FC2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

前狂言が泣かせどころのある芝居だったので、ということで切狂言は喜劇だそうだ

第三部 切狂言
外題 虎の改心

<あらすじ>
大工の虎(不動倭座長)は、普段はいい男なのだが、酒癖が悪い
半ドンで昼から酒を飲んで酔っ払い、女房に絡み始める
それを見た養父が女房を庇うと、おめえら実の親子どうしで間男してるんだろう、と包丁を持って二人を追いまわす
殺されてはたまらないと、二人は逃げだし棟梁の家へ行き相談
棟梁(勝小虎代表代行)は、一計を案じ、酒癖の悪い虎を改心させるために、ひと芝居うつことに
虎がかけつけると、
虎、おめえが持ってる包丁よりこっちの方がいいぞと、鉄砲(実はおもちゃで殺傷力はない)と交換し、
そんな二人は殺した方が良い、虎、鉄砲で撃ち殺してこい、とけしかける
その気になって、二人を追いかけて茶屋へ行く虎なのだが・・・

<感想>
私の苦手な喜劇なのだが、笑えるところもあった
終盤、女房、養父を含む5人の人間が、おもちゃの鉄砲で撃たれて、死ぬまねをするシーンがあるのだが、
太陽にほえろの殉職シーンのパロディーや、妙な舞踊したあと倒れるとか
チュウブの養父を演じた、宝華弥寿のぶっとんだチュウブ振りも笑えた

CIMG9415 - コピー
CIMG9414 - コピー
不動倭座長、口上挨拶
虎の衣装化粧のまま 藤山寛美風ですな
この日は、大入りが出たが、50人くらいの入場だったと思う
ふれあい公演としては、少なかった印象だ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1385-5e2f30f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック