fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
第二部 芸題 あの日に帰りたい ねずみ

<あらすじ>
江戸時代、ねずみ小僧重三が、世間を騒がせていた
涙橋のたもとに、老女(澤村謙之介座長)が営む甘酒の屋台があった
息子の新吉(天海翔)は、十手持ちの下っぴきをしており、
おっ母取り締まりに行ってくるから、と出かけていった
入れ替わるように一人の男(天海翼花形)が屋台を訪れ、老女に甘酒を注文する
ショウガがたっぷり入った甘酒を飲んだ男は、老女に
こんなに美味い甘酒は初めてだ、こんな人通りの少ないとこじゃなく、賑やかな場所でやってみたらどうだい?
と問うと、老女は、
いえ、私は涙橋を離れるわけにはいかないのです、と答えその理由を語り始める
昔のことですが、前の夫との間にできた子供が、涙橋で行方知れずとなってしまったんです
今では生きてるのやら死んでるのやら分かりませんが、もしかしたらいつか会えるかもしれないと、ここで屋台を出してるんです
子供の名は、重三郎というんです
その名を聞いて男は、あっと驚き、思わず手に持ってた甘酒の椀を落としてしまう・・・

<感想>
一幕三場、約50分くらいの芝居だったんじゃないかと思う
今月は、松劇の掛け時計にタペストリーがかぶさってて、はっきりとした時間が確認できてないので、いわば体感時間
さて、あの日に帰りたい、というのはどういう芝居なのだろう、といったのだが、今作は、他劇団では、涙橋とか、戻り橋
の外題で演じられる芝居ですな
母恋いもので、大衆演劇らしい人情芝居
芝居序盤は、ネズミ小僧の立ち回りで、どの程度の実力があるのかを観客にみせるとともに、
客席をほぐす程度に、笑いを入れている
笑いを担うのは、劇団一の男前、澤村一也
なぜか得意技が三枚目芝居という、不思議な役者さんだ
澤村輝人は、この日三役を演じ分けた
劇団澤村の貴重なバイプレイヤーで、この人がいないと劇団澤村の芝居は成り立たない
この日光を放ったのは、やはり老女役の澤村謙之助座長だろう
座長が、ツボに入った時の人情芝居の演技は、本当に上手だ、さすが座長
奥道後劇場と梯子観劇されたお客さんがいて、芝居が奇しくも同じ涙橋だったそうだが、奥道後の涙橋は喜劇色が強すぎて、劇団澤村の涙橋の方が良かった、とおっしゃっていた
私的な好みでいえば、もう少しくどく演出してもらうと、尚良かった
たとえば、新吉が捕り物の途中で母親の様子がおかしいのをみて、ネズミ小僧が自分の兄だと確信するシーンがあるのだが、
生まれてこのかた会ったこともない兄なので、すっきりした演出より、泥くさくてくどく説明のある演出の方が、引っかかりがあって感情移入できて、なおいいなと思った
なかなかの芝居 A級Ⅰ


CIMG1356 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 澤村謙之助座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など

CIMG1344 - コピー
CIMG1390 - コピー
うーむ、里見要次郎、劇団王座のゲスト出演の日が、確定している
劇団王座は、澤村玄武座長を含めて4人くらいくるそうで、黒龍もメンバーに入ってるそうだ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
スポンサーサイト



劇団澤村は、今月4回目
仕事帰りで顔見世の途中より

第一部 顔見世ミニショウ
(舞踊メモ 舞踊順)
途中より
CIMG1345 - コピー
CIMG1351 - コピー

顔見世ラスト
CIMG1354 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす