元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
座長大会の芝居は、オールスターキャストで派手だが大味、というイメージがあったが、この芝居はかなり良かった
春陽座澤村新吾責任者が、つけた芝居だそうである

第二部 芝居 忠治外伝 恩と義理

<あらすじ>
長岡忠治(紅あきら)が捕えられた
元子分の疾風の由造(橘炎鷹)は、高札でその事実を知る
由造は、7年前堅気になり今は猟師をして女房子を養っている
日光の円蔵(澤村心)や子分たちは、忠治奪還を狙っているが、関八州の役人島隼人(澤村かずま)の取り締まりが厳しく苦戦を強いられていた
由造の元へ、目明しの友蔵(大和みずほ)が訪れる
友蔵は女房およし(澤村慎太郎)の兄、由蔵からみれば、義理の兄にあたる
由造、絶対に忠治を助けたりするんじゃねえぞ
へい、わっしはもう堅気になってるんで、そんなことはしません
友蔵が帰った夜、板割の浅太郎(中野加津也)と巌鉄(澤村謙之介)が訪れる
由造の兄い久しぶりでござんす、頼みがありやす、忠治親分を助けなくちゃならねえ、どうか力を貸して欲しい
駄目だ、俺はもう堅気だ、女房子供を路頭に迷わすようなことはできねえ、と断った
浅と鉄は、兄いは恩という言葉を知らねえのか、これからはもう赤の他人だと、帰っていく
由造は、忠治親分にゃあ恩があります義理がある、力になりてえ、だが俺には女房子がいると悩むが・・・

<感想>
この芝居は、かなり良かった
春陽座澤村新吾責任者が、つけた芝居だという
確かに春陽座の色が出ていた
愁嘆場における、三位一体攻撃というか、役者が入れ替わりで、観客の涙を誘う
今回の場合は、最後の場面で、炎鷹、あきら、子役のこう馬が、リレーして長時間涙を誘った
また、死んだ女房慎太郎が、最後声だけで炎鷹に語りかける
この二つは、例えば3月8日に公演された、夢の中の親子でも見られた演出である

それと、剣劇の場面が良かった、かっこ良かったという意味だ
よくぞ、突然集まって、あれだけ合わせることが出来たものだ
剣劇としても芝居としても、二回目となる夜の部の方が、完成度が高かったんじゃなかろうか
私は、念のため夜の部にして、正解だったと思っている

見せ場の多かった役者は3人
主役の橘炎鷹、忠治の紅あきら、関八州の澤村かずま
3人とも芝居がうまいので、見事な演技だった
また、子役のこう馬が、居並ぶ座長に負けない名演技で華を添えた

CIMG5557 - コピー

CIMG5558 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
今日はお疲れ様でした\(^-^)/
早速の更新ありがとうございます!

山口サンの書いてくださったあらすじを見て、今日のお芝居を思い返しました~♪

アタシ涙もろいのか、慎太郎座長が自害する場面からウルウルしてしまってラストは号泣でした(;_;)あっ!ちなみに昼夜ともですw
でも、やっぱ夜の部の方が完成度が高かったです。
昼の部は炎鷹サンと慎太郎サンの掛け合いが噛み合わなくて台詞がカブルとゆう事もありましたし、立ち回りも夜の部の方がカッコ良かったです\(^_^)/
子役の煌馬くんも素晴らしかったし、あきら会長が出てきた場面は、あの低い声と雰囲気で舞台がキュッと引き締まります。
出演されてた座長様達、下座の春陽座のみなさんの演技力も凄いと思いましたが、なんといっても構成が素晴らしかったです(*^^*)
この25周年記念座長大会、良いものを魅せていただきました~♪

2015/03/20(金) 04:32 | URL | JEWEL #w4Ib0zSU[ 編集]
JEWELさん
慎太郎座長女形も良かったですよね
いちいち頷きながら、コメント読みましたよ
昼の部と夜の部と、そんな差があったのですね
やっぱりそうだったのだなあと、すっきりしました
情報ありがとうございます
1月朝日の座長大会で、昼の部の芝居は出来が良くなかったが、夜の部は一度リハーサルしたようなものだから出来が良かったと、恋川純が裏話でトークしてたんですよ
私はその印象が強くて、ゲストが多いときとか、今回の座長大会とかの場合はなるべく夜の部に行くようにしてます
2015/03/22(日) 00:45 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1697-b2ae494f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック