元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

私は子役、あっちっち雄大のファンになった
芝居は初めて見たが、実に堂々としたもので、座長とかお母さんにいじられて観客に笑われるだけでなく、自らの台詞で笑わせている
大したものだ
また、舞踊ショウが、これまたなかなかのものなのだ
小学三年生ながら、舞踊も達者だし、それ以上に扇子の扱いが素晴らしい
要がえしの連続技や、扇子を投げたり取ったりも自由自在、取り方も難しい取り方を楽々こなす
まあ、大神楽的なすごさとも言えるが
天才子役というのを、聞いたことがある
たとえば、こもちゃ時代の二代目市川おもちゃとか、とんぼ時代の橘炎鷹とか、大日方こうせんとか、コピーたかし時代の三代目南條隆(影虎)であるとか
私は大衆演劇を観だして日が浅いので、彼らの子役時代を知る由もないが、
あっちっち雄大は、天才子役なんじゃないかと思う
子役とは、中学に入る前くらいまでを言うのだと思うが、私が見た中では、劇団勇舞の小学5年生ベビー時丸くんがぎりぎり子役なのかな
あと、桃色さくら2歳が面白い
走ったり跳んだりのレベルなのだが、人懐っこいので、物おじせず舞台でにこにこしてて、客席は湧く
おにいちゃんたちが、側転すると、まけじとでんぐり返しをして失敗して、にこにこしてる
劇団輝は、ベテラン俳優が少ないので、子供を主力に芝居とかもやってきた実績があるので、子供の活かし方のノウハウがあるのかもしれない

第二部 舞踊ショウ
この日も、近江飛龍方式で、次の演者が出てくるまで、舞台をあけなかった
CIMG2943 - コピー
CIMG2944 - コピー
CIMG2945 - コピー
CIMG2947 - コピー
CIMG2948 - コピー
CIMG2949 - コピー
CIMG2952 - コピー
CIMG2953 - コピー
CIMG2954 - コピー
CIMG2955 - コピー
CIMG2956 - コピー
CIMG2958 - コピー
CIMG2959 - コピー
CIMG2961 - コピー
普通ならラストショウに出ない、太夫元クラスがラスト前を飾るが、劇団輝のこの日は、あっちっち雄大が踊る
これが、かなり客席を沸かせるのだ、すごいねえ

ラストショウ ムサシ
CIMG2963 - コピー
CIMG2964 - コピー
CIMG2966 - コピー
1曲踊って終わりだったが、剣舞もあってまずまずのラストショウであった

CIMG2967 - コピー
大入りの三本締めがあった
終演後、観客のパタパタを桃色さくら2歳が集めて回り、その微笑ましい姿に観客はニコニコしていた

CIMG2968 - コピー
拾えた粗品

<追記>
CIMG2969 - コピー
冬の露天風呂はつらい、この注意書きの意味は分かるが、2階の内風呂に入り、1階の脱衣場に降り、さらに地階の露天風呂に出るのは、面倒なのだ
いまさら言っても詮無いが、なぜ露天に前室を作り内風呂を設けなかったのか、冬の風呂客はぐっと少ないぞ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1552-ddc0f631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック