元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

コピー ~ middle_1153796867

ダラスとは、テキサス州ダラスで、ケネディー大統領が暗殺された場所で有名
バイヤーズは、購入者とか購買者という意味で、つまり「ダラス購買者協会」という題名の映画である
映画は最初、ロデオのシーンから始まる
暗い部屋からロデオを見てる男
傍らには二人の売春婦がおり、男は果てる
その男が、この作品の主人公、ロン・ウッドルーフ

ロンは電気工で食いつないでいるのだが、現場の事故で気を失い病院に
けがは大したことなかったのだが、血液検査でエイズを発症している事実を知る
俺はゲイじゃない、と医者に悪態をつくロン
時は1980年代
エイズは同性愛者の性行為で病気になると信じられていたのだ
今でこそ、エイズは異性間のセックス、あるいは、注射針でもうつることが知られているが、当時はデマツルギーが蔓延していた

エイズ独特の症状、熱がある、咳がとまらないに悩まされるロン「そうじゃない」、といいながらもエイズの症状に、図書館にいき調べてみると
エイズ患者の7割は同性愛者だが、3割は普通のセックスや注射針での血液感染している事実を知り愕然とする
さらに調べていくと、エイズに効く薬があるのだが、アメリカではまだ承認されていない

ATZという薬を裏から手に入れて服用するが、毒性が強く症状は悪くなる
余命30日
残り3日となった日に、やけくそになったロンは車でメキシコに渡る
テキサス州ダラスは、最南部に位置しちょいと車を走らせればメキシコなのだ
闇の医者に薬を処方され、療養したところ元気になる
メキシコには世界中のエイズの薬が集まってきており、治ったのだ

そこからロンの逆襲が始まる
アメリカで未承認のエイズ薬を、密輸して患者たちに売る
だが、うまく売れない
ゲイの人たちと渡りがつかないので、ロンは美しいゲイのなんとかを仲間に入れる

彼女のネットワークでバンバン売れるようになり、ロンもゲイ文化に対し理解し始めた

未承認の薬を売るのは犯罪なので、法の抜け道を考えたのが、会員制のクラブだ
400ドルで会員を募り、会員に無料でエイズ薬を配る
立ち上げた組織が、ダラスバイヤーズクラブというわけだ

ロンは公私ともに羽振りがよくなり、世界中を駆け回って薬を密輸する
日本にも来る

しかし、業を煮やす政府機関に、妨害されるようになる
警察に押収されたり、

自分の利益のために始めた、ダラスバイヤーズクラブだったが、
以前は、「400ドルもってこい。金がない奴は帰れ」
と言ってたロンだが、最後には
己の利益を度外視し、金のない奴にも、薬を配る
そして、裁判に訴え、ロンは勝利する

エイズを発症した患者は、しぬだけだが
病気を遅らせることはできる

余命30日と宣言されたロンは、戦いを挑み7年間生きた
病との闘い、国家との闘いに彼は、彼の寿命をまっとうしたのであった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓          ↓ 
 にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
アメリカは自由の国ですからねー?でもこの病気も同性同士が移りやすいそうですよね?友人で性同一性障害がいるのだが?困ったもんだ
2014/04/13(日) 12:55 | URL | 智太郎 #-[ 編集]
確かにあの頃は
80年代前半頃は、エイズと言えば、
「アメリカのホモだけがかかる原因不明の奇病」
みたいな扱いでしたね。
2014/04/13(日) 21:44 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
智太郎さん
まあ、そうですよね
同一性症候群、大変な病ですよね

宇都宮人さん
イエス
そうだったですよねえ
偏見に満ちてました、当時はね
2014/04/26(土) 07:25 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1224-fc49992d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック