元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

第二部 狂言 
外題 忠治と円蔵

<あらすじ>
賭場荒らしをして、二本の長脇差に追われる、いざよいの月太郎(橘光鷹)を助けた、日光の円蔵(橘炎鷹座長)
月太郎は、立派なやくざになりてえ、親分さんの下で修業させてくだせえ
円蔵は、おめえはやくざにゃむかねえ、実家に戻りいもでも掘ってろ
それでも、やくざの修行をしてえという月太郎に、円蔵は
それなら、このあたりに国定忠治を語る偽者がいるからそいつを切ってこい、切れば子分にしてやろう

場面変わって
村の若い衆の握り飯を盗んで追われる、身なりの汚い男(沢田ひろし)
3人の若い衆に、転がされ取り囲まれてしまった
そこへ、角兵衛獅子の子供(橘もみじ)が通りかかり、若い衆に握り飯代として金を渡し男を助ける
身の上話をすると、男は天涯孤独な身の上、角兵衛獅子の子供も親方を無くし一人ぼっち
おじちゃんも一人なら、あたいの親方になっておくれよ

そこへ円蔵と月太郎があらわれる
身なりの汚い男は、おめえは日光の円蔵、ひさしぶりだなぁ
すると円蔵は、忠治を語るにせ者とはおめえのことか
何を言うのだ円蔵、おれは本物の忠治じゃないか
赤城の山を降り、体を悪くし落ちぶれ果てた忠治は、名刀小松五郎義兼まで食べ物と交換したことなぞを語る
俺の知ってる国定村の忠治親分は落ちぶれたってそんなことはしねえ、おめえは偽者だ、月太郎この語りやろうを早く切れ
二人の話をじっと聞いていた月太郎、本物の忠治と見抜き、切ることができず、助けてやってくだせえ
角兵衛獅子の子供も、おじちゃんはわたいの親方なんだよう、だから切らないで、と嘆願する
二人にかばわれる忠治の姿をみて円蔵は、虚空をにらみ・・・

CIMG7397 - コピー

<感想>
観劇半年の私は、この話も初めて観た
派手な立ち回りなぞはないが、国定忠治の悲しい人情話に仕上がっていた
沢田ひろしは、落ちぶれた忠治の心の内面を表情に表し、悲しみと、円蔵に投げ銭されたおりの怒り、角兵衛獅子の子供と生きていくために怒りを我慢する心情など、自在にうまく表現できてたと思う
橘光鷹は、ぼんくらな男月太郎役をうまく演じていた
橘もみじは、亡くなった両親を思い、空に向かって「おっとさーん、おっかさーん」と叫ぶおりと、忠治をかばう時に実際に目に涙を浮かべた実に熱演であった
橘炎鷹座長は、円蔵の忠治に対する複雑な思い、心情の変化を演じ切り、かっこよくもあった
最後は、舞台に一人だけとなり、昔の忠治親分の思い出なぞを語り、円蔵役の炎鷹座長に見せ場の多い舞台であった

今回は、笑いに関して、ほぼ排除した芝居であった
深刻なお芝居が97%で笑いは3%
 
忠治が角兵衛獅子の子供の差し出す杖につかまり花道に退場した後、円蔵が月太郎に、
「じゃあやくざ修行をしに帰るか」と言うと、
「はいっ、やっぱやめます。おらあ、やっぱやくざにむいてねえ」
ここでずっこけそうになり、
「お前は、役者にも向いてねえんじゃねえか」
アドリブはこの台詞ひとことだけだったと思う

やはり劇団炎舞は、芝居がうまい
しっかりしているからこそ、ギャグも笑えるのだろう
炎鷹座長は相当うまいし、若手もうまい
沢田ひろしも期待通りの演技力で、私は満足したのである

CIMG7409 - コピー
芝居後の口上の様子

CIMG7452 - コピー
不思議なことに、この翌日以降の外題は、一切書かれてなかった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ブログランキング大衆演劇部門ベスト3
おめでとうございます。
今日もポチッと致します。(^^)
さて、競輪必勝法ですが国立国会図書館にしか
近場にはないみたいですね(^^;)
岩津のイン捲り。全く考えてませんでした・・・
75の並びで5-1239-7とか7-1239-5みたいな
買い方しないと取れなかったですね。
2014/10/29(水) 11:32 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
宇都宮人さん
ありがとうございます
国立国会図書館とは、おそれいりました
私も2回くらい行ったことあります
ありとあらゆる本が所蔵されてますね
明日始まる松山記念も、どうかごひいきに
2014/10/30(木) 10:16 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1298-52953177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック