元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
第二部 芸題 甲州三人男

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
船の渡し場で、渡世人2人(暁龍磨花形、一竜宙)が出会う
偶然にも、お互い甲州生まれで、名前が春太郎に秋太郎、というので2人は、これも何かの縁でござんす、ってんで兄弟分となり、一緒に浪花を旅することにした
茶店で酒を飲みながら船を待ってると、おせん(一竜あやめ)という若い女が現れ、うまいこと言って2人の財布を掏りどこかへ行った
茶店に金を払う時に、2人は気付いたが、あとの祭り
どうしようか、と2人が思案に暮れていると、さっきの女の腕をねじり上げた渡世人(松丸家小弁太ゲスト)が登場
こいつはおめえさんたちの財布かい、と2人の財布を取り返してくれた
ありがとうござんす、と2人が礼を言うと、この渡世人も、甲州生まれで名前を、夏又冬次郎という
おお、春夏秋冬が揃っちまったなあ、なぞと言って笑ってると、冬次郎も男の感じやすいところに隠してた財布を、おせんに掏られていた
場面変わって、船宿
船宿とは仮の姿、実はスリの首領、品川大五郎(あおい竜也座長)とその一党(一竜力、一竜かな)のアジトだった
最近へまばかりする、おせんを怒ってると、おせんは足を洗いたい、と言いだす
品川大五郎は、配下のものに押さえさせ、おせんの右手を匕首で刺した
おせんと、母(風月光志)は、あまりに酷い仕打ちに、逃げ出すのだが・・・

<感想>
一幕四場 約1時間10分の芝居
これは昨年の一竜座の公演で拝見した芝居だった、まあ配役は随分と変わってはいるが
正直わっしはあまり好きな芝居ではない
婆さん役の風月光志のふっきれた演技はおもろかったな
松丸家小弁太ゲストは、やっぱかっこええなあ
なかなかの芝居やった A級Ⅰ 前頭 

芝居終演後の口上挨拶はこの日はなくて、ショウ終演後に口上した

DSC01417 - コピー
DSC01418 - コピー

DSC01415 - コピー
これは観劇前に喰らった、そば吉のざる蕎麦特盛り680円


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
7月25日の見海堂真之介ゲストの公演は行けなかったが、7月27日の松丸家小弁太ゲストの公演を見に行くことができた
松丸家小弁太は、初代鹿島順一の血と芸を継承しているもう一つの劇団の座長である

第一部 顔見世ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

DSC01421 - コピー
オープニングは、群舞踊

DSC01422 - コピー
DSC01424 - コピー

顔見世ラスト  暁龍磨花形の面踊り
DSC01425 - コピー
これは見事やったねえ

4本約20分の顔見世ショウ
まさに顔見世程度の4本は一番良い規模ですな


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす