIMG4261 - コピーw CIMG4462 - コピーw
CIMG4267 - コピーw CIMG4692 - コピーw

CIMG6020 - コピー

CIMG6019 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
ネットを見てて知ったのだが、
見海堂劇団の、見海堂光副座長が退団したらしい

先日発売された演劇グラフに、見海堂光が今年座長に昇格しますといった記事が出てて、2日程前に読んだばかりだったから、にわかには信じられない感じだ

しかし、見海堂光本人のブログに、本人の名前で退団報告の記事を書いてるから、本当なのだろう
自分の元お客さんが突然観劇にこられて、劇団内で収拾がつかない事態になった、責任とって辞めることに決めた
みたいな内容だった
みわという人のことなのかなあ?
まあ良く分からないが、見海堂光本人は、不本意ながら退団するみたいな書き方だったねえ

南條まさきの本の中に、新入りだった南條まさきが、先輩たちがバタバタ辞めていくので、3カ月後には、二代目南條すすむに次ぐ若手ナンバー2になったという下りが出てくる
大衆演劇の世界って、そんなにも流動的なものなのかと驚いたが、これは役者になって4カ月とか2週間とか3日とかで辞めてく人たちのことだ

見海堂光を、私は一度みたことあるが、男前で芝居も良かったし、それなりのキャリアもあって副座長になったわけだから、大衆演劇の世界で成功した役者なのだろう
そういう役者でも、ある日突然、今日で退団します、みたいなことってあるんだねえ
そういえば、おおみ劇団の三花礼副座長も円満な退団ではなかったみたいだが

最近私が知って非常に残念だったのは、鳳凰座の中野雅、中野旭の退団
中野寿都子と三人での群舞踊は良く揃ってて、是非もう一度観たかったのだが

大衆演劇の役者さんって、こんなにも辞めるのか、ちょっと驚いた

CIMG6629 - コピー4
画像は、2014年7月観劇した時の、見海堂光副座長

見海堂光のブログ記事はこちら → 見海堂光ブログ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第三部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
花のトップステージは、お祭り忍者
CIMG5974 - コピー
CIMG5975 - コピー
CIMG5978 - コピー
CIMG5981 - コピー
CIMG5982 - コピー
CIMG5983 - コピー
CIMG5984 - コピー
CIMG5990 - コピー
CIMG5993 - コピー
CIMG5995 - コピー
CIMG5997 - コピー
CIMG5999 - コピー
CIMG6001 - コピー
CIMG6003 - コピー

ラストショウ 祝い酒
CIMG6008 - コピー
CIMG6012 - コピー
春陽座としては珍しく、1曲のみのラストショウだったが、厳かでまずまずの総踊り
曲は坂本冬美の祝い酒
以前にラストショウ祝い酒があったが、今回は曲も内容も全く別のバージョンだ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
この芝居は、是非観たかった

第二部 芝居 忠臣蔵外伝 内匠頭切腹

<あらすじ>
元禄14年3月、江戸城松の廊下で、赤穂藩主浅野内匠頭が、高家吉良上野介に刃傷におよび、即日切腹を言い渡される
~芝居はここから~
その身を預けられた田村家に、浅野家家来片岡源五(心座長)が訪れ、内匠頭(まこと花形)に会わせて欲しいと願い出るが、罪人なればその義は聞けぬと断られる
だが、片岡源五の熱意と、田村家家来伊達織部(かずま座長)の武士の情けで、主従の面会が叶う
内匠頭切腹の時刻は、近づいていた・・・

<感想>
これは、なかなか良かったですな
大衆演劇の芝居は緊張と緩和で構成される場合が多いが、今回の芝居は最初から最後まで緩和はなく、緊張を強いる演出となっていた
それゆえか、約50分と短めの芝居であったが、中身は濃かった
内匠頭が実際に腹を斬るシーンは見せず、見届け人の声と、内匠頭辞世の句、それを聞いた片岡源五の表情で哀しみを表現していた
殊に、殿の最期を知った片岡源五が桜の木に寄っかかる、桜の花びらが舞う、放心状態の片岡源吾。は、この芝居屈指の名場面
また、内匠頭が最期、本懐を遂げられなかったは無念と聞いたおりの、片岡源五の消し炭に火がついたが如き表情は、心様お見事
あと、新吾責任者の声だと思うけど、録音されたナレーションが長時間流れて、浪曲劇風な演出もあった
浅野内匠頭が、実際に腹を斬ったのは3月14日というから、それに合わせて今月この芝居をプログラムしたのかもしれませんな

CIMG5971 - コピー
CIMG5972 - コピー
芝居終演後の、かずま座長口上挨拶
かずま座長は、澤村謙之介座長と年齢が一緒で中学も近く、顔を見知ってた
大阪にいたころ、すでに役者をしてた澤村謙之介座長から電話があり、OS劇場に生まれて初めて大衆演劇の観劇に行った
あの電話がなければ、大衆演劇の役者にはなってなかっただろうとのこと

明日、ふられの甚太は、笑える芝居
明後日、安太郎子守唄は、子役を使った新作だが、お涙ちょうだいだけではない芝居
千秋楽、大阪の商人は、上品さが売りの芝居

以前心座長がやりますと言ってた瞼の母が無くなったのは、確実のようだな、観たかったが残念
うーむ、明日は笑える芝居かあ・・・

CIMG5961 - コピー

CIMG5862 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第一部 舞踊ショウ

CIMG5963 - コピー
CIMG5964 - コピー

CIMG4966 - コピー5
心座長の舞踊が一本あったと思う

CIMG5966 - コピー

顔見世ラスト
CIMG5967 - コピー
CIMG5969 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
花のトップステージは、関東春雨傘の群舞
CIMG5902 - コピー
CIMG5903 - コピー
CIMG5909 - コピー
CIMG5910 - コピー
CIMG5914 - コピー
CIMG5916 - コピー
CIMG5919 - コピー
CIMG5922 - コピー
CIMG5923 - コピー
CIMG5924 - コピー
CIMG5927 - コピー
CIMG5929 - コピー
CIMG5935 - コピー

ラストショウ 股旅清水の男
CIMG5938 - コピー
CIMG5939 - コピー
CIMG5944 - コピー
CIMG5950 - コピー
CIMG5951 - コピー
CIMG5954 - コピー
3~4曲に渡って、最後は定番の旅姿三人男が流れてのものだった
曲はエレキ調だったけど
これは、かなり良かったねえ
アナウンスでは、清水の次郎長シリーズとも言ってたな
清水次郎長(心座長)、大政(京弥)、小政(まこと花形)、石松(かずま座長)、茶摘み娘(かな、みさと)


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
人情喜劇
ミニショウ無しの1時間35分の芝居
観客50~60人、刺青奇偶のような大悲劇より、やはり喜劇の方が人気あるんだろか

第一部 特別通し狂言 下積みの石

<あらすじ>
北陸の立井組で、力仕事で働く万吉(かずま座長)と千太郎(心座長)
皆からバカにされてる万吉はきぬちゃん(かな)に惚れてたが、きぬちゃんは千太郎が好きだった
ある日、万吉と仙太郎の二人が仕事を終えて海のそばを歩いていると、一組の夫婦を見かけるが行動がおかしいのに気づく
千太郎が、落ちている封筒を見つけ中を改めると、その夫婦の遺言状であった
自営業がうまくいかず、サラ金に手を出し借金が520万円にもなった。とても支払えない。死んでお詫びすると書いてあった
万吉の懐には、15年働いて貯めた金が520万円あったが・・・

<感想>
松竹新喜劇で、藤山寛美が演じてた芝居だそうである
大衆演劇には、松竹新喜劇系の芝居をときおり目にするが、私はこの手の芝居がどうも苦手だ
芝居が上手な春陽座ならひょっとしてと思って観劇したが、やはり楽しめなかった
人情喜劇なので、最後ほろりとさせる場面はある

CIMG5898 - コピー
芝居終演後の、かずま座長口上挨拶
昨日は、昼の部より夜の部の方が入場者が多かった
昼は、地元松山東高校の甲子園での試合をテレビで観てたのではないでしょうか
明日は、今日より絶対いい芝居ですよう、とのこと
明日予定 内匠頭切腹

CIMG5895 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
喉が痛い、熱は微熱だが頭はぼんやりしている
扁桃腺の炎症、すなわち扁桃炎だ
最初の違和感から6日目となるが、復調の兆しが出てきた
市販の漢方薬を飲んでるが、今日をピークにようやく快方に向かっていきそうな予感

病院でもらう抗生物質だと、扁桃腺についた細菌やウイルスを退治してくれるが、漢方薬の場合は自然治癒力を高めて扁桃腺炎に対抗する

私のイメージで言えば、漢方は抗体を後方支援、いわば体の中の自衛隊に援助してくれ、結局は自分の力で細菌と戦うということ
抗生物質を飲む場合は、抗生物質といういわば外人部隊が、細菌と戦って駆逐してくれるといったとこ

抗生物質の方が、手っ取り早い
漢方の方が、時間がかかるが、自分の抗体で細菌をやっつけるという、自己満足感があるのである

CIMG5849 - コピー
この薬、効いてると思う


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
花のトップステージは、自転車唱歌の群舞
CIMG5864 - コピー
CIMG5865 - コピー
CIMG5866 - コピー
CIMG5867 - コピー

CIMG5870 - コピー
CIMG5871 - コピー
大五郎役は京弥さん

CIMG5874 - コピー
CIMG5875 - コピー
CIMG5877 - コピー
CIMG5878 - コピー
CIMG5879 - コピー
CIMG5881 - コピー
CIMG5882 - コピー
CIMG5887 - コピー

ラストショウ 喧嘩上等
CIMG5889 - コピー
CIMG5893 - コピー
CIMG5894 - コピー
め組のひと~喧嘩上等と二曲に渡ったラストで、なかなか


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
大ネタである
なかなか良かった
ミニショウ無しで、二幕に分けた1時間40分の芝居

第一部 特別通し狂言 刺青奇偶

<あらすじ>
博打がやめられず江戸から流れてきた半太(心座長)は、海に身投げした女を助ける
女はお仲(かな)と言い、流れ流れてこの宿で酌婦をしており、世を儚んで死のうとしていた
どこか似ている二人は互いに惹かれあい、一緒になる
地廻りと諍いを起こした半太は、お仲とともに次の土地に流れた
お仲は病気になった、医者には、労咳で2~3日が山だろうと言われた
お仲は、お前さんお願いがあるの、と半太の右腕にサイコロの入れ墨を彫る、女房意見の入れ墨だ
お前さん、博打だけはやめて、お願いよ
そして、お前さん、死にたくないようーと呟く
お仲分かった、と返事したものの、半太は女房のために金が必要だと、賭場に出かけるのであった
賭場でサイコロをすり替えたのがばれた半太は、この野郎賭場荒らししやがってと、一家のものに袋叩きにあう
そこへ、一家の貸元鮫の政五郎(かずま座長)が現れる・・・

<感想>
私は、長谷川伸原作のこの芝居をあまり好きでないが、澤村心座長熱演で、なかなか良かった
澤村かなも、いいねえ
春陽座は、顔見世ショウ無しで長い芝居をすることが多いが、大歓迎ですなあ
刺青奇偶、刺青丁半、サイコロ丁半と、多少外題は異なるこの芝居は、大衆演劇でもときおり見かけるが、歌舞伎でも演じられるそうだ
中村勘三郎、坂東玉三郎、片岡仁左衛門で演じられたこともあるそうだ

CIMG5863 - コピー
芝居終演後の、かずま座長口上挨拶
夜の部は、かずま座長が主役
明日は、藤山寛美が演じてた芝居、通し狂言「下積みの石」だそうだ

春陽座のお知らせ欄と松劇のプログラムが若干異なってるのは、なぜだろう
この日の観客は、20~30人といったところで、いい芝居だったのにもったいないね

CIMG5861 - コピー

CIMG5862 - コピー
いよいよ千秋楽が近い


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす