元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

劇団双六は、今回で4回目の観劇となった
うすうす感じてたが、劇団双六は九州演劇協会所属だが、九州劇団っぽくない印象である

第一部 特別狂言 雪化粧

<あらすじ>
時代は明治か大正の頃
旅芝居の双六座、先代座長の娘である如月静花(藤ひろし座長)は、一座で役者をしている
静花の夫の光明亮太郎(亮太郎)は、双六座の現在の座長をしているが、折り合いが悪い
静花は、亮太郎に懸命に仕えているが、邪険にされており、その母(こけし)にもうとまれている
ある日、亮太郎とその母は、伊勢屋のお嬢さん(凛)の金に目がくらみ、これだけあれば自分たちで一座を立ち上げられると、双六座を去ってしまった
双六座の太夫元である、静花の実母(美鈴)は、
座長がいなくなったのでは、興行が立ち行かないねえ、双六座をたたもうか
しかし静花は、
おっかさん待って、双六座は死んだおとっつぁんとおっかさんが、苦労して作った一座、潰したくありません、私が座長になるわ、がんばってみたい
でも静花、男でもなかなか大変な旅芝居の座長、女のお前につとまるかだろうか、まあお前にその覚悟があるのならやってみなさい
おっかさん、頑張るわ
それから静花は懸命に頑張ったが、一座はさびれる一方
悪いことは重なるもので太夫元である母も亡くなり、4か月後に静花は一座をたたむ決心をする
贔屓客の新ちゃんの茶店に行き、一座をたたむので着物や鬘を50円で引き取ってもらえないだろうかと相談する
すると、陰で聞いていた一人の男、歌舞伎界の市川団十郎(飛鳥)が、静花に情けをかける・・・

<感想>
まずまずの芝居
旅芝居の一座が舞台という発想が面白いし、座長始めみなさん熱演だった
難点は、これは仕方ないのだが、飛鳥にまだ貫禄がないこと
若い団十郎という設定ではあったが、やはり一の線の役だから貫禄あるベテラン役者が欲しいね
それと、最後がとってつけたような人情噺になってしまったこと
最後の場で、主役の静花は、最初金だけをそっと渡して去ろうとしてたのに、最後は、ほっといてくれと言うのに関わらず連れて帰った
なぜ行動が変わったのか、そこに納得いくやりとりがなかったように、私には思えた
最初からそんな気持ちがあるのだったのなら、最初から連れて帰ろうとするんじゃないかなあ

この芝居も、若葉しげるが作った芝居なのだそうだ
藤ひろし座長の口上での話や、ブログを読むと、若葉しげるに心酔してる感じだ
私は、若葉しげるを見たことないが、主に東京で今でも女形を得意としてると読んだことがある
才人で芝居作りにも秀でた才能があるそうだが、極めの細やかな芝居が多いのだろうか
そういえば、三代目南條隆の襲名披露公演の芝居も、若葉しげるがつけたと言ってたな
藤ひろし座長の女形芝居は確かにうまいし、多いのも若葉しげるの影響だろうか

先日観た親恋道中も、若葉しげるの助言で、結末を脚色したという

(以下、藤ひろし座長のブログより転載)
『終演後明後日の芝居親恋道中の一部脚色し直しのお稽古しました!
若葉先生にアドバイス頂いたやり方を参考に脚色してみました!
前より明るく終わるようになってます(^-^)
悲劇は大好きなんですが今は受けがよくないかな~?
時代に合わして旧態然の大衆演劇芝居の悪い部分等を改善したり脚色し直す必要がありますね♪』

私は疑義がある、まあ、以前記事にした通りだ
劇団によって演じ方が違うのはいいと思うし、工夫することも大切だと思う
ただし、悲劇を明るく終わるようにせず、悲劇を悲劇として演ずる劇団について、工夫が足らないんじゃないか、みたいにも聞こえる
悲劇を悲劇のまま演ずることが、『旧態然の大衆演劇芝居の悪い部分』と、私は思わない
13日予定の川北長次(おそらく遊侠三代と思われる)も、若葉しげるのアドバイスを入れて、結末を脚色するそうだ
あの悲しい芝居も、結末を少し明るくするということだろうか

今月の奥道後劇場は、今年初めての九州演劇協会だったので、久々に男っぽい芝居が観れるかなと期待してたのだが、ちょっと違う感じである

CIMG4658 - コピー
芝居終演後の座長口上挨拶
藤ひろし座長は、ほんとトークが達者ですなあ
大入りは、8日の時点で15枚出たそうである
先月55枚出した劇団輝より、早いペースだから、60~70枚は行きそうな勢いですな
CIMG4653 - コピー

CIMG4651 - コピー
最近の奥道後劇場は、○○の日を増やしている
カレーの日なども出揃ってた

CIMG4652 - コピー - コピー
CIMG4652 - コピー
いろいろ工夫してますなあ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1651-3c649809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック