元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
第二部 芸題 花の兄弟

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
駕籠かきの亀蔵(澤村心座長)とお鶴(澤村かな)の夫婦は、借金で首が回らない
ある日、町で大家夫婦(澤村京弥、北条真緒)と別々に出くわし、それぞれためてた家賃の催促を受ける
困った亀蔵は、お鶴が死んだと言い、お鶴は亀蔵が死んだと言ってごまかすと、大家夫婦はそれぞれ香典替わりに5両の金を長屋に持ってきてくれるという
合計10両にもなると喜ぶ2人だったが、大家夫婦は暮れ六つに一緒にやってきたので嘘がばれてしまう
米屋と油屋の借金取り(澤村拓馬、澤村みさと)もやって来て、払え払えの催促
もう夜逃げするしかないなあと準備していると、亀蔵の弟音松(澤村かずま座長)がみすぼらしい姿で訪ねてくる
亀蔵は、どんなつらしてきやがった、と怒る
音松は村人から預かったたのもしの金を持って逃げ、そのため亀蔵は田畑を手放し村八分にされ生まれ育った村を出たのだった
音松は詫びを入れるのだが・・・

<感想>
一幕三場 約1時間15分の芝居
人情喜劇ですな、あとの口上によれば、生きたり死んだりと浜の兄弟をくっつけた芝居だそうだ
落語界では、二つの話をくっつけることは禁じ手で忌み嫌われるが、大衆演劇では左に非ずで時おりみかける
ま、一粒で二度美味しい的に歓迎される
コメディーリリーフを演じた澤村かな、この女優の破壊力ある演技がおもろかったなあ
あまりわっしは笑わないんやが、ぶっとんだ演技に笑ってしまった
人情劇ではあの悲壮感ただよう甲高いセリフ回しで一気にボルテージをあげるし、若いけど凄い役者さんやなあ
春陽座はわっしの苦手な喜劇でも、人情喜劇に調理して見せてくれるので、ええなあ
人情劇の部分で、涙を拭いてる観客もおったくらいや
なかなか良い芝居やった S級Ⅲ 小結

DSC02536 - コピー
芝居終演後の口上挨拶は、澤村かずま座長
一ヶ月公演の感謝、前半少なかった客席が後半多くなり千秋楽ではこんなにも来ていただいた
次月からの公演予定、また帰ってきます!!とのこと

DSC02527 - コピー DSC02528 - コピー

DSC02563 - コピー
こちらは観劇後に喰らったゆう源の日替わり定食600円
しょうが焼きが旨かった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
一ヶ月の過ぎるのは早いもので、千秋楽となった
客席はよーく埋まり、大入り2枚出たので120人くらい入ったということだ

第一部 顔見世ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

DSC02530 - コピー
DSC02531 - コピー
オープニングは、心座長中心に群舞踊 新門辰五郎
立ち回りもあり、こういう演目はええですなあ

DSC02532 - コピー
かずま座長

DSC02533 - コピー
心座長

DSC02534 - コピー
澤村拓馬

顔見世ラスト 銀座のトンビ
DSC02535 - コピー
二枚看板の両座長

5本約20分の顔見世ショウ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
DSC00343 - コピー

しばらく喰らってなかったし、高かったけどウナギをスーパーで買う
一尾二千円くらいしたが、うまかったなあ、宮崎産
たっぷりウナギを載せて、喰らったうな丼
ビールもすすんだ
たまの贅沢

食べ進みちょいと飽きた頃に、ウナギをハサミで刻んでひつまぶし風の混ぜご飯に
これもなかなかうまかった
一度本場のひつまぶしは、喰らってみたい

DSC00342 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
真夏のエロの夢が終わり、入替なしでストリップ公演が始まる
80人くらいいた客の一部は帰ったが、入れ替わりに入ってきた人もいたので、やはり70~80人くらいはいた
2割くらいは女性客、狭い小屋なので立見も大勢
地元客、遠征客、温泉の観光客、酔客とさしずめ独立混成中隊といった風情
旧日本陸軍の軍服を着たコスプレの客がおり、目を引いたがあとで理由が判明した
真夏のエロの夢の時客席にいた姫野紗雪、葵マコ、牧瀬茜は楽屋へ移動し、今度は逆に真夏のエロの夢に出演してた中ムラサトコ、タカダアキコといった面々が客席で舞台を見守る陣容となった
今回出演の、牧瀬茜、葵マコ、姫野紗雪は道後ミュージックではお馴染みのベテランといったところですな

1.姫野紗雪嬢
演目名「宿」 
甚平のような衣装を着た姫野紗雪嬢が、鍋で料理を作っている
鍋を客に喰わせ半裸となり性交したのち殺し、死体を調理し鍋にする
翌日、また新しい客が来て、にやりと笑う
一人芝居のループ物、全編セリフあり

2.葵マコ嬢
CL0SAfjUAAEvblb - コピー
※ネットで拾った画像
演目名「ほたる」 
時代は太平洋戦争時、軍歌露営の歌 (♪勝ってくるぞと 勇ましく 誓って故郷(くに)を 出たからは)が流れる
白いシャツにもんぺ姿の葵マコ嬢が登場し、夫の出征を見守る
月日が流れ出征した夫を思い妻はオナニーをする
そして夫の死亡通知が届く・・・
セリフが無かったので正確には分からないが、おそらくこういう内容

客席に旧日本陸軍の曹長の階級章をつけた軍服を着た人がいたが、理由が分かった
おそらく葵マコ嬢のおっかけで、演目を知ってのコスプレなのだろう、つまり広島カープファンが赤いユニフォームを着て応援するようなもの
リボンさんが一人ついていた、こちらもおそらく遠征だと思われる
こういうコアで献身的なファンに支えられている

3.牧瀬茜嬢
clc7_6060 - コピー
※ネットで拾った画像
演目名「雪女」 
雪女(牧瀬茜)が木こりのおの吉に、「命を助けてやるがこのことを誰かに喋ったら殺す」、と言って去る
数日後、雨の日に、おの吉の家に、美しい女お雪があらわれおの吉と夫婦になる
やがて子供も生まれ幸せな日々を送っていたが、ある日おの吉は昔雪女に会った話をお雪にしてしまう・・・
全編セリフ入りで牧瀬茜嬢は白い衣装の雪女と赤い衣装のお雪を演じ分けていた
牧瀬茜嬢は何年か前にストリップを引退したと思うが、商業演劇に出たりと様々な活動を行っている
上記のネットで拾った画像も、その一環と思われる


私にとって久々のストリップ観賞であり、怪談ストリップも久々だったが、以前よりかなり徹底されてた印象だ
踊りがなくセリフ入りというのは、まあ一人芝居みたいなもので、HPを見ると演目も一人で2~3つ用意されている
踊り子本人が考えるのか、誰か台本を作る人がいるのかは不明だが、趣向を凝らしていたのは間違いない

人により好みは別れるところだが、8月だけのことだし怪談ストリップは今後も続けて欲しいですな
なかなか興味深い公演で、人も多くけっこう疲れたが観に行って良かったと思う



怪談ストリップ第3弾/8月20日から27日まで開催
怪談ストリップ最終週!お見逃しなく
姫野紗雪/葵マコ/牧瀬茜

姫野紗雪/演目 乙女の祈り/踏切/宿/愛してる
葵マコ/演目 ほたる/ゆうやくん/かずら
牧瀬茜/演目 ゆきおんな/牡丹灯籠

※ニュー道後ミュージックHPより転載



DSC02469 - コピー
9月2日に二代目快楽亭ブラックが出演とのこと
うーむ、昔何度か拝聴したことがあるが、江戸落語ならぬエロ落語で非常に破壊力のある噺家だ
毒演会というから落語を披露ということだろう、これは注目だな

DFfs-0tUwAAp7x0 - コピー
9月3日には、名画座シネマルナティックに出演とのこと
映画にも詳しい師匠だから、毒演会といいつつも座布団に座って映画評論の公演ということなのかもしれない


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
久しぶりにストリップ記事
いつ以来になるんだろう、覚えてないくらい実に久しぶりにストリップ劇場に行った
今回の主眼は、コラボストリップ
コラボとはコラボレーションの略なので、ストリップと何かを融合した舞台ということになる
真夏のエロの夢に登場するのは4人、全員ストリップの踊り子ではないし全裸にもならないので、
どこがストリップとコラボしてるんだろう、という疑問は残るがまあそんな突っ込みは野暮というものだろう
この4人の舞台は、3年前に拝見したことがある
松山のような田舎町ではなかなか見られないエキゾチックな踊りが拝見できるのが魅力
前回の経験から込むことが予想され早めに行ったが、すでに小屋の扉まで立ち見客で一杯、中に入らないとどうにもならないので、人をかきわけ奥に行く
舞台下手の客席に、幸い一人分だけ椅子席があいていてそこに座れたのは幸いだった
やっぱ立見はしんどいし、長時間になれば足が痛くなって舞台を観る集中力が維持できないからね
客席をざっと見ると観客は80人くらい、立見客は30人くらいかもっといた
3割ほどは女性客と女性の比率が高かったところに特徴があった
ストリップの踊り子、姫野紗雪、葵マコ、牧瀬茜も客席に陣取り舞台を観ていた
以下、覚書

まず最初に、
1.中ムラサトコ(ボイスパフォーマー、太鼓、足踏みオルガンなど)による歌唱
o0638042513856961511.jpg
※ネットで拾った画像
この人は松山在住の音楽家、私が観たのは5回目くらいだがメガネをかけてなかったので最初誰だか分からなかった
ループの機械を使った歌唱で開幕
他の出演者のBGMも担当
何曲か歌ったが、即興で唄を作り観客にプレゼントしたのが印象に残った
相変わらずいい声でしたな

2.タカダアキコ(ベリーダンス、エキゾチックダンス)
g_takada - コピー
※ネットで拾った画像
1本目はアラビアンな扮装で登場し、蛮刀をアゴや頭に載せた状態でオリエンタルなダンスを披露
こんな感じ
t02200293_0548073010823898191 - コピー t02200293_0548073010823919572 - コピー
※ネットで拾った画像

2本目は、エアリアルショウ
二本のカーテンのようなものに手足を絡めて上り、360°の自由を得て極めのポーズをとる
SMショウの吊りはMを拘束し不自由にするが、エアリアルでは踊り子はより自由を得る
劇団天華の澤村千夜座長も習って舞台で披露したと昔の雑誌で読んだ記憶がある
エアリアルはこんな感じ
t02200330_0800119911363769478 - コピー
※ネットで拾った画像

3.Safi(バーレスクダンス)
Safi - コピー
※ネットで拾った画像
むっちりムハムハな肢体で腰を振る、決して局部は出さないセクシーなダンス
アメリカで人気のダンスらしい
極めは、バストトップにつけた房みたいなのを、くるくると回すところ

4.ラブリー恩田(コント)
onda.jpg
※ネットで拾った画像
ひとりコントの芸人さんですな
1本目は、重力を紹介する女で、寝ころんだまだ登場し寝ころんだまあコントし寝ころんだまま退場する
2本目は、かつてフラフープを極めた女が、世界を転々としたのちフラフープを使い安来節を踊る
ともに不条理なコント
3年前の公演もこの二本の演目だったので、残念だった
ラブリー恩田のブログを見ると、松山から東に上っていくそうで、今月末には大阪繁盛亭に出演予定とのこと

DHp1LttUMAAnYug - コピー

DSC02442 - コピー
ニュー道後ミュージックの便所に貼っていた地図
ストリップ劇場の閉館が続いている、広島も閉館するみたいなことを聞いたことがある
ストリップ界は、かなり厳しい状況のようだ
古くからある大衆芸能のひとつ
天照大御神がおかくれになり、天岩戸の前で天鈿女命が舞った踊りがストリップの始まりで、ストリップこそが日本最古の芸能だという小噺なぞもある
決してメインカルチャーにはならないが、なんとかならないものか
国家の保護なぞ絶対に望めないが、道後ミュージックさんは頑張ってますな


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
この日は良く入ってて100人を超えていたのでは
団体客が多かったので、芝居中ややざわついていたが
大入りは24日までで58枚くらいと、予想より伸びてない

第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)
DSC02373 - コピー
花のトップステージは、群舞踊
ストーリー性がある演目で、こういうの好きだ

DSC02376 - コピー
DSC02375 - コピー
DSC02377 - コピー
DSC02379 - コピー
DSC02380 - コピー
DSC02383 - コピー
DSC02384 - コピー
DSC02386 - コピー
DSC02388 - コピー
DSC02389 - コピー
DSC02390 - コピー
DSC02393 - コピー
DSC02394 - コピー
DSC02397 - コピー
DSC02398 - コピー

ラストショウ 兄弟仁義
DSC02399 - コピー
DSC02400 - コピー
エレクトリックな兄弟仁義
北島三郎の声に聞こえたが、こういうバージョンもあるのかな
なかなか良いラストショウ

おまけ舞踊
DSC02403 - コピー
DSC02402 - コピー
おまけ舞踊は今まで無条件だったが、この日は違う曲やった
この子役、上手に踊ってたな、なんとも可愛らしい

DSC02404 - コピー
大入りでもろうた、ありがとうござんす


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第一部 外題 郭のたて引き

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
浪々の身の坪井金五郎(美月姫之助座長)の元へ、大場大学の使いで今村(藤優馬)が訪れる
先日の非礼をわび、大場の誕生祝いを料亭で行うので来てほしい
坪井は快く引き受けるが、実は坪井に恥をかかせようという大場(初代藤ひろし)の策略だった
出席の返事をもらってから、立派な刀と着物、金10両、同伴者に芸者の歌奴(美月こと)が必要と無理やり坪井に約束させ退去する
浪々の身で質素な生活を強いられている坪井が困っていると、下郎の市助(光明亮太郎)が帰ってくる
訳を話すと有能な市助は、
こんなこともあろうかと、刀着物はすでに質から出してます、また切り詰めて貯めた金10両がここにありますと坪井に差し出す
坪井大いに感激するが、まだ芸者の歌奴の同伴の問題がある
市助は、
噂に聞いたことがありますが、売れっ子芸者で、よほど馴染みの客でないと座敷に出ないそうです
快い返事がもらえるかわかりませんが、とにかく私が直接会って事情を話し、お願いしてきます
果たして、市助は歌奴を説得できるのか、料亭の座敷で坪井金五郎は大場に恥をかかずにすむのだろうか・・・

幡随院(藤仙太郎座長)
板前(藤咲こけし)

<感想>
一幕二景、約55分の芝居
男のたてびき、坪井金五郎の外題で演じられることの多い、勧善懲悪の痛快娯楽時代劇ですなあ
坪井が親の仇を討つのでカタルシスもある
今回の郭のたて引きは、ひとつ残念なことがあり、それは2景目が省略されていたことだ
まあ、1時間に納めねばならないためなのだというのは理解せねばならんのやけど
芸者の歌奴がなぜ坪井のために座敷にあらわれたのか、が描かれてないので、やっぱ唐突な感じになってしまう
また、下郎の市助の忠実さと有能さを表す見せ場ともなる景でもあるので
2景目があれば、S級の芝居だけに残念だけど、これは仕方ない
なかなかの芝居 A級Ⅰ 前頭

DSC02372 - コピー
口上挨拶 藤仙太郎座長
前売り券販売、劇団グッズ紹介など

DSC02346 - コピー

DSC02370 - コピー
観劇前に喰らった田舎家のかけそば518円
観劇前は、軽い食事がええですな


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
先日見つけた変なチラシが気になり、行ってみた
奥道後劇場の休演日に行われたものだった
実はそんなに期待せず行ったのだが、バラエティーに富んだショウでけっこう楽しめた


DSC02278 - コピー
司会を兼ねた、吉本興業の愛媛住みます芸人、ひめころん

DSC02279 - コピー
風月光志の舞踊は4本くらいあった

DSC02280 - コピー
琉斗&ワッキー

DSC02283 - コピー
DSC02284 - コピー
DSC02285 - コピー
社交ダンスを生で観たのは初めてだが、かなり見栄えがしたな
初心者講座もあった

DSC02286 - コピー
風月光志

DSC02287 - コピー
DSC02288 - コピー
ワッキー

DSC02289 - コピー
風月光志

ここから漫才二席
DSC02290 - コピー
松山大学落語研究会の漫才

DSC02291 - コピー
ひめころんの漫才

ここから愛媛プロレス
DSC02292 - コピー
左からサバイバー山下、ライジングHAYATO、キューティーエリー代表

DSC02297 - コピー
DSC02298 - コピー
DSC02301 - コピー
DSC02302 - コピー
舞台の上で、ブレンバスターまで行ったぞな
狭い通路でのドロップキックなど、目の前で行うので迫力があったな

DSC02304 - コピー
腕立て伏せ対決など

DSC02307 - コピー
風月光志

DSC02309 - コピー
DSC02311 - コピー
蘭丸&ワッキー
蘭丸さんが、竜宮城のオーナーらしい

DSC02313 - コピー
風月光志

DSC02314 - コピー
DSC02315 - コピー
琉斗
確か2歳くらいだったと思うが、ちゃんときっぱるので、観客は大喜び

ラストショウ バブル
DSC02318 - コピー
DSC02319 - コピー
総踊り


入場料千円、2時間を超える興行だったがなかなかおもろかった
観客は60人くらいだったので、経費も出ないくらいだと思うが、またやって欲しいね
単発の興行なので入場料は2~3倍にせな成り立たないだろう
観客数人から感想を聞けたが、総じて好評だった

DSC02250 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

DSC02214 - コピー
DSC02215 - コピー
花のトップステージは群舞踊

DSC02216 - コピー
DSC02218 - コピー
DSC02219 - コピー
DSC02220 - コピー
DSC02223 - コピー
DSC02224 - コピー
DSC02226 - コピー
DSC02227 - コピー
DSC02230 - コピー
DSC02231 - コピー

ラストショウ 御利益
DSC02235 - コピー
DSC02238 - コピー
DSC02242 - コピー
DSC02244 - コピー
二曲渡るラストショウ
最期にひとひねりあります
なかなか良いラストショウ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
澤村新吾責任者がたてたというオリジナル芝居
前回観落としていたわっしは、是非観てみたい一作だったのである

第一部 特選通し狂言 芸題 京の友禅

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
友禅の父(澤村京弥)はライ病にかかり醜い容姿となり、女房には逃げられ村人からも冷たくされ村にいられなくなり、幼き友禅(澤村煌馬子役)を連れて巡礼の旅をしていた
ある冬の晩、病が進み力尽きた父は、扇子商・堺屋の主人(澤村新吾責任者)に友禅を託す
堺屋の主人が、あんたの子供はワシが立派な扇面絵師に育てましょう、と引き受けると、父は安心し絶命した
父の死に幼い友禅は泣いたが、その後一生懸命に働いた
傍らにはいつも友禅を励ます、幸お嬢さん(澤村姫々子役)の姿があった
父の死から20年
懸命に修行し成長した友禅(澤村かずま座長)は、扇面絵師となっていた
ある日、堺屋主人は奉公人を一堂に集め、最近売り上げが落ちている何かええ案はないやろか、と問う
侃々諤々、兄弟子たちからいろんな意見が出るがいまひとつ、そんな中友禅が、
扇子に書いている絵を着物に書いて売り出したらどうでしょう、と提案する
堺屋主人は、それはおもろいええ案やなあ、と大いに喜ぶが、呉服屋と争いになるから難しいという
友禅は、それならわしは店を出て技法を完成させます、と言う
堺屋主人は友禅に、完成したら友禅染と名付けて売り出そう頑張ってみい、と送り出してくれた
友禅を好きな幸お嬢さん(澤村かな)も、友禅を追って店を出た
2人は苦労するが、そこには困難な道が待っていた

<感想>
二幕七場 約2時間の大作の芝居
友禅染を作った宮崎友禅の執念の物語
なんというんやろう、驚くほどええ芝居やったなあ
プロレスラブさんが、コメントで絶賛されるのが良く分かった
芝居をたてたという、澤村新吾太夫元、この人はただもんやないで
芝居の終盤、主役を演じた澤村かずま座長と澤村かなは、悲しい別れをすることになるんやが、2人とも甲乙つけがたいええ芝居を演じる
春陽座得意の、しつこい演出がええな
手紙を読むナレーションなども駆使してされていた
ああ、ええ芝居やった
醜い友禅の父を演じた京弥、番頭となる心座長、みんながみんな自分の役割をきっちり演じるので、ええ芝居になるんやねえ
春陽座はええ役者がソロっとるで
子役も最強でござんす
この日もかなり良い芝居やったねえ S級Ⅱ 関脇

DSC02212 - コピー
DSC02213 - コピー
芝居終演後の口上挨拶は、澤村心座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など

DSC02210 - コピー
DSC02328 - コピー - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
DSC02277 - コピー
※画像は、チョコレートデリンジャー予告編最新作 松本さゆきの若いころの画像

久々にジャスティス映画学園松山に行けた
ここんとこなかなか行けなかったが、久しぶりの杉作J太郎節はなかなか興味深いものであった
短編映画上映ということで、3本を観ることができ、J太郎氏のコメントが聞けた

DSC02275 - コピー

<以下、覚書>

1.センチメンタルコリーダ・オブ・ビギニング 土屋大樹初監督作品 30~40分間
滋賀県あたりから松山まで杉作J太郎氏と土屋監督が車で移動してくる様子をドキュメントした作品
杉作氏は東京と松山を行ったり来たりされているので、その様子が分かり個人的には興味深かった

2.恐怖の館 杉作J太郎監督作 約13分間
杉作J太郎氏の自宅での一人語りで、例によって話があちこちに飛ぶが妙な迫力はあった

3.チョコレートデリンジャー予告編最新作
編集され音楽なども変えていた

他は杉作J太郎氏のトークで、下記の通り
大河ドラマおんな城主直虎の主演女優の問題
川俣軍司をモデルにした大地康雄主演ドラマのインパクト
南海放送制作の昔のドラマぼっちゃんのインパクト、新しいぼっちゃんにJ太郎氏出演の報告
ガロの頃のAV好きの先輩漫画作家が、AV監督になった話
映画「この世界の片隅に」、の衝撃(私も以前観たが、あとをひくアニメ映画だ、さすがキネマ旬報ベストテン一位)
人間椅子の小説版と映像版との違い、主演はレオナルド熊
赤井秀和の人生相談の衝撃、自分で自分を応援しよう
テキヤ、アイドル、八名信夫、川勝正幸さんのことなど、他多数

20時すぎ~23:30の約3時間、その後ティーパーティーが行われたと思われる

ゲスト無しだったのでさしずめ杉作J太郎独演会だったが、ある意味、杉作J太郎氏がもっとも力を発揮する形態だったともいえる
センチメンタルコリーダ映画祭とはなんなのか、謎は深まるばかりである・・・



☆ 8/20(日) 20:30~ ジャスティス映画学園 in 松山 
         『 センチメンタルコリーダ映画祭 前夜祭① 』 
         出演:杉作J太郎XS さん    料金:1,000円
         各種短編映画上映! ティーパーティあり!
         映画祭の上映作品ラインナップ発表もあるか!?  お楽しみに。

☆ 10/21(土)~11/3(金)  ジャスティス映画学園 in 松山 
       『 センチメンタルコリーダ映画祭 』 開催!
          
※シネマルナティックHPより転載


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
舞台で化粧をするという演目は、他劇団でもたまに観ることがあるが、とても興味深い
春陽座では、これを徹底させて化粧、トーク、着替えを1時間の舞踊ショウの間中行う
これを春陽座すっぴんからの女形大会という
2年半前の公演で一度拝見したことがあったが、是非もう一度拝見したい特別ショウであった

第三部 舞踊ショウ

DSC01993 - コピー
こんな感じで化粧が始められた

澤村心座長の化粧の場合
DSC01995 - コピー DSC02004 - コピー
DSC02006 - コピー DSC02008 - コピー
DSC02009 - コピー DSC02011 - コピー
DSC02018 - コピー DSC02021 - コピー

澤村かずま座長の化粧の場合
DSC01994 - コピー DSC01997 - コピー
DSC01999 - コピー DSC02002 - コピー
DSC02005 - コピー DSC02007 - コピー
DSC02012 - コピー DSC02016 - コピー

DSC02015 - コピー
DSC02017 - コピー
DSC02020 - コピー

ここから舞踊ショウスタート

DSC02022 - コピー
花のトップステージは両座長の舞踊 よっおみごと

DSC02025 - コピー

DSC02028 - コピー
かずま座長は、舞踊ごとに化粧をしかえるという念の入れよう

DSC02030 - コピー
DSC02033 - コピー
DSC02034 - コピー
DSC02036 - コピー
DSC02040 - コピー
DSC02042 - コピー
DSC02043 - コピー
DSC02044 - コピー
DSC02045 - コピー
DSC02050 - コピー
DSC02053 - コピー
DSC02056 - コピー

役者さんって大変だなあ、と感心しますなあ

画像はここまで、この日用事があったわっしは、16時30分ころ劇場をあとにした
ラストショウを見れないというのは、まさに後ろ髪を引かれる思いであった
後日聞いたところによると、17時くらいまであったそうで、つまり5時間に渡る大熱演だったそうだ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第二部 特選狂言 芸題 梅川忠兵衛

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
貧しい百姓(澤村新吾責任者)の子である忠兵衛(澤村煌馬子役)は、幼い頃両替商亀屋へ養子に出される
懸命に働いた忠兵衛(澤村かずま座長)は、亀屋の女主人(北条真緒)からの信頼も厚く、将来は亀屋の一人娘と夫婦となり店を継ぐことが約束されていた
忠兵衛は、ある日友人の八右衛門(澤村心座長)に誘われ花街へ行き、井筒屋の美しい遊女梅川(澤村かな)と運命的な出会いをし恋に落ちる
それまで真面目一筋だった忠兵衛は、この日から花街に通い梅川と逢瀬を重ねるようになった
そんなある日、田舎の御大尽が梅川を250両で身請けするという話があることを知る
可愛い梅川を渡してなるものか、忠兵衛はその場で50両の手つけをうち、梅川を身請けすることを約束する
梅川は大喜びし、井筒屋の女主人おえん(澤村みさと)も、互いに好きあってる者同士が一緒になった方が良いと、祝福してくれた
だが忠兵衛は、旦那と呼ばれる身なれど自分が自由にできる金などたかがしれておりうかない顔
やがて約束の日は来たが、250両もの大金は用意できなかった
とはいえ、いてもたってもいられない忠兵衛は、仕事で預かってる金を懐にしたまま井筒屋へ顔を出す
その内、八右衛門がやってきて、手付の期限は過ぎたやろ自分が梅川を身請けする、と250両を出し忠兵衛に金はないぞと悪口雑言
思いあまった忠兵衛、金ならあるわいと、大名から預ってる三百両の切餅を懐から出し見せる
この金どこから持ってきたのだと八右衛門が疑い、もみ合いとなり、とうとう封印が切れてしまう
飛脚業において、預かった金の封印を切る行為は、横領を意味し重い罪に問われる
もう止まらない忠兵衛は次々と封印を切り、その金で梅川を身請けできたものの、同時に役人から追われる身となる
その事実を梅川は知るが、ひとときも離れたくない忠兵衛様についていきます、と健気にも言う
二人は雪のちらつく中、肩を寄せ合い忠兵衛の生れ故郷の新口村へと向かうが、それは死への旅路であった・・・

<感想>
二幕七場 約2時間30分の芝居
うーーむ、この日もええ芝居やったなあ
春陽座の梅川忠兵衛は、幼い忠兵衛が養子に出されるところから丁寧に描かれているのだが、この1幕目の約一時間は正直言うとわっしにはやや退屈に感じられた
だがこれは、春陽座の計算された積み上げでしたな
2幕目の、井筒屋封印切の場、新口村父との別れの場、忠兵衛梅川最期の場、と三つの愁嘆場が怒涛の如く続き大団円
かずま忠兵衛の迫力ある演技、かな梅川の健気な悲劇性、敵役である心八右衛門の憎たらしい演技
いやあ、凄かったです
わっしは一昨年、大阪松竹座で今の雁次郎の4代目襲名公演の梅川忠兵衛を観たことがある
歌舞伎なぞめったに観たことないのやが、役者の数が多いので井筒屋の座敷の華やかさ、豪華な大道具、回り舞台、大きな花道など印象に残っている
春陽座は大衆演劇なので、あそこまで人数はいないしセットも貧弱なれど、最初のシーンから最期のシーンまで通し狂言で観ることができるし、大衆演劇らしい大げさで迫力ある演技が伝わってきた
歌舞伎には歌舞伎の良さがあると思うし、大衆演劇には大衆演劇の良さがあるのでござんす
かなり良い芝居でした S級Ⅱ 関脇

DSC02125 - コピー - コピー
DSC01946 - コピー - コピー
DSC02211 - コピー - コピー
芝居終演後の口上挨拶は、澤村かずま座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
先日銀天街を歩いていると、電柱にチラシが貼ってあった
どうやら奥道後劇場の休演日に、イベント的なものをするみたいだ

DSC02248 - コピー - コピー

一竜座の風月光志も出るんだ
愛媛プロレスの人は、プロレスをするのだろうか
うーーむ、興味深い

DSC02072 - コピー - コピー
こちらは、奥道後劇場の予定表


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
この日は、月に2回のお楽しみ松劇ふれあいロング公演
客席はよーく入ってて、100人以上いたのでは、大入りが出た
芝居は、特選狂言梅川忠兵衛
前宣伝によると、2時間30分の大ネタとのこと
わっしが今まで観た芝居の中で一番長かったのが、劇団澤村の喧嘩屋五郎兵衛の2時間10分、春陽座のやはり喧嘩屋五郎兵衛が2時間
新川劇団の梅川忠兵衛が1時間45分くらい、といったところで、2時間30分もの長い芝居は観たことが無い
果たして、春陽座の梅川忠兵衛は、どうだったのか

第一部 顔見世ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

DSC01988 - コピー
オープニングは、群舞踊
転がる石やったと思う

DSC01989 - コピー
DSC01991 - コピー

顔見世ラスト
DSC01992 - コピー
もう一本あった気もする、曲はムジョコン

4~5本、約20~25分の顔見世ショウ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

DSC01924 - コピー
花のトップステージは群舞踊
九州祭り唄やったと思う

DSC01925 - コピー
DSC01926 - コピー
DSC01927 - コピー
DSC01928 - コピー
DSC01930 - コピー
DSC01931 - コピー
DSC01933 - コピー
DSC01934 - コピー
DSC01935 - コピー
DSC01936 - コピー
DSC01937 - コピー
DSC01938 - コピー
DSC01939 - コピー

ラストショウ 花城(はなぐすく)
DSC01940 - コピー
DSC01942 - コピー
DSC01944 - コピー
沖縄音楽も、春陽座は得意としている
なかなか良いラストショウ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
この日は、顔見世ショウなしの通し狂言

第一部 特選通し狂言 芸題 八つき子

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
宗右衛門町で一、二を争う料亭の吉膳で、一生懸命修行し料理人となった亀吉(澤村心座長)と鶴やん(澤村かずま座長)
ある日、吉膳の主人(澤村新吾責任者)が、話があるからと店の主要な者を集めた
わしは北新地に店を出すのが昔からの夢やった、5年以内に店を出そうと思う
鶴、暖簾分けするから咲と一緒になって、お前ら2人で力を合わせてその店をやってみいへんか、という
鶴やんと咲(澤村かな)は、喜んで二つ返事で引き受けた
そして主人は、亀吉に女がおらんのを確認したうえで、
亀、お前には東京の会社を辞めて帰って来たわしの娘の静子と一緒になって、この店を継いで欲しい、と言う
亀吉が、わてに異存はありまへんが、静子お嬢さん(澤村みさと)の気持ちはどうなんでっか
と、尋ねると、
これはな静子の方から心優しい亀ちゃんと一緒になりたいと言ってきたんや、と主人は答える
なんや盆と正月がいっぺんにきたようや、と亀吉おおいに喜び静子お嬢さんと夫婦となった
あれから10年
亀吉は店の主人となり、静子との間には男の子(澤村煌馬子役)が生まれ、幸せな日々を送っていた
そんなある日、昔静子が働いていた会社の社長夫人から依頼を受けたと、東京から小池百合子似の弁護士(北条真緒)が訪ねてくる・・・

<感想>
一幕三場 約1時間30分の芝居
この日もええ芝居やった
口上によれば、藤山寛美の松竹新喜劇の芝居を春陽座風にアレンジしたそうだ
松竹新喜劇の芝居は大衆演劇の舞台でも、比較的見かけることがあるが、まず良かったためしがない
わっし的には、なるべく避けるようにしているくらいだ
この日行ったのは、かずま座長の芝居の宣伝が魅力的だったのと、2年半前に観た裏町の母という社会現代劇がかなり良かったから
つまり、春陽座は現代劇も良いということをわっしは知ってたからだ
春陽座の松竹新喜劇なら良い芝居かもしれない、と思い行ってみたが結果としてとても良い芝居だった
泣けるような良い芝居というが、春陽座の人情劇は本当に泣けるのである
外題の八つき子というのは、芝居の最期に分かる仕組みとなっている
この日、特に良かったのは主役を演じた心座長、二枚看板ながら地元のかずま座長をたててか、半歩下がってる控えめな印象だが、この役者は何を演じても本当に上手い
そして、澤村新吾責任者、月初不在だった新吾さんが加わると芝居に厚みが増しますな
そして、澤村煌馬子役、いい子役がいる劇団は、子別れの芝居が泣ける
澤村みさとは2年半の間にずいぶんきれいになった印象だが、芝居も上手になってるのが確認できた
そして、この日コメディーリリーフを演じた澤村かな、芝居が上手な役者さんというのは知っていたが、こんなに笑わせるのも上手とは、腹を抱えて笑ってしまった
2年半前は、澤村かな主演の不知火お藤という秀作を観ることができたが、今年もかなさん主演の芝居があったらええなあ
北条真緒主演の芝居も観たい
まあ、春陽座はみんなうまいから、ええ芝居になりますな
もはや信頼と実績の春陽座さんなのである
この日もかなり良い芝居やった 凄い S級Ⅱ 関脇

DSC01923 - コピー
芝居終演後の口上挨拶は、澤村かずま座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など

DSC01921 - コピー
DSC02125 - コピー - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
第三部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

DSC01890 - コピー
花のトップステージは群舞踊

DSC01892 - コピー
DSC01894 - コピー
DSC01896 - コピー
DSC01897 - コピー
DSC01899 - コピー

DSC01900 - コピー
DSC01901 - コピー
澤村かずま座長歌唱 曲は不詳
トークによると、歌は上手でも下手でもなく中途半端なので、あまり歌わないとのこと
ある意味貴重なものを観れたともいえますなあ
歌は舞踊ショウの中のアクセントになるし、楽しみにしてる観客も多いので、また聴きたいものですなあ
他の役者さんの歌も是非
着物に伍代瑞穂より、と書かれていたので、お付き合いが長いことが窺えますなあ

DSC01904 - コピー
DSC01905 - コピー
DSC01906 - コピー
DSC01907 - コピー
DSC01909 - コピー
DSC01911 - コピー

ラストショウ 三味線ブギ
DSC01913 - コピー
DSC01915 - コピー
DSC01917 - コピー
DSC01918 - コピー
石川さゆりのドンパン節~三味線ブギ~GOLDFINGER'99
三曲に渡った総踊り
なかなかのラストショウやった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
澤村かずま座長が作ったオリジナル芝居とのこと
正直いうと半信半疑で観に行ったんやが、これは驚くぐらいええ芝居やったでえ

第二部 芸題 海の声

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
幼いころから仲良く育った橘一馬(澤村かずま座長)と倉橋甲賀(澤村心座長)は、成長し立派な侍となった
若狭の国小浜藩では、日照り続きで死者が出るほどの大飢饉となり、百姓が飢え苦しんでいた
百姓は藩に、どうか水場の堰を開けて田に水を引かせて欲しいと訴えた
小浜藩では堰を開けることが藩命により禁止されていたが、甲賀は百姓のために堰を開ける
藩命に逆らった甲賀は追われの身となり、剣術指南となっていた一馬が捕える
甲賀が苦しむ百姓のために行ったこと、妹のさきと許嫁となっていることで、一馬は斬ることができず甲賀を逃がす
この行為を知った一馬の師(澤村新吾責任者)は、一馬の左腕を斬ったのち一馬の間違いを正し説得する
一馬は甲賀を上意討ちするため討手となることを決意し、藩を出る
あれから数年
篠原伝助一家に草鞋を脱いだ一羽の鴉、脱藩し今では二つ名の旅鴉に身を落とした甲賀であった
伝助親分(澤村京弥)から、敵対する一家の用心棒を斬ってくれと依頼を受ける
一宿一飯の恩義もあり、甲賀は用心棒の家に向かう・・・

<感想>
一幕三場 約1時間5分の芝居
澤村かずま座長が作った芝居だというが、うーーむ、ええ芝居やったなあ
子役、渡世人、侍、立ち回り、血糊など、大衆演劇の見せ場がこれでもか、というくらいに盛りこまれている
冒頭と最期に出てくる子役の演出が秀逸
春陽座らしい、愁嘆場が長いしつこい演出も健在で素晴らしく、客席の涙を誘った
いやあー、驚いた
口上によれば、海の声の曲に触発されて作ったそうで、ある方の情報によれば剣鬼もヒントになってるそうだ
これはかなり良い芝居やったねえ S級Ⅱ 関脇
自分の中で、S級Ⅱは久しぶり
澤村新吾責任者が観れたのも嬉しいですな

DSC01889 - コピー
芝居終演後の口上挨拶は、澤村心座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など

DSC01875 - コピー
DSC01876 - コピー
DSC01922 - コピー
DSC01946 - コピー - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
middle_1153892453.jpg

いやあ、愛媛代表の済美高校が三重県代表の津田学園を7対1で下し、勝ち上がった
愛媛代表が三回戦へ進んだのは、久しぶりの気がする
ブンブン振りまわすバッティングが、功を奏していますな
次も頑張れ

新日本プロレス G1 CLIMAX 27、8月13日の決勝で、内藤哲也がケニーオメガを下し優勝
私の予想では、Aリーグが内藤、Bリーグがオカダで、決勝で内藤が勝利だったので、ま半分当たったといったとこですな
うーむ、オカダが敗退するとは意外
ロスインゴ人気も上がってるし、内藤おめでとう


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす