元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CIMG6812 - コピー
かつき劇団子役 専務なおや 7~8歳くらいだろうか
踊りが達者で、なかなか決まっていた


かつき劇団を観劇した日、舞踊ショーでこんなことがあった

子役の専務なおやが、下手から舞台に元気よく飛び出し、踊り始めると、客席のボルテージが一挙に上がった
普段でも子役が登場すると、けっこう盛り上がると思うのだが、専務なおやの場合は、容姿端麗で踊りも上手だったので、余計に客席の熱が上がったのだろう
祝儀を渡すお客が何人かいたし、おひねりも飛んだ

松山では、大人の役者には、1万円札が多いが、子役には、千円札で1枚とか3枚とかが多い

専務なおやには、祝儀を渡す人が6人くらいいたが、その中に、ちょっとまずい渡し方をするお客がいたのだ
年のころ、65歳とか75歳くらいのおばあさん
千円札一枚を手に、舞台の前に行き立ったまま、札をひらひらさせ、まるで
千円あげるから、早くとりにおいで
といった雰囲気だった

役者に祝儀を渡すのは、とても良い行為だと思うが、
踊りには流れがあり、極めのポーズをとったりするので、
他の人たちがやってるように、舞台先に静かに近寄り、座して待つ
役者さんが踊りの一連の流れの中で、ここなら踊りを中断しても大丈夫と判断し、祝儀を受け取りにきてから懐とか帯にはさむべきだった

また舞台の前に立たれると、影になって舞台が観れないお客さんもいるので、邪魔にならないように座っていて欲しい
ましてや、奥道後劇場の舞台は低く、前の方の客は座椅子に座って観てるのだから

私も含めた田舎者が集まる田舎の劇場だが、最低限のマナーは心得ておきたいですな

おばあさんの渡したいという気持ちはよく伝わってたんだけどね


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ご祝儀
渡すにも心配りが大切なんですね。
2014/09/21(日) 04:25 | URL | 凡・ハヤト #kmBhwWbA[ 編集]
空気の読めない人はどこにでも居ますね(^^;)
2014/09/21(日) 08:45 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
凡さん
その通りですよ
きをつかわねばなりません

宇都宮人さん
空気よまない人は、私の今の職場にもいます
どうしようもありませんな
2014/09/24(水) 14:59 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1253-e885e193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック