元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

CIMG6220 - コピー
4月になった
松山劇場で、数々の名芝居を残した春陽座は大阪朝日劇場に去ったが、今月は劇団澤村が来てくれた
雑誌、ネット情報によると、
劇団澤村は、終戦後まもなく初代澤村章太郎により創立され、現在の三代目澤村謙之介が7代目の座長
歴史ある名門劇団だ
初代澤村章太郎逝去後は、弟の初代澤村謙之介が劇団責任者で劇団を運営
一時期、章劇の二代目澤村章太郎、劇団勇舞の勇羅庵嘩が、二枚看板で座長をしてたこともあったそうだが、二人はそれぞれ太夫元座長で独立
ちなみに勇羅庵嘩の前名は、二代目澤村謙之介である
また、先月公演した春陽座の澤村新吾責任者たちも、劇団澤村の出身だそうだ

余談だが、劇団紀伊国屋の紀伊国屋章太郎の父親も、澤村章太郎という名前だそうだが、全くの別人
紀伊国屋章太郎の澤村一門と、劇団澤村の一派とは、全く関係ないそうである
紀伊国屋章太郎は、前名千代丸を息子に襲名させるので、本来なら父親の澤村章太郎を襲名すべきだが、狭い大衆演劇界に同姓同名の役者がいてはお互い困るだろうと、劇団澤村に遠慮して名乗らず、姓を変えて、紀伊国屋章太郎と名乗ったそうだ

さて劇団澤村の、当代である三代目澤村謙之介座長は、愛媛県出身
松山劇場で、劇団の乗りこみの荷物運びのバイトをしたのがきっかけで、役者となり現在に至るそうだ
現在の劇団澤村は、三代目澤村謙之介座長の家族劇団っぽいメンバー構成となっている
天海翼花形、天海翔は座長の双子の息子
天海琴音は座長の娘、澤村一也は実兄だそうだ
松山劇場にとっても、ゆかりのある澤村謙之介座長率いる劇団澤村は、昨年1月に続いての松山公演
私は、初見の劇団だが、澤村謙之介座長だけ先月の座長大会で、拝見したことがある

松山劇場の初日昼の部にきたのは、私は初めての経験
思ったより少なく、ざっと見50人といったところであった
夜の部あわせれば、大入りになるだろう

第一部 顔見世ショウ
(舞踊メモ 舞踊順通り)
オープニングは、風に向かうもの
CIMG6229 - コピー
CIMG6230 - コピー
CIMG6231 - コピー
天海翼花形の立ち回りで、初日の幕を開けた

CIMG6233 - コピー
CIMG6237 - コピー
CIMG6245 - コピー
CIMG6246 - コピー
CIMG6247 - コピー
CIMG6250 - コピー
CIMG6251 - コピー
顔見世ラスト

8本で40分間の顔見世ショウは、長いくらい
まあ初日だからかもしれないが

CIMG6218 - コピー
松山の桜も7分咲きとなった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1733-0624a6f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック