元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ベスト5といっても、劇団武ると劇団輝だけだが、たくさん観るころができたのでまとめておく

1位 神崎与五郎東下り 丑五郎懺悔 劇団武る

主役丑五郎を演じた都京太郎の底力を見せつけられた芝居であった
三条すすむ座長の神崎与五郎も素晴らしかったし、ゲストの伍代孝雄の演じた講釈師は、そこらの役者には務まらないだろう
悲しい場面だけでなく、笑えるところも入れており、エンターテインメントとしても素晴らしい出来であった

2位 妻恋しぐれ 劇団武る
劇団武るの松山劇場初日に、いきなり魅せた素晴らしい芝居であった
主要な人物の、三条すすむ座長、都京太郎、都実千代が3人とも涙しながらの舞台であり、
女親分の小夜子が、大立者を演じた

3位 雁金文七 劇団武る
伍代孝雄が、もの凄い悪い役だった
悪役がしっかりしてると、主役が映えるというのを、つくづく思い知らされた芝居であった

4位 浅草三兄弟 劇団武る
都京太郎の悪役振りも良かったし、三条すすむ座長の弟分を思う気持ちも伝わったが、
なんといっても月城小夜子の女主人振りが素晴らしかったですなあ

5位 三浦屋孫次郎 劇団輝
劇団輝は、たつやあたりが、必ずゆるい笑いを入れてくるが、特選狂言のこの作品は、一切の笑いを排除していた
主役の大虎と葵たけし座長の親子がいい芝居をした

次点 兄弟分 劇団武る
ゲストに沢田ひろしを迎えた公演であった
三条すすむ座長と、沢田ひろしの芝居合戦が素晴らしかった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1628-c976dce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック