元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

CIMG7787 - コピー
11月9日までの出来事

毎月、9日はオクゲキの日
奥道後劇場は、通常1940円の入場料なのだが、この日観劇すれば、入場者全員に次回入場料が1000円の割引きチケットが配られる
半額くらいになるし、温泉に入るだけでも1080円かかるのに、1000円で観劇できおまけに1080円の温泉にも入浴できるとは、なんたら安い値段だろう
価格破壊とでもいうか、そもそも温泉1080円というのは、どういう値段設定なんだようってな気もするが、プロレタリアートな庶民の私なんぞにとっては、魅力この上ないオクゲキの日
当然、人気が集中するから、9日の日は観客数も多い
ゆえに、劇団にとっては、前半の勝負日となる
ここで座付客のハートをがっちりつかめるかどうかで、その月のリピート客の数が変わる
だから、勝負狂言、勝負ショーに当たることが多い
現に、前回奥道後劇場にのった劇団勇舞は、特別狂言吉良の仁吉、特別ショー三人花魁をプログラムに載せた

一方の松山劇場も、オクゲキの日に対抗し、先月は松劇芝居の日をぶつけた
芝居の日は、通常1900円の入場料を1100円にするという、割引きの日である
客が多いのを見越して、劇団炎舞がぶつけたのが、玉川しぶき
松山大衆演劇界で、毎月9日は、松山劇場VS奥道後劇場の抗争が行われる
これを50万都市松山では、松奥戦争と呼んでいる
地元愛媛新聞に・・・・・載ってないけれど、大衆演劇ファンたちの中で・・・・・言われてるかどうか不明だけれど、少なくとも私は・・・・・・、私だけかもしれないが、そう呼んでいるのだw
誰も言わなくても、ゆくとしゆかん、最後の一兵までww

さて、さらに恐ろしいことに、今月は9日の松奥戦争の日が、日曜日にあたった
奥道後劇場オクゲキの日に対抗して、今月の松山劇場は昼一回のロング公演のふれあい公演(2100円)をぶつけてきた
これは悩ましい、どっちにするか、松山の大衆演劇ファンは悩むところだが、私は1秒くらいで決断できた
松山劇場に鳳凰座を観に行く

理由は3つくらいある
一つ目は、昼一回のロング公演、ふれあい公演を、今まで観たことがなかったので、一度観たかった
仕事の休みが不規則で日曜が休みになることが少なく、今まで昼一回ロング公演に行けてなかったのだ
二つ目、11月3日の口上代演で、中野だん丸座長が言ってた、9日は狂言森の石松、これは中野加津也座長はまり役ですよ、ショーは清水の次郎長です
次郎長ずくし、これはいかねばならぬ
たとえば、芝居に石松、ショーは花魁ショー、といった保険をかけず、次郎長一点突破主義的な鳳凰座さんの心意気に、私はうたれた
ラストショー鯉名の銀平の中野加津也座長、かっこよかったしね
三つめ、同じく中野だん丸座長が言ってた、狂言森の石松は浪曲に合わせての芝居です
おお、もしかして節劇かあ
今は、やり手が少なくなったという
ものの本で言葉だけは知っていたが、これは一度観てみたいと思ってたから観たい

といった理由で、私はオクゲキの日の9日に、松劇を選択した

私は休みが不定期なのだが、めずらしく、この8日9日と土日が休みで、大きな予定はなかったので、両日観劇にあてるつもりだった
ゆえに、8日奥劇筑紫一座、9日松劇鳳凰座とした
この日の前日、前の記事の通り奥劇に行ったのだが、芝居後の口上で翌9日の奥劇の外題が三下仁義(金太の初旅)と発表され、これは私の苦手な喜劇らしいので、私の判断は運が良かったともいえる

さて、気になるのは三つ目の、浪曲劇
外題 森の石松とは、どんな芝居なのだろう
浪曲をずーと流して、口パクとかで演じるのだろうか、あるいは一部だけか
いずれにせよ、浪曲に合わせてなのだから、恐らく2代広沢虎造のテープであろう
浪曲や大衆演劇が華やかなりしころは、実際に浪曲師を呼んで公演したこともあったそうだし、劇団の太夫元、座長、幹部クラスが浪曲を唸り芝居をするということもあったそうだ
ものの本によると、特に九州では、客が浪曲の節劇でないと、納得しなかったというから、どれほど節劇が人気だったかが分かる
玄海竜二九州協会会長のおとっつぁんの、二代目片岡長次郎初代会長は、浪曲を唸るのが得意だったそうだ
まあ、いまどきだから、浪曲師を呼ぶことはない、浪曲を唸れる座員もいないだろうし、だからテープということになる
テープならば、二代広沢虎造ということだろう
虎造の清水次郎長伝は、外伝も合わせると30以上あるそうだ
私は、全部は聞いたことないけれど、石松編はすべてテープを持ってるので、何十回も繰り返し聞いている
先月公演した劇団炎舞の「清水港にきた男」のような、派生的な石松ものの大衆演劇の芝居もあるだろうが、浪曲ベースなら虎造石松に違いない
虎造ものの石松なら、石松代参から始まり、三十石船のくだり、見受山鎌太郎、都鳥三兄弟、石松の最後と、石松主役の浪曲はあるけれど、さて

いくらなんでも、石松代参や三十石船のくだりでは、エンディングとはならないだろう、連続ものだから

すると、石松閻魔堂の最後か
だん丸座長が、中野加津也座長、はまり役ですと言ってたし
そうだよな、松奥戦争で出す狂言ならば、出し惜しみせず、石松閻魔堂の最後だろう
大衆演劇の森の石松は初めて観る、これは是非観たい
映画ドラマでも、森重久弥、勝新太郎はじめ、あまたの名優が演じた石松の最期
勝負日の特選狂言ならば、出し惜しみせず、この下りを演ずるであろうと、私は結論付けた

虎造の浪曲を元にすると、石松代参からやってたら5日間くらいかかっちゃうから、石松の最期から逆算すれば、やはり都鳥一家に草鞋を脱ぐところから芝居の開幕だろう
石松の動きは、都鳥一家で金を貸し→七五郎宅で都鳥は金を返さないだろうと言われ→閻魔堂でだましうちされて→七五郎宅に匿われお民の度胸→そして閻魔堂で石松の最期
これでもかなり長くなる
だん丸座長はロング公演の4時間では収まりませんと言ってたから、途中休憩を挟んで二幕に分けてかもしれないな

さらに、閻魔堂の最期の鳳凰座の配役も考えたりした
石松は、はまり役なのだから、中野加津也座長
七五郎は、剣一平か、だん丸座長、
お民、これは長年やくざの女房をしてる大年増だから度胸があってふてぶてしくなくちゃならない、振り袖の似合う若く可愛い女優3人では成り立たない
さすれば、男の女形となるな、やはり応援の二人か
3日に女形の芝居をした剣一平が適役だが、そうなると七五郎にだん丸座長かあ
それは、まずい、小松村七五郎は石松の兄貴分だから、加津也座長より一回り以上年齢が若く、背の高さも低いだん丸座長では、兄貴分には見えずらい
するってえと、七五郎には剣一平、お民はだん丸座長女形
だん丸座長の女形はどうなのか分からないけど、座長なんだから大丈夫だろう
よし、決定

次に、敵の都鳥三兄弟側
3日の日観た二人忠治の悪役の親分を演じたのは、今日街研という役者だと思うんだけど、悪役の台詞まわしも良かったし、悪役の都鳥の長兄吉兵衛だな
まあ、本当は先代都鳥源八の倅だからもう少し若い方がいいけれど
都鳥常吉には中野飛鳥
都鳥梅吉は中野貴之介か、まあ年の離れた弟ということにして
これも決定

あとは子分のうちの四天王、これは先代から仕える番頭クラス一家の幹部だから、若い役者では難しいなあ
さらに保下田の久六の残党3人
うーん、出てくると久六の説明もしなくちゃならないから、時間もかかるしややこしいのでこれは省いて、若手の役者は全員都鳥の若い衆、子分にした方がいいか
女優三人は立役で子分、藤博太も子分

石松を襲ったのは、都鳥三兄弟と四天王とそれから久六の残党3人で合計10本の長脇差だが、今回の芝居では7本か
いやまてよ、裏方さんも必要だろうから、全員舞台に出れないかも
となると1本、2本減って、5~6本の長脇差対石松というところか
まあそんな感じで、都鳥側も決定

しかしなんだなあ、都鳥一家に石松っつぁんが殺されて、芝居が終わってしまっては後味が悪いよなあ
浪曲では後日、清水一家が都鳥を皆殺しにして仇を討つから、石松も浮かばれるんだよな

その時、ラストショーが清水次郎長だということがふっと頭をめぐり、
あ、そうか、鯉名の銀平のような芝居調のラストショーにして、次郎長が都鳥一家を曲切りするのかもしれない
芝居で殺された石松の仇を、ラストショーで次郎長が討つ
都鳥一家は芝居の配役通りで、石松側だった加津也座長が清水次郎長、剣一平が大政、だん丸座長が小政なら、背格好もちょうどいい
主従三人で、可愛い子分の石松の仇を討つ、これはいいやあ

最初ミニショーがあって、第二部に長い長い芝居で森の石松、第三部の舞踊ショーラストショーの清水次郎長で、石松の仇を討つ
こういう流れだと、お芝居みて石松は金も盗られて殺されてかわいそうだなあと気持ちが暗くなった観客も、ラストショーで清水次郎長が可愛い石松の仇と、都鳥を皆殺しにするので、すっきりして帰れる
そうだ、これに違いないと、その時の私は、確信したのであった

3日の公演を観たときには、9日の公演の外題は出てたので、6日間という時間があったから、このような予想をしたりした
私は競輪の予想をするからか、予想するのは苦にならない
問題は、私の予想は当たるより、はずれることが多いこと

そして私は、観劇の日まで、広沢虎造のテープのうち、石松が都鳥一家に草鞋を脱ぐところから、石松の最期まで聞き流し、おさらいをした

私は大衆演劇で森の石松を観るのが初めてなので、観る準備を十分行い、かなり気合を入れて鳳凰座のロング公演に行ったのである
すごく楽しみであった

さて、待ちに待った九日の当日がきた
劇場に行き、自分の席に座って待っていると、館内放送が流れ、この日のロング公演のプログラムが発表された
耳をすませ聞いていると、
「第一部ぅー お芝居ぃー 老後の忠治ぃー」
えええ、忠治って何ー、聞いてないよー

私の予想は、見事にはずれ、私は吃驚し椅子から、ずり落ちそうになった
競輪予想で言うなら、スタートする前に落車したような心持ちだ

第一部 お芝居 老後の忠治
第二部 グランドショー ラストショー清水次郎長
第三部 お芝居 森の石松

なんと、芝居が2題だったのである
私は本当に驚いた
あとで考えたところ、もしかすると昼の部のみのロング公演では、発表された芝居以外にもう一つ芝居があるというのが、不文律なお約束事なのかもしれない
けど、ロング公演が初めての私は、仮にそうだったとしても、そんなこと知る由もなかった
そして、第一部から始まるこの並びでは、芝居の仇をラストショーで討つ、ということができない
まさか、第二部のラストショーで先に都鳥を討ってから、第三部の芝居で石松が殺されるなぞということは、ありえないからねえ
あれだけ気合いを入れてした予想は、ガラガラガラと音をたてて崩れていったのであった

だがしかし、考えてみれば、ショーより芝居の方が好きな私にとって、思いもかけず芝居が二つ観れるというのは、いいことではないか
しかも、老後の忠治は、他の劇団でよく見かける外題であり、私も観たいなあと思ってた芝居
これは、鳳凰座からのプレゼントではないか
と気を取り直し始めたところ、第一部の芝居の幕が開いたのであった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^-^*)/
はじめまして。
とても素晴らしいブログをやってらっしゃるんですね。

初コメで大変失礼かもしれませんが、私のブログと相互リンクをお願いできませんか?
先にリンクを貼らせて頂きました。

ご検討を宜しくお願い致します。
2014/11/12(水) 14:24 | URL | @starfield1983 #-[ 編集]
@starfield1983さん
コメントありがとうございます
相互リンクの依頼もありがとうございます
ただ、私のブログでは、相互リンクについて条件を付けさせてもらってますので、すぐにというのは難しいのです
詳しくは、トップページにある、相互リンク、リンクについてというのを読んでいただければと思います
それでは、ありがとうございました
2014/11/13(木) 15:57 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
こんにちは♪

ロング公演行かれたんですね~(^^)
お芝居二本立て!良い日に行かれましたね♪

ふれあいロング公演は今回のように、お芝居二本立てや舞踊歌謡ショーが長めの時があったり劇団サンによって構成は違いますが、お芝居をいつもより多めに観れる公演に行った時は本当に得した感じです( ´∀`)

アタシは今回のロング公演に行けなかったので…(TT)

山口サンの予想、細かく考えられてて面白かったです(^_^)
鳳凰座の【森の石松】どんな内容だったのか、すごーーく気になりますねw
blog読んでてワクワクしてきました~\(^o^)/

次の更新楽しみにしてます(^-^ゞ
2014/11/13(木) 16:20 | URL | JEWEL #-[ 編集]
有り難うございましたm(__)m

コスモスです(コスモスのお花が大好きなので…(#^_^#))
過日は、雅ちゃんのブログに私への心温まるコメントを頂きまして、本当に有り難うございましたm(__)mm(__)m
山口様が、13日から鳳凰座さんのロング公演についてのご意見をこちらに掲載なさるとのことでしたので、とても楽しみにしておりました。

本日の内容は、さしずめプロローグといったところでしょうか……(●^o^●)

それにしても、山口様の文章能力は大変素晴らしいので、そちら方面のお仕事をなさってらっしゃるのかと拝察しておりましたが、むしろ理系なのですね?
とてもびっくり致しました。


鳳凰座さん観劇ブログ、これからまだまだ続きますよね?
本当に楽しみにしておりますです\(^o^)/\(^o^)/
2014/11/13(木) 18:51 | URL | コスモス #-[ 編集]
有り難うございましたm(__)m

こんばんは。
過日は、雅ちゃんのブログに私への心温まるコメントを頂きまして、本当に有り難うございましたm(__)mm(__)m
山口様が、13日から鳳凰座さんのロング公演についてのご意見をこちらに掲載なさるとのことでしたので、とても楽しみにしておりました。

本日の内容は、さしずめプロローグといったところでしょうか……(●^o^●)

それにしても、山口様の文章能力は大変素晴らしいので、そちら方面のお仕事をなさってらっしゃるのかと拝察しておりましたが、むしろ理系なのですね?
とてもびっくり致しました。


鳳凰座さん観劇ブログ、これからまだまだ続きますよね?
本当に楽しみにしておりますです\(^o^)/\(^o^)/
2014/11/13(木) 18:54 | URL | コスモス #-[ 編集]
JEWELさん
なるほど、ふれあい公演は、いろいろなスタイルがあるのですね
以前、ふれあい公演のチラシにお芝居2題と謳われてたのをみたことがあるので、2題のときは、2つ。
芝居が一つしか書いてなければ、一つだけかと思ってたのですよ
だから、記事の通り驚いたw
チラシに芝居が一つしか書いてなくても、今回のように、前狂言がつくこともあるのでしょうか?

このロング公演の森の石松は、本当にすごかったですね
今でも蘇ります
悲劇好きな JEWEL さん、観れなくて本当に残念です
もう少しで観戦記UPしますので、雰囲気だけでも伝えてあげたいと思います
2014/11/14(金) 21:01 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コスモスさん
コメントありがとうございます
私は、元々住宅の現場管理をしてましたので、理系ですねえ
ブログの記事は、ただの駄文ですw
最近ブログにだらだら書く癖がでてきて、お恥ずかしい
けっこう時間もかかるので、簡潔にせねばと思ってますw

それと、説明不足で勘違いさせてしまいすみません
私の記事は、1日1記事となってまして、切狂言の森の石松の観戦記は、あさってのUPになります
いつも朝9時に予約投稿してるので、その日までお待ちくださいませ
もっとも、昨日はうまくできなくて、遅れてしまったw
2014/11/14(金) 21:10 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1317-83d56026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック