元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
一ヶ月間というのは実に早いもので、この日は千穐楽
久しぶりに千穐楽日が休みだったわっしは、松山劇場にも奥道後劇場にも行けたのだが、芝居が良かった劇団美川を選択したのは当然だったのである

第一部 夢芝居 通し狂言 佐渡の夜嵐はフーテンの熊さん

<あらすじ>
侍医師の息子の時岡光之丞こと時(美川慶二座長)は、好きになった芸者がいて、身請けする金を稼ごうと佐渡の金山に人足として入ったが、慣れない力仕事で体を壊していた
同じ人足仲間で海鮮問屋の息子の熊(美川麗士総大将レジェンド)も、惚れた芸者を身請けしたいがため佐渡の金山に入っており、同じ境遇の2人はうち解ける
熊は、いかさま博打で小頭(歌留多)をかもにして、人足に支払う公金までせしめる
頭に血がのぼった小頭が猟銃をぶっ放すと、間違えて時の弟の一馬(美川宇宙)を撃ち殺してしまう
時さん、お前さんの弟が死んだのは俺の博打が原因だ、と責任を感じた熊は詫びて、小頭からせしめた金を全て時に渡し、この金で惚れた芸者と一緒になりな、と佐渡金山から足抜けさせた
それから3年、町に帰った時は、惚れた芸者お蔦(美川竜)と所帯を持ち、赤子も生まれた
そこへ、熊が、お蔦の家はここかいと訪ねてくる
なんと熊が死ぬほど惚れた芸者も、お蔦だったのだ・・・

松吉(吹雪舞)
ポン太(美川麗)

<感想>
一幕二場、約1時間40分の通し狂言
この芝居は、一度だけ他劇団で拝見したことがある人情喜劇
劇団美川の本作は、千秋楽だったのでお賑やかにという配慮なのだろう、アドリブ満載で笑いの要素が強かった
わっし的には、好みの芝居、好みの演出ではなかったものの、劇団美川の意図するところは理解してる
なかなかの芝居 A級Ⅰ 平幕

CIMG5875 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 美川慶二座長と歌留多
一ヶ月公演の感謝、来月公演の宝海劇団の案内など、いい口上でしたなあ

CIMG5874 - コピー

CIMG5876 - コピー
来月の松山劇場は、奥道後劇場でお馴染の宝海劇団
わっし的には、ちょいと芝居が弱い印象の劇団だが、設備の整った松劇でどんな芝居を展開するだろう
3月初めの芸題が発表されていたのは、ありがたい

おまけ画像
CIMG5907 - コピー
観劇後に喰らった、ざる蕎麦とミニ天丼のセット990円+そば大盛50円
この日は、少し温かったこともあってか蕎麦が食べたくなり、久しぶりにそば吉に行った
ざる蕎麦が恋しい季節が、あとすこしでやってくる


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
きつき衆楽観について
CIMG5348 - コピー
CIMG5349 - コピー
きつき衆楽観は、杵築市役所の御近所に位置する
杵築市は、小さな城下町で、その風情を大切に保存して観光の目玉としている
愛媛県でいえば、内子の白壁や、大洲のあさもやに似た風情
そういう古いものを大事にしており、城や侍屋敷を回るミニツアーなども行われており、きつき衆楽観がコースに入っている
町おこしの一角を大衆演劇の劇場が担っているというわけだ
それゆえに、市役所の駐車場に芝居を観に来た観客は駐車できる

きつき衆楽観は、開場9年だそうだが、建物は風情がある
元は米屋か酒蔵だった建物を改装したそうだ

CIMG5352 - コピー
CIMG5351 - コピー
CIMG5353 - コピー

劇場は、横幅が狭く、縦に長い構造
愛媛なら、奥道後劇場を全体にコンパクトにしたイメージをすれば良い
客席前方は座布団を敷いた桟敷席で、中段から後ろが椅子席となっている
勾配はついてないので、後方の椅子席だと舞台が非常に見にくい

劇場の二階は一般人向けの食堂となっており、近所にも地元の名物料理を扱った食堂や居酒屋などから、創作料理の洋食屋までけっこうある
私が宿泊したビジネスホテルいな里は、劇場から徒歩で1キロくらい
古い設備であまりお勧めはしないが、宿で寝るだけなら加不足は無い
ちなみに一泊素泊まりで6000円、朝食は550円プラスだ
温泉県の大分なので、ビジネスホテルの客室ユニットバスにも温泉が引かれてある
8階には展望風呂があり、宿泊者は利用できる

観光地なので、2~3日滞在しても見る場所はある
愛媛から行くことを考えると、船ということになる
八幡浜港から別府港へ行き、バスや電車の公共機関で劇場に行けるが、本数は少ないので注意
私の場合は、フェリーに自家用車を積んで行った
きつき衆楽観の夜の部を観て、別府港に行くバスがなかったからだ
フェリー代は高かったが、車で好きなところに行けるので重宝した

きつき衆楽観は、平日は昼の部のみ
土日祝祭日に限り夜の部がある
この夜の部は、基本的に芝居替えをするので、二日間の短い遠征でも、4芝居を観劇できとてもありがたかった
花道は短いが、客席中央の通路を花道替わりに役者が疾走するのは迫力があった

CIMG5360 - コピー
入場料は1700円で、前売り券は1400円
きつき衆楽観には、観光客向けの土産物も売っている

CIMG5346 - コピー


きつき衆楽観の隣の居酒屋
CIMG5742 - コピー
CIMG5743 - コピー
ここで、親子丼を喰らった
時間がなかったので、手短に食べたかったのであまり期待はしてなかったのだが、
熱々の丼はけっこううまかったなあ、外は粉雪が舞う寒さだったし
ミニうどんがついて600円とは、リーズナブルと言えるだろう


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす