元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG7388 - コピー - コピー

小林劇団 評価3.8

劇団の私の評価 (5.とても良い 4.良い 3.普通 2.いまひとつ 1.悪い)
基準は、あくまで私が好きかどうかのみ



小林劇団は、今月15回観劇することができた
三兄妹が三人とも優秀で芝居もうまく華があり、前座長のお二人も健在で、芝居に安定感があり、ほぼ毎回水準を超える芝居が観れた
初代小林隆次郎から伝わる芝居を大切にしており、悲劇的な重たい芝居が多く、私のようなおっさん客好み
だが、愁嘆場に笑いを入れることがけっこうあって、芝居本来の主題がぼやけることが多かった印象だ
そこだけが、良く分からない
それゆえ、あれだけ悲劇的な芝居でも、泣けることはほとんどなかった
センター向けだからなのか、あるいは劇場でも同じように愁嘆場に笑いを入れてるのか、そのあたりは分からない
コメディーリリーフは芝居ごとに変わるが、二代目隆次郎太夫元が暴走気味にボケることが多い
役者9人に子役2人と、陣容は整っているが、男優4人と女優5人で、若干バランスが悪い
クリスつばさが特殊な役者なのと、渡世人の芝居が多い点から考えれば、できれば1人か2人若手の男優が欲しい
まあ、5~6人で公演してる劇団があることを考えれば、贅沢な話ではあるけれど

ショウにおいては、真弓リーダーが2曲歌唱するのが大きい
私なぞは、1時間のショウを観てて飽きてくることがあるのだが、小林劇団の場合は、中盤に真弓リーダーの一流の歌唱と、巧みなトークショウが入るので飽きがこず、ありがたかった



小林劇団 芝居ベスト3

1位 妻七ざんげ
信ずべきものを信じず、信じちゃあいけねえ奴を信じてしまった妻七の後悔の物語

2位 梅川忠兵衛
真座長の商人役、長女真佐美の遊女役、直行副座長のお爺さん役と、三兄妹それぞれが名演技であった

3位 番場の忠太郎
真座長も良かったが、真弓リーダーの名演技が光った、さすが前座長

次点 吉良の仁吉
次点 縄抜けの吉五郎


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/1811-71f368bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック