元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

この日の芝居は、鳳凰座の新作の喜劇であった

第一部 芝居 
外題 清水港に来た男

<あらすじ>
森の石松と追分三五郎が、次郎長とまだ出会ってないころの噺
湯屋に、赤羽の親分と、二人の子分が訪れる
借金を返せ、返せないのなら妹のおかよを連れていくと、拉致
姉のおみつが蹴られて倒れていると、森の石松が俺に任せろと、赤羽一家に殴りこみに行く
これを見ていた、追い分け三五郎、石松が長脇差を忘れたのを見てあとを追う
赤羽一家で、石松と三五郎はおかよを救出
あとを追っかけてきた赤羽を殴って、鼻をつぶす
赤羽が、弟分の清水次郎長のところにいき、仇をうってくれと言うのだが、鼻がつぶれてるので、ふがふが言って聞き取れない
そこへ、森の石松と追分三五郎が、清水次郎長に殴りこみをかけるのだが・・・

<感想>
ふがふが言って、何を言ってるか分からないところで笑いを取るタイプの喜劇
加津也座長は、三枚目のメイクをしての熱演だった
中野健次郎は、見せ場の多い二の線の追分三五郎
新作だったので、ギクシャクしてもいた
加津也座長はアドリブを入れてたが、突っ込み役の藤博太には荷が重かったように私は思う
客席はそこそこ受けていたが、すべる場面も多かったように思う、初めての芝居だからこれは仕方ない
まあ、何回も上演するうちに、さらに良くなっていくと思う

以前私が観た、劇団炎舞の作品と同じ内容の芝居だったが、いくつか細かい点が異なっていた
炎舞版で、茶屋の親父と娘の関係が、鳳凰座版では、湯屋の姉と妹になってたり、次郎長一家の場では、次郎長と小政だったのが、次郎長と江尻だった点
最大の違いは、炎舞版では石松が一人で解決するのが、鳳凰座版では、石松と三五郎の二人が協力してといった点だね

私の個人的には、森の石松の愛刀、新刀鍛治池田鬼神丸は、浪曲では次郎長にもらったこととなってたので、次郎長と出会う前から持ってる点は、違和感が
まあ芝居の本筋とは全然関係のない瑣末なことで、気にするようなことではない

しかしなんですな、やはり、鳳凰座に喜劇は似合わない
加津也座長がインタビューに答えてるとおり、鳳凰座は上品な劇団を目指している、鳳凰座の売りは古い芝居、股旅もの、悲しい話
その方が、似合いますな
まあ、毎日違う芝居をする大衆演劇だから、あまり上品でない喜劇もせねばならないのでしょう

CIMG0217.jpg
芝居後の口上挨拶、この日は中野だん丸さんが、加津也座長が塗り替え中とのことで口上代行
相変わらず、しゃべりも達者でござんす
だん丸さんは、清水次郎長を演じたが、やはり芝居がうまいね
口上の中で、加津也座長が今後、三枚目を演じる芝居を増やしていくそうですよ、と言ってたが、
それは困る本当だろうか、やめて欲しいと多くのファンは思ってるはず

CIMG0215.jpg

CIMG0218.jpg


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1430-2bb63d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック