FC2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2018/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/04

コピー ~ middle_1153796867

大相撲春場所覚書 優勝鶴竜
今場所も外国人力士の活躍が目立った

優勝予想の検証
鶴竜、栃ノ心、逸ノ城と予想してたが、鶴竜が優勝したので的中した
鶴竜ははたき込みが多く横綱相撲という感じでは決してなかったが、場所前足を手術したり小指を含む右手の三本の指を痛めていたので、自分に今できることをやって勝ちを拾っていった
まあ結果を残して横綱の勤めを果たしたといえよう

高安は初日から2連敗したが、千秋楽に鶴竜を倒して意地を見せた
まあ、鶴竜は怪我をしないよう力を抜た感じ

注目力士の結果
1.逸ノ城 9勝6敗
終盤失速したが、それなりに活躍したと思う
廻しを取ったときは強いが、廻しを取れなかった時はもろかった
来場所から、攻め手を考えれば攻略しようもあると思う

2.栃ノ心 10勝5敗
優勝争いからは早々に脱落したが、平幕優勝に続いて三役での10勝は良かった
大関昇進は三役33勝が相場だが、先場所の横綱大関陣総当たりの優勝は値打ちがあるので、
来場所11勝程度すれば、文句なく大関昇進となるのではないだろうか

3.貴景勝 3勝8敗4休、北勝富士 6勝9敗
2人とも、上位陣に今場所も跳ねかえされた、そんな印象だが、意地も見せたと思う
力強い相撲もあったので、来場所の奮起を期待

4.阿炎 10勝5敗、竜電 8勝7敗
先場所新入幕で敢闘賞に輝いた2人が、春場所も活躍したといって良いだろう
阿炎は来場所上位陣総当たりの地位にあがるし、今場所苦労して勝ち越した竜電も存在感を示した
来場所に真価が問われる

5.十両の炎鵬 4勝11敗
十両の壁に跳ね返された、しかし勝っても負けても土俵を盛り上げた炎鵬
投げに行ってもぺちゃっと崩された
やはりパワーを強化できるが必須

6.十両の貴源治 8勝7敗、貴公俊 3勝6敗6休、隆の勝 8勝7敗
貴乃花一門の三人、貴源治、隆の勝の2人は勝ち越せたが、今場所も勝つ時の強さと負ける時の脆さが激しかった
貴公俊は付け人を殴りワイドショウの話題となった

7.水戸龍 8勝4敗3休、矢後 7勝8敗
水戸龍は優勝争いしたが、骨折して休場となった、怪我さえ治れば十両優勝して幕内にあがりそう
矢後は、7勝とまた負け越した、何かが足りない

8.十両の安美錦 8勝7敗、豪風 9勝6敗
超ベテランの2人は十両上位で勝ち越し、幕内復帰濃厚
安美錦のはたきこみは職人芸になってきた
すばらしい

9.十両の旭大星 8勝7敗
いよいよ入幕だ、中盤にみせた裾はらいは、柔道経験者ならではだろう

10.十両の貴ノ岩 8勝7敗
千秋楽で勝ち越し、まずは良かったのでは
本来ならもっと勝てる実力があり物足りないともいえるだろうし、大阪に入ってから4カ月ぶりに相撲の稽古を数日しただけで勝ち越したってすげえじゃん、ともいえよう
十両での声援は一番大きかったように思う、相撲ファンは暖かい

夏場所予想 20180325
幕内
東     位    西
鶴竜    横綱  白鵬
稀勢の里 横綱
高安    大関  豪栄道
栃ノ心   関脇  逸ノ城
遠藤    小結  御嶽海
玉鷲    前1   魁聖
阿炎    前2   松鳳山
大栄翔   前3   豊山

おそらくこんな感じになるのでは
遠藤と御嶽海が逆になるかも


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
約3年ぶりの劇団三桝屋の公演、3年もたつと劇団の構成が変わっていた
座長嫁、リーダー、子役たちがいなくなっている
わっしは以前、嫌な噂を聞いたことがあったが、やはり退団したようだ
80歳くらいのお爺さん役者がいない、やはり年齢的なことなんだろうか
なんか、江戸時代から連れてきたようなお爺さんで好きだったが、残念だ
市川謙太郎復帰、前回は連名表になかったから、復帰されたのだろう良かった、二人座長ではないようだが、実質的な副座長格という感じだな
大沢裕二サブリーダー加入、芝居舞踊を拝見すると芸歴2~3年の新人役者という感じではない
きっとどこかでやってた役者なのだろうと思った

第二部 舞踊ショウ

DSC06295 - コピー
花のトップステージは、群舞踊 東京ブギウギ

DSC06298 - コピー
DSC06299 - コピー
DSC06300 - コピー
DSC06303 - コピー
DSC06304 - コピー
DSC06305 - コピー
DSC06307 - コピー
DSC06308 - コピー
DSC06309 - コピー
DSC06310 - コピー
DSC06311 - コピー
DSC06312 - コピー

ラストショウ 龍神
DSC06314 - コピー
DSC06315 - コピー
2段構えの総踊りだったな
劇団三桝屋のラストショウは、3年前も総踊り形式が多かった印象


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
DSC06286 - コピー

2月の奥道後劇場は休演だったので、久々となる
3月は劇団三桝屋が帰ってきた、約3年ぶり
毎年のように公演する劇団もあるけれど、三桝屋のように3年くらいスパンがあった方がいいですな

第一部 外題 二人藤太郎~暴れ行燈

<あらすじ>
喧嘩の助っ人で、暴れ行燈の秋太郎(真珀達也花形)は藤太郎(大沢裕二サブリーダー)を斬る
藤太郎は、故郷の父へ持って帰る金を、自分を斬った秋太郎に託し絶命する
秋太郎は、藤太郎のお父っつぁん(市川市二郎座長)を訪ね金を渡すが、目の悪い父は息子の藤太郎が帰ってきたと勘違いする
自分は違うんだと言おうとするが、あまりの喜びように、言い出せなくなった
秋太郎は、そのまま藤太郎として、家にいつき、長脇差を鍬に持ち替え、百姓仕事に精を出し親孝行
やがて歳月が過ぎ、藤太郎の許嫁(雪めぐみ)との結婚もひかえていた
そこへ、藤太郎の兄弟分(市川謙太郎)と土地の悪い親分(大沢裕二サブリーダー二役)がやってきて、
おめえは偽物だ、藤太郎を斬った秋太郎だ、というが・・・

<感想>
1幕4場くらい 約1時間くらいの芝居
劇団三桝屋の芝居は、良い意味で古臭い感じがしてわっしは好感が持てる
芝居は上手でしっかりしてるが、やや地味な印象はある
九州劇団の保守本流の劇団だと思うが、山あげはしない
大沢裕二サブリーダーは、初めて観たが、けっこう芝居ができる印象
市川市二郎座長は変わらず達者で、真珀達也花形と雪めぐみは3年間で芝居の腕をあげていた

DSC06294 - コピー
口上挨拶 市川市二郎座長

DSC06290 - コピー
DSC06289 - コピー
DSC06293 - コピー
DSC06292 - コピー
DSC06291 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
middle_1153892453.jpg

大相撲春場所が始まる、大阪ですなあ
横綱の白鵬、稀勢の里に、人気の若手阿武咲が休場というのは、実に寂しい限りだが、
図抜けた力士がいない分、誰が優勝するのか分からないという、面白さもある

優勝争いは?
とはいえ、3人の横綱大関を中心に優勝争いがあるに違いない
鶴竜、高安、豪栄道に、関脇栃ノ心、小結逸ノ城あたりが優勝候補といったところではなかろうか

横綱鶴竜は、先月足を手術したそうだし他にも故障があるようなので万全ではない
大関高安、大関豪栄道は、なんとなく頼りないし
先場所初優勝の栃ノ心は足を痛めて東京の病院に行ったというし
どの優勝候補も、帯に短したすきに長しってとこですなあ
荒れる春場所なんという言葉もあるので、初場所に続いて平幕優勝ということも可能性としてあるかも
ということで、優勝予想は分からない
まあ、あえて優勝予想を3人あげるなら、鶴竜、栃ノ心、逸ノ城かな
外人ばっかりだな、困ったもんだ
高安あたりに頑張ってもらいたいのだが

私の注目力士

1.逸ノ城
先場所2日目、白鵬がずいぶん時間がかかって逸ノ城を寄り切ったが、あの一番は、白鵬の不調ではなく、逸ノ城が復活したということだった
先先場所くらいから逸ノ城の強さが少し戻ってきてる印象だったが、先場所は本当に強かった
逸ノ城の復活が本物なら、今場所の優勝争いはおろか、年内に大関に駆けあがるやもしれぬ

2.栃ノ心
先場所は何かにとりつかれたような鬼神の如き強さで初優勝
あの勢いが持続すれば大関になりそう、30歳くらいになって強さがピークを迎える力士もいるからね
とはいえ、平幕優勝した次の場所は負け越すという力士もけっこういるので、本物の強さかどうかウォッチが必要

3.貴景勝、北勝富士
先場所は上位の壁に跳ね返された印象の2人だが、捲土重来なるか

4.阿炎、竜電
ともに新入幕で10勝をあげ敢闘賞に輝いた2人だが、幕内中位に番付があがり活躍できるか
阿炎は人気力士になりそうだし、竜電は美しい相撲をとる苦労人なので楽しみだ

5.十両の炎鵬
新十両で超小兵の炎鵬は勝ち越せるのか
舞の海くらいの小さな体だ、舞の海は飛んだり跳ねたりのかく乱相撲が多かった印象だが、炎鵬は真正面からぶつかり潜り込む正攻法
自分より1.5倍くらいはあろう相手をぶん投げる相撲は、実に魅力的なのだ
是非、勝ち越して欲しいね

6.十両の貴源治、貴公俊、隆の勝
中学卒業で修行してるこの3人の力士は魅力的、勝つ時は本当にいい相撲を取る
貴乃花親方は当初「学生、外人の力士は入門させない、叩き上げの力士だけを育てる」みたいなことを言ってた
と思うが、初めての関取はモンゴル人、初めての役力士は高校生横綱と、言ってたことと違うやんと思った
父初代貴ノ花が親方だったときは幕内に10人も関取がいた黄金時代から、貴乃花が継承して関取0になってしまい
背に腹は代えられなかった、そんな気持ちもあったのだろう
そんな中、叩き上げの貴源治、貴公俊が十両に上がってきた、待望の関取
うまく育てば、大相撲の将来をしょってたつ力士になりそうだ
しこ名が呼びにくいので変えて欲しい、貴乃花親方の信心してる新興宗教の教祖さんの名前に由来してるそうだ

7.水戸龍、矢後
まだ髷が結えない学生相撲出身の新進気鋭の関取、将来ライバルとなりそうだ

8.十両の安美錦、豪風
十両に陥落した超ベテラン2人の復活が見られるか

9.十両の旭大星
昔観たフランス人が作ったドキュメンタリー映画の主役が旭大星と先場所気付いた
あの若者が立派な関取になっていたとは
勝ち越して是非入幕して欲しい、北海道の幕内力士は久しぶりらしい

10.十両の貴ノ岩
昨年11月からワイドショウでも話題になった傷害事件の被害者貴ノ岩、当然注目
是非勝ち越して欲しいね

思った以上に注目力士が多かったね
野球が好きな人の場合、阪神ファンなら阪神だけを応援して、読売巨人は憎しみたいな人って多いだろうと思う
ところが大相撲の場合は、たとえば私は稀勢の里と御嶽海と遠藤と千代丸を応援してます、みたいな人って多いと思う
野球で、私は阪神と読売と中日と楽天を応援してます、なんてえ人はいないだろうけれど、大相撲の場合は複数の力士を応援する


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
コピー ~ middle_1153796867

2月の目標と結果

①松山劇場に劇団十六夜が乗るので、3回以上観たい
未達成-なんと一度も観劇に行かなかった
ここんとこ観劇数が減ってきていたが、ついに0
とうとう大衆演劇熱が、冷めてしまったのだろうか

②その他の芸能も観たい、ウイングを広げる
未達成-こちらも0、なんとも寂しい結果

したがって、芝居ランキングも、今月はなしとなってしまった


3月の目標

①松山劇場の澤村慎太郎劇団を1回以上、奥道後劇場の劇団三桝屋を3回以上観たい
澤村慎太郎劇団は毎年のようにきてくれるが、三桝屋は3年ぶりくらいで貴重

②その他の芸能も観たい、ウイングを広げる


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす