元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

CIMG1039.jpg

恋川純座長が女形で主役を演じた
ミニショウなしの通し狂言で、おそらく特選狂言
1時間半の長い芝居であった、一幕二場

<あらすじ>
白金屋の若旦那は家を捨て、元芸者と長屋で貧乏ながらも、時には喧嘩しながらも幸せに暮らしてた
ある日、若旦那の弟が訪ねてくる
若旦那は留守と、芸者が言うと、
いえ、今日はあなたに話があってきたのです、どうか兄と別れてください
本家が跡継ぎの件できます、今なら兄が跡継ぎとなれるのです、どうかお願いします、だめならここで私は死にます
芸者は最初断るが、弟の並々ならぬ決意と、若旦那の将来を考え身を引く
若旦那が帰ってくると、芸者はわざと悪態をつき、喧嘩別れのような形となる若旦那は出て行く
芸者は、若旦那にそんなみすぼらしい格好で帰したら、私が笑われると、新調してた羽織袴を着せて送り出す
お互いに好きあってるもの同士、果たしてこのまま永久の別れとなってしまうのか・・・

<感想>
男と女の人情話ですな
恋川純座長は、昔はどうか知らないが、今はずんぐりとしてて、正直あまりきれいな女形とはいえないが、芸がある
観てて、女としか思えないほどの演技であった
設定から言っても、トウの立った元芸者で、まさにはまり役だ
若旦那を演じた、たぶん恋川しん弥も、実にいい演技だった
おそらくこの二人がツートップで、桐龍座恋川劇団を牽引しているのじゃないかと思う

CIMG1041.jpg

CIMG1047.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1474-dd6fb58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック