元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ここ2日間、松山劇場は平日にも関わらずダブルの大入りだったそうだ
春陽座は、割引券を延長して、2月序盤を良いスタートが切れたと思う
私は、5日6日に使える割引券は持ってたが、喜劇だったのでパスした
この日は、特選通し狂言と題して、顔見世ショウ無しで、1時間20分ほどの長い芝居であった
観客は、40人ほどで昼の大入りとはならなかったが、なかなかいい芝居が観れた、行って良かったと思う

第一部 特選通し狂言 不知火お藤

<あらすじ>
1場
大盗賊の雲霧仁左衛門とその一党は、安部式部(心座長)率いる火付盗賊改方の包囲網に一網打尽にされつつあった
木鼠吉五郎らの幹部たちも捕縛され、雲霧仁左衛門(かずま座長)と不知火お藤(かな)にも、その包囲が迫っていた
お藤は、
死ぬのは怖くないけど、私を捨てたおっかさんに、なぜ捨てたのか聞いてみたかった、と漏らす
すると雲霧は、
お藤、今から母親を探して、会ってこい
その刹那、安部以下火盗改の捕り手たちが現れ、二人を取り囲む
雲霧は、身を捨ててお藤を逃がし、自らはお縄を受けた
2場
逃げのびたお藤だったが、やはり捕り手に追われている
緊急避難的に、一軒の民家へ逃げ込んだ
一人の老婆(真緒)がいて、親切に怪我の手当てなどをしてくれ、互いに話をする
老婆は、目明しの息子と二人暮らしをしており、息子は留守であった
老婆の身の上話を詳しく聞いていくと、もう一人娘がいたのだが事情があり別れたという
お藤は、どうやら自分を捨てたおっかさんは、この人だと気付く
そのことは告げず、お藤は老婆に、
なぜ生まれたばかりの女の子を捨てたんだい、と問うのだが・・・

<感想>
これはなかなか良い芝居であった
ギャグやアドリブなどを、ほぼ排した芝居で、本来の春陽座の芝居とはこういうものかも知れない
初代座長の澤村新吾責任者が、一から脚本を書いたという春陽座のオリジナル狂言なのだそうだ

大衆演劇的な部分もあるが、大衆演劇っぽくない部分もある
大衆演劇的な部分とは、死ぬ前に自分を捨てたおっかさんに会いたいという人情噺にスポットを当ててる点がまさにそう
大衆演劇っぽくないというのは、例えば終盤
不知火お藤が、おっかさんの目の前で捕縛されおっかさんが涙するとか、あるいはどうせ捕まるなら新米の目明しである弟の手柄になり捕縛されるとかといった、大衆演劇的な話にはなってない点
お藤は、老婆の家を出て捕り手たちから逃げ2場は幕となり、3場の幕があがると衝撃的な結末へ向かっていく
大衆演劇は、分かりやすい芝居を分かりやすく演ずるので、必要以上に台詞で丁寧に説明するが、
このオリジナル狂言では、3場、4場にあまり説明がなく、唐突に場面が進み、結末を迎えるといった演出となっている
その分、観劇後にドーンと言う感じで、いつまでも最後のシーンが印象が残るといった作りとなっている
まあ一言でいえば、観劇後に余韻が強く残る芝居、そこが良かったのである

主演のかなと真緒には、それぞれに長い長い独り語りがあるが、二人はなかなか熱演であったし、演技も上手なので良かった
これは、しっかりした役者でないと、退屈なシーンとなってたかもしれない
心座長とかずま座長は、それぞれ一の線だったが、特にかずま座長は、貫禄たっぷりで、さすが座長だなあと感心した
1場での殺陣に関して、春陽座は刀をぶつけ合う殺陣なので迫力があっていい、今後の芝居も楽しみだ
一つ難点を言うと、澤村かなの殺陣は少し弱かったかな(洒落ではないw)

私は以前、池波原作五社監督の雲霧仁左衛門の映画を観たことがあるが、
雲霧仁左衛門、盗賊もするのだがそれは仮の姿、元侍で以前自分を陥れた尾張藩主と家老たちへの恨みを晴らすべく、最後は、尾張徳川藩に単騎で斬り込むというような話であった
今回の「不知火お藤」は、今風に言えばスピンオフ作品といったところだが、雲霧のキャラクターを借りた別の話と考えた方が良いかもしれない
木鼠吉五郎や、追分三五郎、夏目の新助などのキャラを借りてきて主役にした、全然別の芝居も大衆演劇にはあるから、そう考えると自然だ

CIMG4472 - コピー
CIMG4474 - コピー
芝居終演後、この日は、澤村心座長口上挨拶
本日の、「不知火お藤」は他劇団では絶対見れない、春陽座が自信を持ってお届けするオリジナルの芝居でしたが、明日の「夢の中の親子」はもっといい芝居、今月する芝居の中でも、おそらく一番いい芝居ですよう
2月序盤は喜劇を主体にやってきたけど、うちは芝居の春陽座と呼ばれてるくらいで、今日のようないい芝居をどんどんやっていきますから、またきてくださいね、とのこと

心座長の話は、私としては大歓迎
ちょいと口が過ぎてる気がしないでもないが、このくらい次回の芝居を熱心に宣伝してもらった方が、個人的にはいいですなあ

CIMG4466 - コピー

CIMG4467 - コピー - コピー CIMG4468 - コピー - コピー
生花は多い方だと思う

CIMG4470 - コピー
13日までの外題が出てたねえ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
お外題
見てると、結構みたお芝居やら、ショーやらあって

コメントが長くなりそうですが、ここはじっとこらえてv-12

春陽座のお芝居は、喜劇でも、最後はジンと来ますよv-221

私も、心座長の
「明日のお芝居は・・・」につられて、通ってしまいました

春日座レポ楽しみにしています

私は、今月
恋川中心で、
劇団鯱、一回
たつみ演劇BOX・・・あと2回の予定です。
2015/03/08(日) 02:09 | URL | お富 #-[ 編集]
お富さん
先日の芝居は、本当に良かったです
明日は、喜劇調の芝居のようなのですが、
行ってみようと思ってます
ジンときたかどうかは、また報告しますね
恋川は、ええですなあ
松山くんだりには、きてくれませんね多分
2015/03/10(火) 00:05 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1645-f36358f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック