元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

小鉄の女房とはどんな芝居なのだろうと行ってみたが、副題は若き日の会津小鉄
他劇団で会津小鉄と名張屋新蔵等の外題で演じられる芝居だった
アナウンスはされなかったが、特選狂言だろう
この日は、抽選会があったためか、顔見世ショウなしで1時間程の芝居
観客は40人くらい

第一部 芝居 若き日の会津小鉄 小鉄の女房

<あらすじ>
賭場で恥をかかされた小鉄(澤村一也)は、京の大立者、名張屋新蔵(澤村輝人)に果たし状を送る
弟分の新太郎(天海翼花形)が助っ人に駆けつけ、二人で掛って行くが、名張屋に卑怯者呼ばわりされたうえ返り討ちにあう
新太郎は殺され、小鉄は指を斬り落とされた
それから10日後、小鉄の家に会津部屋のお銀(澤村ゆき)が訪れる
名張屋新蔵に恥をかかされたままなら、二度と会津部屋に出入りさせないよ、今から名張屋を殺してきな
盲の妻のお吉(澤村謙之介座長女形)も名張屋とのいきさつを知っており、白装束を用意して小鉄に着せる
さらには、小鉄の愁いを無くすため、お吉は自らの胸をかんざしで刺して死んだ
深い悲しみの小鉄は、背に南無妙法蓮華経と入った白装束で、名張屋へ向かう
一人、名張屋一家に殴りこみをかけたのだが、そこには意外な事実が待っていた・・・・

<感想>
この芝居も微妙なところがあったが、まずまずの芝居であった
私は、三代目鹿島順一劇団とおおみ劇団の会津小鉄を観たことがある
両劇団とも、初代鹿島順一の血を引く劇団なので、芝居の内容が良く似ており、かなり良い芝居だった
今回は比べて考えてみたい
鹿島系の会津小鉄と、劇団澤村の小鉄の女房とは、大きく異なる点が二つある
まず一つ目、鹿島系は1幕4場、劇団澤村は1幕3場と、鹿島系には一場多い点
その一場とは、宮本むさくるしと佐々木某が名張屋の娘若しくは妹を襲う場面なのだが、深刻なこの芝居の唯一笑える場となっている
宮本、佐々木の二人がコメディーリリーフとなって、空腹のあまり相手の団子っ鼻にかみついたりして、芝居の中で緊張の緩和の役割を果たしている
一場で弟分、二場で女房、四場で名張屋と三人が死ぬが、三場の宮本と佐々木の笑いの場があるので、他の場は思う存分深刻に演ずることができるのだ
一方、劇団澤村版では、三場の笑いの場がないので、芝居のバランスを考えて、どこかで笑いを入れて緊張の緩和を図っていた
それが、二場の小鉄と盲の女房のやりとり、太ってるとか目が悪いのを利用した笑いを入れていた
緊張の緩和の役割は果たすのだが、本来の盲の女房を残して死ねないという小鉄の悩みが薄くなり、女房の覚悟の死も軽くなってしまう
少なくとも私は、そう感じた
大きく異なる点の二つ目は、名張屋が小鉄の幼いころ別れた父親だったという点だ
劇団澤村版では、最初の果たし合いに、二人で掛かるのは卑怯者だという点をクローズアップしているが、
なぜか小鉄を斬ることができなかったというのも、納得ができる
最後、名張屋の娘若しくは妹をもらう必要もなくなるので、こちらの設定の方がいいかもしれない
鹿島版では、自分を男にするために恋女房のお吉が自ら命を絶ったのに、名張屋の娘を嫁にする点に、私は違和感があった

あと細かい点を言えば、劇団澤村版は、最初から仙吉でなく小鉄と名乗っている
死んだ女房の首を持っていかない、などの違いがある

おさらいすれば、二場の女房が死ぬ場に、笑いを入れてたので、女房の死が軽くなってしまった
その原因は、宮本むさくるし、佐々木某が登場する三場がなかったからではないか、という結論である

まずまずの芝居であった
星三つ☆☆☆★★

CIMG6595 - コピー
芝居終演後の、口上挨拶風景

里見要次郎会長は、やはり19日にゲストだそうだ
澤村慎太郎も日時は未定だが、ゲスト予定
ということは、要次郎会長、千代丸副会長、慎太郎、澤村雄馬の4人がゲストと松山にしてはかなり多い
先月は、松山劇場、奥道後劇場合わせても、確かゲストは藤仙太郎の一人だけだったからね、座長大会はあったけど
18日の天海翼若座長就任は正式なもので、大阪ではしないと言っていた
だからそのお祝いの意味で、関西親交会の会長副会長が来るようだ

劇団澤村抽選会!
CIMG6597 - コピー
この日は、劇団澤村主催の抽選会があった
ほぼ全員に当たりが出て、外れた人にも残念賞のサランラップがもらえた
劇場主宰の月末の抽選会より、景品は豪華な印象
5000円の商品券、DVDプレーヤー、ホットサンド機、ポット、などが当たった
私も、マグが当たった
ありがとうござんす

CIMG6587 - コピー CIMG6588 - コピー

CIMG6592 - コピー
CIMG6590 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1751-92d8011c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック