元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
日本人は、おまけに弱い
その特性を企業戦略に生かし大成功を収めたのが、江崎グリコの、グリコのキャラメルだろう
誰しも、幼少のころ一度は買ったり買ってもらったりして、キャラメルのおまけにワクワクした経験があると思う
中にはおまけの方が人気沸騰なぞということもあり、私が子供の頃なぞは、ライダースナックという菓子に、
ライダーカードというのが入って大人気で、それはそれで良いのだが、カードだけ取り出しスナックを捨てる子供が続出して社会問題となった
これなぞは、おまけが本体のスナックを凌駕した、本末転倒な現象であった
私がもう少し大人になると、ビックリマンチョコなぞというのが人気となり、同じようにシールだけ取り出しチョコを捨てた子供がいて問題となった
まさに歴史は繰り返すなのである
カードにしろシールにしろ、全部集めたいというのが人情であり、レアものを手に入れるため、なり振りかまわぬ気持は分からぬでもない
最近で言えば、スマフォゲームなどでも、この消費者心理を利用した、ガチャと呼ばれる課金が問題となった

それはさておき、大衆演劇界でも日本人のおまけ好きをくすぐる作戦が見られる
代表的なもので言えば、前売券を買うとついてくるおまけである
前売券2枚買うとオリジナルボールペン、3枚だとキーホルダーといったおまけは、なんとなく欲しくなる
前売り5枚で招待券1枚、とか10枚で1枚というのは、実際料金が得になるのでありがたい
こういうサービスは、どこの劇場でも、どこの劇団でも行われているだろう
また、おまけに似たものに、イベント日がある
○日は割引き料金の日だとか、○日は抽選日といったものである
お隣高松の仏生山劇場では、来場者にうどん1杯プレゼントなぞというのがあった
ここ奥道後劇場は、今年1月のおおみ劇団の公演あたりから、劇場のイベント日が大幅に増えた印象だ
それが、ひとつのピークに達したのが、先月の劇団双六の公演だろう
劇場のイベント日に、劇団のイベント日をプラスして、終盤10日間は毎日がイベント日だった
ご丁寧なことに10日間毎日通った人には、さらに劇団からのプレゼントあり、という徹底ぶりであった
実際これを楽しみに通ってた人もいた
劇団双六が、終盤大入り袋の数を伸ばしたのも、このイベント作戦は一助になったと思う
私は、劇団双六の若葉しげるが作ったという芝居や若葉しげるのアドバイスで悲劇的な結末を変えたという芝居がどうも性に合わず、あまり通いはしなかった
ま、人にはそれぞれ好みがあるので仕方ない

それはさておき、この日の奥道後劇場は劇団のイベント日であった
小林直行副座長プレゼンツお肉の日、である
これは、劇団からのプレゼントとして、違った方向からのアプローチだ
大衆演劇ファンは、やはり役者さんにちなんだものが嬉しいと思う
役者さんが自費で、しかも自らが肉を焼いて来場者に振る舞うという
大衆演劇のファンの中で、役者さんに肉を振る舞ったという人はたくさんいても、役者さんから肉を振る舞われたというのは、貴重な体験ではないだろうか

この日、私が入場すると、すでにけっこうな入場者がおり、肉を食べていた
客席後方では、すでに舞台化粧を済ませた小林直行副座長が、鉄板で肉を焼いている
傍らでは、真弓リーダーも何か焼いている
私が、いただいたのがこちらの画像である

CIMG7433 - コピー

本当は、
たくさん食べてくださいね、と勧めていただいたのだが、私は観劇前にあまり食べると眠くなるので、この程度にさせていただいた
塩コショウで味付けされた、焼き肉である
味はやや塩辛く、ご飯よりもビールに合いそうな感じで、男の料理といった風情があり、けっこう美味かった
直行副座長、ありがとうござんす
肉だけでなく、焼きそばも振る舞われた
肉を直行副座長が焼き、焼きそばは真弓リーダーが焼いていたのだ

昔、ビンボー生活マニュアルというマンガがあり、ほかほか弁当の、のり弁当を褒めていた
過剰な広告が氾濫する世の中、のり弁当には白身フライや竹輪フライというメインのおかずがあるにも関わらず、
わざわざご飯に敷いたのりを弁当の名前にするなんて、なんと奥ゆかしい宣伝だろう、そんな内容だった
今回の、お肉の日も、肉だけでなく、焼きそば、お茶と充実しており、イベント日というおまけに、さらにおまけがついていると言う、実に奥ゆかしい宣伝であったのである

小林直行副座長は、公演が始まる1時間半前には準備を整え、開演直前の1時間半の間ずーっと焼いていた風であった
えらい、直行副座長は、男でござるなのである

珍しい姿なので、写真を撮らせてもらおうかと一瞬思ったが、やはり舞台の上の姿が本来だろうと、写真も撮らなかった
興味ある人は、小林劇団の広報官、小林真佐美さんのブログに画像が載ってたので、そちらを見ると良いでしょう


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1782-917f8666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック