元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

コピー ~ middle_1153796867

いよいよ、松山記念競輪だ
春にあったばかりなのに、なぜ秋にまたあるのだろう
そんな疑問もあるが、まあ、強い選手が松山に来てくれるのでいい
と、出場選手を見てみたが、うーむ
いまひとつな感じかなあ
防府にとられちゃったかな
こないだ高知F1に出た武田でもいればと思うのだが、若干さびしいメンバーだ
春の松山記念でデッドヒートを繰り広げた、新田祐大も、深谷もいないし

そんな中、平原が来てくれた
昨年、松山で開催されたG1全日本選抜競輪を制した平原
義理堅く、松山記念を選んでくれたかな

街のクルマ屋さんに、国産乗用車や軽自動車が並ぶ中、一台だけ真っ赤なフェラーリが停まってるがごとき存在感だ

ポテンシャルの高い平原が優勝候補筆頭だが、そうとも限らない
なぜなら、平原は大衆演劇のやくざものの主役のように、他人のために命を捨てる男だから
決勝には間違いなく出てくるが、決勝の並びによれば、自分が勝つよりラインの勝利を優先して、9着になる可能性もある

そういうケースでは、同じ関東ラインの競輪界の神様こと神山の久しぶりの記念Vなんてえこともありうる
オールスターや記念の決勝で2着に入ってるし、直近のF1では111の完全優勝
功なり名を遂げた46歳の神山が、いまだ高いモチベーションを持ち続けているのは、やはり競輪グランプリ制覇だろう
2着もあるし、ラインの先頭で優勝に導いたこともあったが、自分自身はグランプリだけは取れてない
賞金ランキングも現在8位と、グランプリ出場が微妙なところだから、少しでも山積みしときたい

めぼしいところをあげると、
関東では、あと後閑に小林
まあ後閑は、横に弱く、番手に飛びつかれ飛ばされる可能性大だから、決勝は難しいか
番手を奪われたあと、自力でまくり優勝し、感動の後閑というのもあったけど、記録を見ると調子も悪いからそれもなさそう
綺羅星のごとく強い選手の多い北日からは、強い選手は来なかった
強いて言えば菊池くらいか
南関東からは、林に村上直に石井
中部も強いのは来ず、強いて言えば坂上忠克
近畿の二人は脚はあるが、優勝はないだろう
中国は、ない
地元松山は、濱田と橋本
地元ファンとすれば、がんばってほしいが、決勝に出れたら恩の字で、優勝はまずない
だが、九州勢は、けっこう強いのがやってきた
坂本兄、園田、井上昌己に、私の好きな松岡貴久

ということで、独断と偏見で決勝9人を選べば

菊池
平原
神山
小林

坂本兄
園田
井上昌己
松岡貴久

関東ライン対九州ラインで、決勝は争われるだろう

本命に平原、対抗に神山、ダークホースに井上昌己、穴に園田といったところである
私が個人的に勝ってほしいのは、九州ラインの松岡貴久

私は実に半年ぶりの競輪
私自身の勝負は、どうなりますことやら


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1301-d9afcd7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック