元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
この日の客席はざっと見50~60人といったところだったが、公演開始後に入ってきた人も多かったから増えたのだろう
大入りが出た

第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

CIMG5877 - コピー
花のトップステージは群舞踊 任侠吉良港

CIMG5878 - コピー
CIMG5879 - コピー
CIMG5882 - コピー
CIMG5886 - コピー
CIMG5888 - コピー

CIMG5889 - コピー
CIMG5890 - コピー
相舞踊の最期に、中学一年生の美川麗が歌留多に抱きつく場面があった
美川麗の泣きだしそうな表情をわっしは見て、歌留多という役者がどれだけ劇団美川に愛されていたかを知った

CIMG5892 - コピー
CIMG5893 - コピー
CIMG5895 - コピー
CIMG5897 - コピー

ラストショウ 祭りの神
CIMG5900 - コピー
CIMG5901 - コピー
CIMG5903 - コピー
芝居と同じく、フィナーレもお賑やかに、という曲でしたな
なかなか良いラストショウ

一ヶ月公演最期の口上挨拶
CIMG5906 - コピー
CIMG5905 - コピー
一ヶ月公演の御礼、麗士ジュニアの5歳の誕生日、そして歌留多の退団発表

役者歌留多は、劇団美川で約10年修行したそうだ
ベテランらしく芝居も上手で座長の敵役や相棒をつとめてたし、劇団美川の笑いを一手に引き受けており、前説では弁舌さわやかな楽しいトークで観客をときほぐす役割も担っていた
歌留多は、確実に劇団美川を支える柱の一本だったと思う
口上挨拶では、座員ひとりひとりが歌留多に対して送る言葉を語り、麗士総大将レジェンドは海援隊の贈る言葉の曲を贈った
涙ぐんだり言葉につまったりする座員さんが多く、見ているわっしも、もらい泣きしそうになった
10年というが、一般社会の会社員の同僚の10年と異なり、大衆演劇では同じ釜の飯を食い同じ場所で寝起きするので密度が濃いのだろうなきっと
楽しいことばかりあったわけではなかったろうが、苦楽を共にし寝食をともにするので家族的な結びつきになるというか、絆が生まれるのだろう
まあ、憎まれ口のトークもあったが、それは歌留多に対する愛情あふれる表現だった
この口上が聞けただけでも、この日観劇にいった価値があった
大衆演劇には、感激がたくさんあるからやめられない

歌留多は役者を辞めるわけではないそうだ
わっしは、同魂会系ではなく紀伊国屋一門のとある劇団に移籍すると詳しい方から聞いたが、頑張ってほしいね
松山に縁のある役者歌留多は、新たなる次のステップに進んだのである
がんばれええええええええええーーーーー!!


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす