fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CIMG1715 - コピー


第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)
CIMG1708 - コピー
CIMG1709 - コピー
花のトップステージは、群舞踊

CIMG1711 - コピー
CIMG1713 - コピー
CIMG1714 - コピー
CIMG1717 - コピー
CIMG1718 - コピー
CIMG1719 - コピー
CIMG1720 - コピー
CIMG1721 - コピー
CIMG1722 - コピー
CIMG1723 - コピー
CIMG1724 - コピー


ラストショウ 情熱大陸
CIMG1725 - コピー
CIMG1726 - コピー
CIMG1727 - コピー
うーむ、両座長中心に、一曲の総踊りやが、振り付けが良く合ってたなあ
こうやって聴くと、力強い、いい曲ですなあ
なかなか良いラストショウ


<遠征後記>
今回のミニ遠征は、3劇団3観劇
3劇団とも、以前数回拝見したことがあり、それぞれいい芝居だった記憶がある
奇しくも今回は、大衆演劇らしい小作品が並んだが、見くらべてみると、
松丸家の芝居が秀でてましたなあ
小作品でも、ええ役者が演技すれば、ええ芝居になる
松丸家は、役者が揃っとるなあ
ということで、私は帰路についたのであった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
スポンサーサイト



CIMG1694 - コピー

ミニ遠征最終日の6月17日
この日、四国健康村はリニューアルオープン日とのことだった
以前、1800円~1900円してた入館料が、今後が1300円になるのだそうだ
この日は、オープン記念価格の1000円だったこともあり、人が無茶苦茶多く、昼の部だけでダブルの大入りと言ってたので、確か四国健康村の大入り基準は、200人で大入り、以降は100人ごとにダブル、トリプルだったと思うので、300人以上は入ってたと思われる
劇場に入りきれないので、テーブルの一部は撤去されていた
リニューアルで目についたのは、露天風呂が改装されてきれいになり、壺湯ができ、休憩椅子が充実されていた
名物の薬草湯は水深が浅くなっててこれは前の方がよかったか
二つあったサウナは一つになって、炭酸の湯ができていたな
館内は、喫煙所の位置が替わり、シアターが廃止され休憩室になっていた
主に目についたのは、そんなところでござんす
どうも、営業しながら改装工事を続け、最期の数日間は閉館して一気に仕上げた模様
値段が1300円に下がったのは、以前料金に含んでいた揃いのムームーやバスタオル、ひげそりなどがオプションとなったこと
これはええことやないかなあ、ムームーなど着ない、というより風呂さえ入らず観劇して帰る人もいたくらいやから
以前のサービスがいいって人は、500円くらい払えば、ムームーなど貸してくれるし
客が自分で選択できるってのはええ
しかし、1300円ちゅうのは、ずいぶん安くなった印象がある、料金が三分の二に下がったわけやから
客数で苦戦してた感のある城山温泉は、今後ますます厳しくなるんやないかなあ
まあ、わしが心配することやない、大きなお世話なんやけどな

前置きが長くなったが、劇団花吹雪
わしは以前二回だけ観劇したことがあるが、伍代孝雄をゲストに迎えた「清次30両の命」、「男の花道」両方ともええ芝居やった
花吹雪は、全国に10~20くらいあるトップクラスの人気劇団の一つやと思うが、人気と実力を兼ね備えた劇団やと思うとる
現在は、春之丞と三代目京之助の二枚看板だが、こないだまで座長だったそれぞれの親が健在
芝居ではしっかり脇を固めるので、いい芝居になる印象だ
花吹雪は、三世代に渡り、非常にうまく世代交代ができた劇団で、若手の役者も多いのも、人気の一つなのだろう
それでは、今回の芝居はどうだったのか

第一部 芸題 赤い夕陽の三度笠

<あらすじ>
賭場のいざこざで、悪い一家は勘太郎(愛之介)を狙うが、かなわない
そこで代貸(京誉責任者)は、旅人の伊太郎(京之介座長)を雇い、勘太郎と対峙させる
伊太郎は勘太郎と斬り結び、右腕を斬り落とした
悪い一家は命を取れと伊太郎に言うが、伊太郎は右腕を斬ったのだからこれで十分だ、と体を張ってとめた
右腕を無くした勘太郎は、悪い一家の追手を逃れるため、女房のゆきと共に木曽にあるゆきの実家へ逃げ延びる
そこへ、おっ母、けえったぜと伊太郎が現れる
なんと、伊太郎はゆきの弟だった
ゆきは幼いころ行方知れずとなっており、互いに顔を知らなかったのだ
つまり、伊太郎は姉の夫である勘太郎の腕を斬りおとしたのであった
腕を斬り落とされた恨みから睨む勘太郎、バツの悪い伊太郎
そこへ、悪い一家が勘太郎を追ってやってくる・・・

茶店主人(桜春之丞座長)
悪い一家三下(寿美英二責任者)

<感想>
一幕三場、約50分の芝居
これは半次郎囃子やな、あるいは非常に似た設定の芝居
半次郎はお返しに義理の兄に右腕を斬られるが、それは今回の芝居にはない
これも、大衆演劇らしい小作品
この日は、三代目桜京之介の座長公演
桜春之丞は、特殊メイクをした三枚目役で、出演時間も短かった
それにしても、客が多かった
あまり多すぎると、芝居に集中できにくくつかれる、足も伸ばせないし
まあ、なかなかの芝居やった A級Ⅰ


CIMG1707 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 伊太郎の母親を演じた女優 氏名不詳
観劇の御礼など

CIMG1691 - コピー CIMG1693 - コピー

CIMG1728 - コピー
CIMG1702 - コピー

CIMG1695 - コピー
CIMG1696 - コピー
CIMG1697 - コピー

CIMG1701 - コピー
劇団名を冠した花吹雪御膳 食べたわけではない


CIMG1700 - コピー
CIMG1706 - コピー
観劇前に喰らったのが、こちらのリニューアル記念御膳
なかなか美味でしたな
風呂を先に入ったので、ビールが旨かった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす