元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

私は、昨年3月から大衆演劇を観はじめた、観劇歴1年という初心者だ
この日、小林劇団の忠治流転笠を観て新生真芸座の芝居を思いだした記事を書いてて、改めて思った
以前記事にしたことがある、新生真芸座の忠治信濃路落ち
私は、さっぱり芝居の内容を覚えてなかったのだ
まあ、年のせいか記憶力がない
昨年4月公演の忠治信濃路落ちを記事にしたのは、12月で、8カ月経っていた
私が覚えてた内容は、哀川昇座長が忠治だったことと、ゲストが中野だん丸、中野健次郎両座長
忠治の子分の店に忠治が訪れる、十手持ちがいた、忠治が権助言葉をつかってた
ほんと、8カ月経ち断片的にしか覚えていなかった
あのおり、ジュエルさんが、コメントに詳しいあらすじを書いてくれて助かった思い出がある

忠治信濃路落ちで内容を覚えていないのが反面教師となり、昨年の9月から、ブログに大衆演劇記事を書くようになった
記事にしだして半年になるが、当初の狙い通り、少しは芝居の内容を記憶保持できるようになった
私なりに記憶が保持できる要因を整理すると、

①一度観た芝居を、そのままにせず、家に帰り自分の頭の中で再構築する作業
②頭の中で再構築した芝居を、ブログ記事に書く行為が、まさにインプットしたものをアウトプットすることなので、頭の中が整理できるし記憶保持につながる
③記事にするので、多少なりと役名などを記憶しようと意識して芝居をみる
④家に帰り、ネットで芝居の内容を調べる
⑤さっぱり思い出せない芝居でも、自分の記事を読み返せば、容易に芝居の内容が思いだせる

といったところ

観劇した内容を、記事にし画像も入れてUPするには数時間かかるし面倒だけど、記憶保持の成果は間違いなく出てるね
さしずめ、急がば回れってとこでござんす
③番目は、芝居を観てセリフで役名を聞くので、当て字が多い
パソコンの変換で、それっぽい漢字を役名にしてるので、漢字間違いが多いだろうと思う
まあ、忠治親分や清水次郎長などの、有名どころは大丈夫だと思うが

そんな感じで、大衆演劇記事は続けていく所存でござんす


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
お芝居
私も、お芝居の内容覚えてないこと多いです・・・

有名なお芝居は、あらすじも知っているので各劇団によって配役や若干違ったところとか覚えているのですが、
本当に最初に見た頃の劇団は、
ブログも始めてないので、
3年位前に三吉でみた松井悠の劇団が、花車が何のお芝居やったかもまったく覚えてません。
そういう意味では、メモ代わりにブログって良いですねぇ~

でも、いくつか、脳裏に強烈に焼きついているお芝居があって
そういうお芝居は、また観たいなぁ~と思います。
2015/04/04(土) 09:54 | URL | お富 #-[ 編集]
お富さん、
やっぱりそうですよね、忘れちゃいます
ほんと、メモ代わりになるので、ブログは良いツールだと思います
私が強烈に覚えてるのは、鹿島劇団の芝居でした
感動したり涙したりした芝居は、覚えてるものですね
ところで、来月松山劇場に、松井悠劇団が来るんですよ
一度だけ観たことあります
2015/04/07(火) 17:11 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1740-a7353ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック