元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
外題はへちまの花
松竹新喜劇のこの芝居を私は今まで逃げてきた
奇天烈な化粧をした喜劇はいやだと
この日も外題が分かって帰ろうかと思ったが、他へ行けば間に合わないので見た

第二部 芝居
外題 へちまの花

<あらすじ>
山に住んでる兄妹のもとへ、材木屋の若旦那が妹を嫁にほしいと訪れる
以前、妹を見た若旦那が一目ぼれしたのだ
兄妹は喜ぶが、妹の顔を若旦那が見ると、醜い顔であった
若旦那は、後姿を見て見初めたのであった
祝言の日がきた、兄妹が山を下りて、材木屋の屋敷にやってきた
若旦那はなんとか断ろうと、肺病やみを演じたり大工の熊さんに借金取りになってもらったりする
ところが、妹は、寛大な心を見せ、力を合わせて解決していきましょうと前向き
そんな妹の姿をみて、若旦那の気持ちがだんだんと変わっていく・・・

<感想>
笑って泣かせる人情喜劇、いい話である
座長演ずる妹は、最後熱演で、ぼろぼろと泣いてる観客もいた
笑いの部分は、あまり良くなかった気がする
特に大工の熊さん役は、若い女の役者が演じてたがミスキャストだろう
やはり、ベテランの役者の方が適役だと思う

CIMG2152.jpg
芝居後の座長口上挨拶

CIMG2124.jpg
CIMG2125.jpg
CIMG2129.jpg
CIMG2151.jpg
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1515-ef146576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック