元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

まずまずの芝居であった

第二部 特別狂言 旅鴉

<あらすじ>
横車一家に、代貸の夜鴉銀次(すすむ座長)が帰ってくる
親分(紫龍)から、中乗新三に女房をとられたと聞かされた銀次は、
間男退治は、わっしに任せてくださいと、新三を追う
銀次が一家を出ると、入れ替わりに新三(直斗)が一家へやってきて、親分を殺してしまう
その後新三は、5年ぶりに実家に戻り、おっ母あ久しぶりだ、俺は堅気になり親孝行したい、と言う
母(小夜子)は喜び、新三の許婚おみつ(たか虎女形)との祝言も取り決めた
夜鴉銀次が新三の実家へやってきた
やい新三、親分の仇だ、覚悟しろ
新三は、まってくれ横車の野郎は悪い奴だ、殺したのには訳がある
わっしの話も聞いてくれと言うが・・・

<感想>
まずまずの芝居といったところ
いい話だし、三条すすむ座長は泣かせの芝居がうまいと思うが、
中盤まで、しょうもないギャグみたいなのが続くと、最後の愁嘆場がとってつけたようになる
ちょっと、ゆるーい笑いが長すぎた
まあ、客席に私語する人も多かったので仕方ない

CIMG5216 - コピー
座長の口上
17日は休み、18日は名月佐太郎笠で楽しい芝居とのこと
今月は、毎日外題を変えてますよとのこと

名月佐太郎笠は、確かに喜劇調の芝居ですな

CIMG5217 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1679-653e7d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック