元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

過去の観劇の記録-私は如何にして大衆演劇に嵌っていったか- ③-1  4月15日分
新生真芸座は、私が見た3劇団目で、3回目の大衆演劇の観劇となる
今から8カ月前となる

25年前に観た、なんとかまこと劇団の、台詞をとちったのを笑いに変えてたのに幻滅し、その後大衆演劇を観なかった私
今年3月の劇団昴星の公演を観て、芝居は真面目に作られてたし、
ショーの華やかさがとても印象的で、また行ってもいいなと思ってた私は、4月に新しい劇団がきたので行ってみた
4月の公演は、新生真芸座 哀川昇座長

CIMG5509 - コピー

第二部 芝居
外題 忠治信濃路落ち

<あらすじもどき>
ご存じ国定忠治
落ち目になっていた忠治は、足を洗った子分の元を訪ずれる
堅気となった元の子分は、夫婦となり料理屋を営んでいる
一目様子をみたら引き上げるつもりだったが、元の子分は、今晩だけでも泊まっていっておくんなさい
その言葉に甘えて忠治は、泊まることにするのだが、
そこへ、忠治を追う奴らが現れる・・・・

※JEWELさんより、詳しいあらすじをいただいたので、一番下に追記とさせていただきました

<感想らしきもの>
正直に言うと、覚えてるのはこのくらいで、あとどうなったのかさっぱり思い出せない
覚えてること自体も、正確なのか自信がない
配役も、哀川昇座長が忠治だった以外は、まったく覚えてない
忠治役の哀川昇座長が、権助言葉を使ってた場面があった気がする

印象としては、真面目に演じてたし、劇団蝶々の中野健次郎座長、中野だん丸座長がゲストで出演しており豪華でもあったから、悪くはない
国定忠治なら、名前を知っているからというのが、この日行った理由

芝居後の口上挨拶で、哀川昇座長、中野健次郎座長、中野だん丸座長が三人でトークしてたのだが、だん丸座長があまりにもよく喋るので、哀川昇座長が退屈して寝転んだり、最後は「もう、一人でやってよね」と、だん丸座長一人をおきざりにしたのは、よく覚えている
だん丸座長は、めげずに、一人でぺらぺらとずーっとしゃべってたw
だん丸座長は、喋りも上手なので、落語家とかになっても、けっこう売れたんじゃないかなあと思う

CIMG8376 - コピー

CIMG8377 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす



<追記>
JEWELさんより、詳細なあらすじをいただきましたので、追記とさせていただきます


忠治信濃路落ち…泣けるお芝居ですね。

山口サンの記憶であってますよ~♪

<忠治信濃路落ちあらすじ>
忠治を追う役人が二組いるんですが、賭けををして…『3日以内に忠治を捕らえられなかったら自分で腹を突きます。』と言う役人と、『5日か10日?(何日か忘れましたが)で捕らえられなかったら、腹を十文字に裂いて村を歩いてみせる』と言った役人の会話から始まります。
忠治の元子分の嫁の姉が(いつもだったら座長の奥さんがやる役なんですが…中野兄弟が来てたらどっちかがこの役やってるかも…)先ほど3日以内の賭けをした役人で、『もし忠治がやってきたらすぐに自分に知らせて欲しい』と妹夫婦に釘をさしにくる。

忠治が元子分の家にやってきて一晩泊まってもらうことになる。
忠治が元子分の営む店で酒を呑んでいると、妹の姉(役人)が突然やってくる。
忠治に気付いてか、役人は『酒を呑んで帰るから酒をもってきてくれ』と言って、忠治と同席する事となる。
役人は独り言として、役人から追われの身の国定忠治の話、元子分の家に逃げ込むであろうを始めた。
役人『お客さん、この国定忠治をどう思いますか?』
忠治『私が忠治だったら…カタギになった元子分の幸せを願って何も言わずにその場を去ります。』
役人『その言葉が聞けてよかった』
といって、役人に必要な通行手形を机に残して去ろうとする。
忠治『お役人さん、何か忘れ物ですよ』
役人『それは私の物ではありません。貴方の物では、ありませんか?違うのであれば誰かが、落としていった物でしょう。私は役人ですからもし通行手形がなくても十手があるから大丈夫です。それに、その通行手形がないと困る御方もいらっしゃるでしょう。』
と言ってその場を去る。

もう一組の役人が噂を聞きつけて元子分の家にやってくる。
元子分は、忠治を逃がそうとするが間に合わず役人に見つかってしまった。
忠治はその役人を切ってしまい、そのすぐあとに妹姉の役人がやってくる。
役人『なんで、さっさと行かなかったんだ…なんのために通行手形を渡したと思ってるんだ』といって忠治を捲し立てる。
忠治は役人の気持ちを、ありがたいくらい分かっていたので役人に縄をかけてもらう為、座り込み両の手を前に出す…。

最後は役人が縄をかけて幕締めだったとおもいます。
台詞の言葉使いとかぜんぜん違うと思いますが(^^;
アタシが文章にすると、なんか薄っぺらく感じますが本当はもっと厚みのある内容ですので(T_T)

4月の新生真芸座では、だん丸座長と健次郎座長3日間くらいゲスト出演した中でアタシは2回しか観に行ってないので、この時の【忠治信濃路落ち】観てないんです(^-^;
だん丸座長の演技好きやから、行けば良かったと少し後悔しております。
新生真芸座の公演は、行ってない日が1、2回くらいしかないくらい観に行ったんですが、昇座長の悲劇には思いっきり泣かされましたw

2014/12/11(木) 17:53 | URL | JEWEL


JEWELさん、ありがとうございました
関連記事
コメント
この記事へのコメント
忠治信濃路落ち…泣けるお芝居ですね。

山口サンの記憶であってますよ~♪

忠治を追う役人が二組いるんですが、賭けををして…『3日以内に忠治を捕らえられなかったら自分で腹を突きます。』と言う役人と、『5日か10日?(何日か忘れましたが)で捕らえられなかったら、腹を十文字に裂いて村を歩いてみせる』と言った役人の会話から始まります。
忠治の元子分の嫁の姉が(いつもだったら座長の奥さんがやる役なんですが…中野兄弟が来てたらどっちかがこの役やってるかも…)先ほど3日以内の賭けをした役人で、『もし忠治がやってきたらすぐに自分に知らせて欲しい』と妹夫婦に釘をさしにくる。

忠治が元子分の家にやってきて一晩泊まってもらうことになる。
忠治が元子分の営む店で酒を呑んでいると、妹の姉(役人)が突然やってくる。
忠治に気付いてか、役人は『酒を呑んで帰るから酒をもってきてくれ』と言って、忠治と同席する事となる。
役人は独り言として、役人から追われの身の国定忠治の話、元子分の家に逃げ込むであろうを始めた。
役人『お客さん、この国定忠治をどう思いますか?』
忠治『私が忠治だったら…カタギになった元子分の幸せを願って何も言わずにその場を去ります。』
役人『その言葉が聞けてよかった』
といって、役人に必要な通行手形を机に残して去ろうとする。
忠治『お役人さん、何か忘れ物ですよ』
役人『それは私の物ではありません。貴方の物では、ありませんか?違うのであれば誰かが、落としていった物でしょう。私は役人ですからもし通行手形がなくても十手があるから大丈夫です。それに、その通行手形がないと困る御方もいらっしゃるでしょう。』
と言ってその場を去る。

もう一組の役人が噂を聞きつけて元子分の家にやってくる。
元子分は、忠治を逃がそうとするが間に合わず役人に見つかってしまった。
忠治はその役人を切ってしまい、そのすぐあとに妹姉の役人がやってくる。
役人『なんで、さっさと行かなかったんだ…なんのために通行手形を渡したと思ってるんだ』といって忠治を捲し立てる。
忠治は役人の気持ちを、ありがたいくらい分かっていたので役人に縄をかけてもらう為、座り込み両の手を前に出す…。

最後は役人が縄をかけて幕締めだったとおもいます。
台詞の言葉使いとかぜんぜん違うと思いますが(^^;
アタシが文章にすると、なんか薄っぺらく感じますが本当はもっと厚みのある内容ですので(T_T)

4月の新生真芸座では、だん丸座長と健次郎座長3日間くらいゲスト出演した中でアタシは2回しか観に行ってないので、この時の【忠治信濃路落ち】観てないんです(^-^;
だん丸座長の演技好きやから、行けば良かったと少し後悔しております。
新生真芸座の公演は、行ってない日が1、2回くらいしかないくらい観に行ったんですが、昇座長の悲劇には思いっきり泣かされましたw
2014/12/11(木) 17:53 | URL | JEWEL #-[ 編集]
JEWEL さん
わーーーーーー、
ありがとうござんす
事細かに教えてくれて感謝
そういう芝居だったのですね、いい話ですねえ
って、私は芝居そのものを観たのにw、全く覚えてなくて
寄る年なみで、私には記憶力がないのではと思うほどですよお涙
だから、今ブログにあらすじ書いてて正解ですよね
忘れないうちに、記す
記憶の保持になるし、最悪自分のブログ読み返せばいいw

あと、新生真芸座には、そんなに通ったのですね
すごい
私は当時、大衆演劇って1劇団1観劇でいいと思ってたので、
今から思えば残念です
こんどいつ帰ってくるか分からないですものね

あらすじは、コメント欄ではもったいないので、本編の追記記事とさせていただきますね
2014/12/11(木) 22:57 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
文章力ないもので…あの内容で伝わるのか心配だったんですが、アタシの記憶コメントを山口サンの大切なblogに追記してもらいありがとうございます。
国定忠治のお芝居好きやし、【忠治信濃路落ち】は新生真芸座でも何度か観てるし、他の劇団サンでも観た事あるので記憶に残ってました。配役や内容が劇団によって若干違ったりしますが、新生真芸座はあの感じだったはずです。
新生真芸座サンは2年前の10月マツゲキ公演で初めて観てからハマリまして、去年の9月奥劇での柿落とし、今年の4月マツゲキと短期間で松山に帰ってきてくれたんです。
2年前の前は5年あいたらしく、久しぶりの松山だったらしいのですが…
悲劇好きのアタシにはピッタリの劇団サンだったので、できるだけ早く帰って来てほしいものです。
山口サンにも観てもらいたいお芝居が沢山ある劇団サンです~(*^^*)
2014/12/12(金) 04:01 | URL | JEWEL #w4Ib0zSU[ 編集]
JEWEL さん、
何をおっしゃる、こちたこそ、それこそ倍ぐらいの感謝でございますよ
私のあらすじで不足してるときは、また補足記事お願いしますww
JEWELさんが、そんなに新生新芸座を観てたとは、すごい
オクゲキでは、公演した劇団の歴代の座長の写真を、展示してますが、昇座長は、そのトップに燦然と輝いてますからね
それと、悲劇とか泣かせる芝居が上手な劇団、座長様だったとは、返す返すも残念だあ
私が、大衆演劇に嵌ったのは、翌月の三代目鹿島順一劇団からになるし、鹿島の芝居を観て、私が悲劇好きの傾向があると気付いたもので
新生真芸座は、松山劇場での公演のあと、しばらくして東京の篠原とか木馬館とかに公演してたから、人気実力がある劇団なのだなあと思いました
悲劇好きのJEWELさんがお勧めの劇団なら、私にとっても好みのはずなので、こんど帰ってきたら、たくさん観たいっす
2014/12/12(金) 23:25 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
こんにちは

いつも私のブログに
コメントしてくれて
ありがとうございます。

思いきって
私の拙い感想を言えば

私も…このお芝居は
大好きです。

鹿島も
新生真芸座もどちらも
観ました。

鹿島の方を先に観たせいか
私の目が未熟なせいか
鹿島のお芝居では
見終わったあと
感動の涙が胸から込み上げて
来たのに

真芸座のお芝居からは
昇さんがかっこよかった
という感想しか
思い浮かびません

鹿島のお芝居は見所満載だけど
中でも、ラストシーンが
忘れられません‼
2014/12/14(日) 06:01 | URL | さくらっち #-[ 編集]
さくらっちさん
コメントありがとうござんす
鹿島のこの芝居も観たとのこと
鹿島のことなら、何でも知ってるさくらっちさん
さすがです

鹿島は、やっぱ泣けますよね
そこが素晴らしい
早く、再開してほしい
松山に来てほしいです

明日から、鹿島記事4日間UPします
2014/12/15(月) 05:25 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1350-72a56932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック