元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

CIMG6990 - コピー

外題にある、東海道の文字が示すのは、やはり清水の次郎長の物語であった
外伝になるのかな
私は、もちろん初めて観た芝居だった

芝居 晴れ晴れ東海道

1景

博打うちの親分、浜松家大八(三好かずや)が、池で釣りをしている
周りには子分たちがいて、見守っている
そこへ、浜松の代官(座長二役)が登場

親分に子分を下げさせ、内密の話

実は、栄転で江戸に戻ることになったのだが、浜松で公金を横領し使い込んでしまった
浜松家の大八、穴埋めの金を用意してくれないか

お代官様、おやすい御用で、いかほど必要ですか

たったの100両だ

ええええ、100両、そんな大金を、たった10日で用意せよとは、それは無理です半年はかかりますよ

おい大八、誰のおかげでこんないい暮らしができてるのだ
代官の俺が、博打うちのお前にお目こぼししてやったからだろう
嫌だと言うなら、罪に問うぞ、死罪と遠島どっちがいいか

いやあ、お代官様それあ勘弁してください、しかし100両とは・・・

大八、お前は自分で金を作ろうとするからダメなんだ
他の奴から金を取ればよいではないか
そう、東海道で名の通った清水の次郎長が浜松家に逗留し、世話をせねばらならいという名目で、金を集めろ

ああ、なーるほど
しかし、わっしは、次郎長をみたことないんですが、

そうだろう、お前が次郎長をみたことないのだったら、他のもんも見たことない
偽者の次郎長をたてて、金を集めればよいではないか

2景

浜松家の大八
ぼんやりと、100両どうしようか、ニセの次郎長を誰にするか、自分の子分たちは土地の人に顔を知られているしと思案していると、汚い男が茶屋の女中に追われやってきて、かくまってくれという
食い逃げしたこの汚い男をかくまってやり良く見ると、以前子分だった三太郎(市川恵子)

三太郎は、浜松家にいたころ、飯炊きばかりさせられるのが嫌で、金を持ち逃げし、やくざらしい修行がしたいと他へ行ってたのだった
だが、他でも飯炊きばかりさせられるので、それなら一緒だと怒られるのを覚悟で浜松家に戻ってきたのだった

もう一度子分にしてくだせえ、という三太郎
大八は、ひらめいた
三太郎の耳元で、ささやく
おめえが、清水の次郎長の振りをするのなら、もう一度子分にしてやる

3景

茶屋で、旅の男(市川おもちゃ座長)が休んでいる

茶を飲んでいると、女中から浜松家に上納金を出せと言われ困っていると聞く
詳しく事情を聞くと、東海道一の親分清水の次郎長が浜松家に逗留したので、上納金を払わないといけないとのこと

それを聞いた旅の男は、なんだと、と眉をひそめる

そこへ、やくざもの3人に首根っこを引きずられる一人の魚売りが現れる

魚売りは、浜松家にいる次郎長は偽物だ
3人のやくざものは、何を言いやがるんでいと、今にも切りかかりそうな勢い

茶屋で休んでいた旅の男が立ち上がり、仲裁人は時の氏神と仲裁をかってでる
浜松家の3人に金を渡すと、しぶしぶ帰っていった

魚売りは、魚を売って親孝行してた、次郎長の元の子分清水の小政(市川久美子)であった
旅の男は、まごうかたなき、清水の次郎長で、二人は再開を喜びあった

小政は親孝行をしてたが、その母親も先日亡くなり、清水に戻ろうと思ってることを聞き、
小政が戻れば、大政はじめみんな喜ぶだろう、俺と一緒に清水港にけえろう
だが小政、そのめえに、この浜松で行かねばならぬ場所がある


4景

浜松家に行く次郎長と小政
浜松家では、ニセ清水の次郎長を上座において大八、子分たちが次郎長を招き入れる

次郎長は、松50両、竹30両、梅10両のどれを払うかと問われ
中をとって竹30両にしましょうかねえ

ニセ清水の次郎長(三太郎)は、秋葉の火祭りの仇打ちのことなど雄弁に語る

そこで次郎長、ちょいとまてええ

小政を呼び、この次郎長はニセモノだなあ
ヘイ
米屋のせがれ、山本長五郎。通称清水の次郎長とは、俺のことだあ

いかしちゃおけねえと、浜松一家は次郎長に挑むが、かなわねえ
三太郎を残して、逃げた

三太郎を人質にした次郎長と小政
こいつを連れていりゃあ、向こうの方から寄ってくらあ

5景

縄で縛った三太郎を連れて表へ出ると、浜松一家が襲ってきた

次郎長と浜松一家のチャンバラ

格の違いを見せつけて、浜松一家全員を峰打ちにした次郎長

謝る浜松家大八と三太郎

次郎長は、二度とこんな悪さをしないことを約束させ、大きな器量で二人を許す

そして次郎長は小政とともに浜松を後にし、お蝶や子分連中の待つ清水港へと帰っていくのであった



清水の次郎長が主役の狂言を見るのは、私は初めてだった

おもちゃ次郎長はなんとも、りりしかったですな

小政の設定が、ちょいと弱すぎる気もしたが、まあ
清水一家の兄い連中である28人衆の中でも、大政に小政、大瀬半五郎、遠州森の石松は4天王と呼ばれるとびきり腕に覚えのある子分
浜松一家の三下奴の3人や4人に囲まれても、小政が遅れをとるなぞないだろう
小政兄いから苦情がきそうだが、でもまあ話の展開上、次郎長が小政を助けないと話が進まないか

スカッとする筋であり、なかなかの出しものであった

なんども見栄を切る、おもちゃ座長の見せ場の多い狂言であった
おもちゃ座長のセリフの言い回しも、なんとも格好が良かった

セリフの言い回しは、御大市川恵子も上手で、今回は七五調のパロディーで笑いを誘ってた
三好かずやは、なかなか男前だが、声が内にこもる感じがして気になる
役者は、一声二顔三姿、なんて言うしね

評価 4

市川おもちゃ座長は芝居後の口上で、
「2年後にまた松山劇場に来ます。その時も、今回同様可愛がってください」
とおっしゃってた

CIMG7011 - コピー
この日は、口上のあと、お楽しみ抽選会があり、その様子
ラーメン、米、トースター、電子レンジなぞが景品 私は、はずれ
舞台上中央に立ち、抽選する二代目市川おもちゃ座長

tirasi2609.jpg

CIMG7053 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
大垣最終
いつもの通り3連単100円買いで。(^^)
379BOX、479BOX、3-4=7、3-4=9、
4-3=7、4-3=9、7-3=8、7-4=8、7=9-1。
地元が来たら木っ端微塵です・・・
金があれば、11の石井→林の19にぶちこむんですが・・・(^^;)
2014/10/03(金) 13:46 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
割引券
宇都宮でも大衆演劇が18日に宇都宮市文化会館
で行われるようで、スーパーやコンビニに大量の
割引券が山になっています。
プロレスの方が人気あるかな?(^^;)
2014/10/03(金) 13:51 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
諸橋か・・・
甘く見てまし
2014/10/03(金) 22:27 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
宇都宮人さん
いくらなんでも、諸橋からは買えませんよ
二車単でも万車検になってましたな
石井-林は、にらんだとおりでしたね
配当はやはり低かった

宇都宮市文化会館調べてみたら、若手の競演ですな
今をときめく大川良太郎が出てますね
舞台に、万札がとびかいますよ、きっとww

2014/10/06(月) 10:22 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1273-bb80db45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック