元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
この日は5月12日、「大吾祭り」と称する特別興行だった

第一部 芸題 お糸新吉

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
お店の奉公人の新吉(みやま大吾花形)は顔に醜い火傷の痕があり、周囲の人間から「化け物七分」と呼ばれ疎まれていた
新吉に優しく接してくれるのは、同僚の政吉(みやま昇太座長)だけ
新吉がこんな大火傷を負ったのは、数年前の大火でお糸お嬢さん(昇雅)を命がけで助けたゆえだった
お店の主人(みやま春風頭取)は新吉に感謝し、将来は娘と一緒にさせると約束してくれており、それだけが希望だった
ところがお糸は今では感謝を忘れ新吉を蔑み「化け物」呼ばわりする始末
そして、大店の若旦那と一緒になりたいという
主人も邪魔になった新吉を追い出そうとする
そこへ遠い故郷から新吉の母(昇あすか)が訪れる・・・

<感想>
一幕二景、約1時間10分くらいあったと思う
救いの無い超悲劇で、最期の新吉の立ち回りは血糊をつかった演出だった
こういう悲劇は私好みなので、観に行けて良かった
大吾花形は17歳といったか、このくらいの年齢の役者は1年半ほどで随分芝居が上達するものだなあ
感心した
なかなか良い芝居だった S級Ⅲ 小結


DSC00180 - コピー
口上挨拶 みやま昇太座長
今後の芝居紹介、前売り券販売、劇団グッズ紹介など


口上と同時並行で、大吾花形のすっぴんからの化粧が舞台でかけられた
DSC00181 - コピー DSC00184 - コピー
DSC00185 - コピー DSC00189 - コピー
DSC00191 - コピー DSC00193 - コピー
完成
みごとなり

DSC00195 - コピー
DSC00194 - コピー

以下、奥道後劇場HPより転載
16日(火) 休演日
17日(水) お芝居 黒い子/ショウ 大江戸喧嘩華 ★座長 太一祭り!
18日(木) お芝居 口無し情話/ショウ まぶたの母 ■ 名物カレーの日
          夜の部ラスト
19日(金) お芝居 幻忠治/ショウ 安宅の松風 ■お楽しみ抽選会
          夜の部ラスト まつり
20日(土) お芝居 素浪人まかり通る/ショウ 昼夜とも 女形大会
21日(日) お芝居 浪花盃/ショウ コミック旅鴉
          夜の部ラスト 酔歌

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす