fc2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2024/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024/04

第一部 前狂言
外題 老後の忠治

というようなわけで、気を取り直した私は、芝居を観たのであった
だん丸座長が主役の芝居は、初めてだった

<あらすじ>
目明し勘太郎(中野貴之助)の一家に、お役人が訪れる

勘太郎よ、国定忠治がここへくるかもしれぬ
え、忠治は張り付けで処刑されたのでは
いや、実は忠治を語る偽者だった
・・・・・・
勘太郎、拙者が目をかけたことで今があるのを忘れていまいな
へい
なら、拙者を裏切るようなことはするなよ、忠治が現れたら必ず連絡するように
へ・・い

夜になって、勘太郎が奥で休んでいると、トントントンと音がする、玄関に人の気配
勘太郎が戸をあけると、一人の足の悪い老人(中野だん丸座長)が立っている
家の中に招き入れ、老人が所望した水を与えると、勘太郎は、ハッと気づき、
あなたは、国定忠治親分ではありませんか
いや、と一度は否定したものの、話すうちに老人は、俺が忠治である、勘太郎元気だったかと語る
勘太郎は、世話になった恩人の忠治に
親分のおかげで、こうやってまっとうな暮らしができております
その節はありがとうございました

赤ん坊だった勘太郎が立派に成長した姿を見て、忠治は、
昔話を語り始める
国定村の悪代官を切り、米蔵をあけ飢え死に寸前の百姓たちに米を分けあたえたこと、赤城山に立てこもったこと、勘太郎の父親の勘助がいかに立派な目明しだったかということ
一通り語り終えた忠治は、前のめりになった聞いていた勘太郎を前に、意を決して俺に縄を打てという・・・

<感想>
私はこの芝居も初見であった
主役を演じた中野だん丸座長を見なおしていた
というか私は、ほとんどだん丸座長を知らなかった、というのが正しい
4月の真芸座のゲスト出演と、前回11月3日の喜劇調の二人忠治の本物の忠治役
それしか観てなかったので、主役を演じたのを観たのは今回が初めて
結論から言えば、だん丸座長は芝居がうまい
おそらくまだ20代であろうだん丸座長だが、
勘太郎の一家に、訪れた瞬間から、老忠治であった
私には、だん丸座長が老人に見えた
年は若いが、さすが座長と名乗るだけある
この物語の登場人物は、5人
その中の、藤博太、中野雅、中野旭は、芝居の冒頭のみの出演ですぐに舞台を去った
その後は、忠治老の中野だん丸、勘太郎の中野貴之助のみの二人芝居
勘太郎は、主に老忠治の聞き役といった役柄だったので、8割は老忠治のひとり芝居という趣であった

ゆえに、この芝居では、老忠治を演じる役者の技量で良し悪しが決まるだろう
今回の老忠治、中野だん丸座長は、なかなかのものであった
出てきたときから、私には老人に見えたし、多くの独り語りも良かった

独り語りは、難しいと思う
なぜなら、言葉だけで、赤城山のことや、勘太郎をどういう経緯で助けたかを説明せねばならない
どんなに芝居が上手な座長クラスでも、この一人語りが苦手で、この芝居を出せない劇団もあるのではないかと思う

噺のプロ、落語家や講談師、あるいは俳優の故渥美清、あるいはさだまさしのような言葉の力が必要
たとえば、寅さんでおなじみの故渥美清
彼は、男はつらいよの映画の中で、妹のさくらをはじめ、車屋の面々を前にし、一人語り始める

お寺の鐘が、ボー―――ンと鳴る
あたりは暗くなり始めている
夕暮れ時の山村の家々に明かりがともる・・・・

寅さんが、そういう言葉をしゃべっただけで、映画館の観客たちはその情景が画像となって浮かぶ
いわゆる有名な寅のアリアだ
山田洋次監督は、渥美清さんの話術は、しゃべりの専門噺家に匹敵する
そこらの役者ではなりたちません
と、何かの番組で言っていた
つまり代役が効かない役者さんだったとのこと

さて、今回の主役だん丸座長
今まで2回、私はだん丸座長を観たことがあったが、ともに口上挨拶をされてた
とても、口が達者な役者さんだなあという印象を持っていた
だから、今回の忠治役は、口が達者なだん丸座長向きともいえる

一幕一景の芝居だった
私は、そういう舞台、何も変わらず、幕も閉まらない芝居は、あまり好きではないが、だん丸座長の熱演のおかげで、満足したのであった
やはり、座長を名乗る役者さんは、大したものだなあ、と私は感心したのである

<追記>
CIMG7853 - コピー
劇団は、久しぶりに乗った劇場で、
ただいま帰りました、と挨拶し
劇場の観客は、
お帰りなさいと応えると言う
日本語とは、かくも美しきものなのだ

画像は、松山劇場の最後方の壁に張られていたもの
おそらく、昨年の5月に松山劇用で公演した鳳凰座のファンのどなたかが、張ったものと思われる
アナログちっくな、この文字が
なんとも温かい気持ちにさせてくれる
そんな心持ちになりましたね
CIMG7852 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうです
関連記事
コメント
この記事へのコメント
山口様、素晴らしいです!!
こんにちは。

実は私はだん丸座長のお芝居を拝見したことがないのですが、山口様が、このお芝居のあらすじを簡潔かつ明瞭に書かれ、また観劇後の感想を拝読しまして、だん丸座長の熱演をぜひ拝見したいと思いました。
やはり山口様は卓越した文章能力をお持ちですね。

加津也座長は松山ファンの歓待からもお察しのように、とても気さくでお人柄も良く、何より「演じること」が大好きな役者さんだとお見受けしております。

山口様の、加津也座長主演「森の石松」のご感想もとても楽しみです(o(^-^)o
2014/11/14(金) 12:23 | URL | コスモス #-[ 編集]
コスモスさん
だん丸座長、この日は森の石松でも重要な役を演じてまして、大活躍でした
機会があったら、ぜひ一度
劇団蝶々の座長さんですから、鳳凰座のゲストで観ることあるでしょう

本日で3回目になりますが、鳳凰座の合同公演見てきたのですが、なんともすさまじいハナの数でした
遠征らしき人も多かった
加津也座長、すごく熱心なファンが多くいるのだなあと、改めて感心しました
まあ、私のようなおっさんでも、舞踊の座長が見得を切ると、クラっとくるくらいの男伊達ですからね
女性のファンは、なおさらですねwwww

あと本当にただの駄文ですので、読み飛ばしていただけたらと思います
あまり期待されて、がっかりされてもいけません
でも、観劇歴の短いなりに、感動した熱みたいなものが文章で伝わればと思ってます
2014/11/14(金) 21:22 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
山口様、今日の合同公演もお出ましになられたのですね?
私は鳳凰座さんが初大衆演劇観劇劇団さんだったのですが、座長への多額のお花には驚愕しました。
でも、そういった大口ご贔屓さんにも、私のようなお花などが出来ない者にも、少なくとも送り出しでは全く同じように接して下さいますので(賢い御方ですからあからさまに差別化などなさいませんよね(^^ゞ)気持ちよく観させて頂いてます。

ところで、山口様の文章はとても素晴らしいです!!!
11月24日は花魁ショーを予定されているようですので、座長の花魁のお召し物の素晴らしさと妖艶な美しさをぜひご覧になって頂き、山口様に素敵な文章で綴って頂きたく存じますm(__)mm(__)m
2014/11/14(金) 22:15 | URL | コスモス #-[ 編集]
若くして実力のある座長
今後の活躍が期待されます。
代役が居ない俳優と
呼ばれたら嬉しいです。
2014/11/15(土) 07:15 | URL | せいパパ #-[ 編集]
だん丸座長の老後の忠治、観たかったですね。
新生真芸座の時も喜劇しか観た事なかったもんで…
国定忠治のお芝居好きなので観たかったです。
老後の忠治は他の劇団サンで観た事があるのですが、ボロボロな姿で足を引きずり顔を隠しながら花道から出てくる、妖怪のようにも見える忠治が忘れられません。

だん丸座長の演じた国定忠治観たかったです。


2014/11/15(土) 14:06 | URL | JEWEL #-[ 編集]
コスモスさん
中野加津也座長って、そういう方なのですねえ
やっぱいいなあ
24日は是非行きたいのですが、ちょいと厳しいかもしれません
でも行きたいw

せいパパ さん
中野加津也座長、41歳なのですが、実は若い座長ではないのです
大衆演劇では、近年座長の年齢層が下がってるみたいで、
20代、30代の座長が多いですね

JEWELさん
それは、残念でしたねえ
ほんとこの日は、充実の観劇でしたよ
自慢するようで、すみませんw
いつか、だん丸座長の悲劇を観ることもあるはず
2014/11/16(日) 22:26 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1318-5de18778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック