元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
<あらすじ>
太助(海斗)はふらふらと八王子の宿を歩いていた
先祖伝来の田畑を売り、200両の金を手にし田舎を出て江戸へ向かってたが、放蕩してしまい100両を減らしていた
それを反省し、太助は節約して飯も食わず旅を続けていたのだ
ふらついてる太助を見かねたお千代(えりな)が、飯を食わしてやると巧みに声をかけた
素直に喜び、茶店でご馳走になる太助だったが、お千代は言葉巧みに太助の100両を盗んだ
お千代はいつの間にかいなくなっており、太助は飯代を茶店の主人(研二郎座長)に請求されるが、払う金がない
ちょうど、茶店にいた目明しの赤鼻の親方一行(次郎、光、竜子)が、太助を捕まえ番屋に連れて行こうとする
そこへ、侍の玄十(海斗)が通りかかり、代わりに飯代を払ってやった
太助はとても感謝しお礼を述べ、江戸へ向かった
それから一年が過ぎた
江戸にでた太助は努力のかいあって、目明し仏一家の下っ引きになっていた
そんなある日、自分の100両の金を盗んだお千代と、自分を助けてくれた玄十と思いもよらぬ形で再開する・・・


<感想>
一幕四場、約60分の芝居
前半はギャグが多いが、後半は人情話となる
なかなかいい話だ
海斗と大空海の最後の場面は、なかなか良かった
前半の笑いの場が、もう少し短いと私好みだ
まずまずの芝居でした
星二つ半☆☆△★★


GEDC0359 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 海斗

今後の予定、劇団のお茶の紹介など

GEDC0337 - コピー
GEDC0338 - コピー
GEDC0339 - コピー
GEDC0340 - コピー
GEDC0341 - コピー
GEDC0342 - コピー
GEDC0347 - コピー
GEDC0348 - コピー
GEDC0349 - コピー
GEDC0350 - コピー
GEDC0342 - コピー

最近乗った劇団
GEDC0343 - コピー
GEDC0344 - コピー
GEDC0345 - コピー
GEDC0346 - コピー
座長のサインが書かれてある


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2008-b011ef3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック