元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG8778 - コピー
稽古量のたわものだろう、毎回、驚くほど息のあった芝居を演じた下町かぶき組劇団夢の旅は東へ去ったが、
今月の奥道後劇場には、南條光貴劇団がきてくれた
南條光貴座長は、二代目南條隆の息子さんで、スーパー兄弟たちの一番上の兄にあたるそうだ
そして、地元松山出身の座長さん
「南條まさきの1年2カ月」の本の中に、約30年前の今は無き、松山の鷹ノ子温泉センターに公演した市川ひと丸劇団に、二代目南條隆夫妻が手伝いにきてる描写がある
当時の二代目南條隆は劇団を休団中で、近々再始動するにあたり、その暖気運転を兼ねての短期の客演だったようだ
初代南條隆と初代南條のぼるとは、芸道上は何の関係もなかったそうだが、同じ南條姓ということもあり、
二人は義兄弟の盃を交わした仲だったらしい
その息子さん同士なので、二代目南條隆と市川ひと丸(現南條すすむ)も付き合いがあって、客演があったのだろう
二代目南條隆が、最新のまつ毛のつけ方を市川ひと丸にレクチャーしてる描写が、なかなか楽しかった
その30年前の二代目南條隆夫妻の息子さんが、おそらく南條光貴座長なんじゃないかと思う
ちなみに、スーパー兄弟の龍美麗と、三代目南條隆とも母親は違うみたい
三代目南條隆と龍魔裟斗の二人は、同じ母で大路にしきの子らしい
大路にしきは、昔の劇団澤村の娘で、章劇の澤村章太郎座長の姉か妹らしい

私は、南條光貴劇団は初見の劇団で、大衆演劇を観始めて1年6カ月で、記念すべき50劇団目となった
確認できてるだけでも、全国に140ほどの劇団があるそうなので、三分の一を超えたことになる
どのくらいかかるか分からないけど、是非全劇団を見たいものでござんすなあ
南條光貴劇団は初見なれど、南條光貴座長は今年1月の三代目南條隆襲名披露公演で観たことがあるのと、
座員の方の一部は、昨年12月四国健康村の南條隆一座とスーパー兄弟の公演で観た人もいる
どうも、南條光貴劇団が休演月だったみたいで、兄弟劇団のスーパー兄弟に、座員さんが大勢客演してたみたい
といったところで、芝居の前説が始まった

CIMG8789 - コピー
幕が開く前に若手が集合して、前説、拍手の説明など
どうやら毎回恒例のようですな

第一部 外題 風雪流れ旅

<あらすじ>
一家を構える渡世人の盛太郎(南條光貴座長)は、国定村の忠治どんの応援で赤城山に向かった
騒動が終わり自分の一家へ帰ってみると、妻のお初が、子分の高輪重吉と出奔していた
母を恋しがる息子の盛吉・・・
~芝居はここから~
盛太郎(南條光貴座長)は、息子の盛吉(でこちん寛太郎)と妻お初(千里)を探す旅を続けていた
そしてついに、元子分の高輪重吉(光條一貴)を見つけるが、逆縁を切られ長脇差を抜いて対峙する
暮六つを過ぎ鳥目となった盛太郎だが、からくも重吉を倒す
重吉は盛太郎に詫びを入れ、自らの腹にとどめを刺し、お初の行くえを伝えた
「お初、いやお初姐さんは、江刺港の三五郎親分(南野光四朗)のところにおりやす」
そう言って、重吉は絶命した
盛太郎は、重吉に手を合わせ、再び旅立つ
夜目が効かない盛太郎は、盛吉に杖を引かせて、江刺港へ向かうのだが・・・

<感想>
一幕三場、約60分の芝居
私は初見の芝居
子役を使った子別れをモチーフにしたものですな
子役のでこちん寛太郎は小学1年生くらい
演技力という点では、もちろん物足りなさがあるのだが、そのたどたどしさが、逆に不憫というか、きっちり泣かせてくれた
光貴座長、光條一貴、千里、南野光四朗、がなかなか良く、この四人で多くの芝居を作ってるのかもしれない
特に、千里さんは、初めて観たが多分好みの役者
表情が豊かで、最初から眉間にしわを寄せ憂いを表現していいねえ
大げさな演技ともいえようが、大きな劇場だったらどうでしょう
大げさな演技じゃないと目立たないんだから
千里さんのように、大げさに演じてくれる役者さんが、私は好きなのである
きちんと泣けた、ということで、なかなか良い芝居でした 
S3

CIMG8794 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 光條一貴、光條貴らら
今後の芝居の予定など
座長は幕間の口上挨拶はせず、ショウの間にするのがしきたりのよう
光條一貴がさしずめ若手リーダーという風情で、今後の予定やグッズ紹介などを行った
光條一貴も地元松山出身だそうで、城南高校普通科出身だそうだ
城南高校と言えば、春陽座澤村かずま座長とか、劇団澤村の澤村輝人も同校出身だったと思う
澤村輝人は生徒会長してたと言ってたなあ
7月の錦らいとくん辺りから、地元出身の役者が続いてて、ええことやねえ

CIMG8782 - コピー

CIMG8783 - コピー CIMG8784 - コピー

CIMG8785 - コピー CIMG8786 - コピー

CIMG8788 - コピー CIMG8787 - コピー
たしか紀伊国屋章太郎は、和一心会の顧問か相談役やったなあ

CIMG8792 - コピー CIMG8793 - コピー
今月の予定

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
風雪流れ旅
良い話ですよね。劇団によっては、泣いてしまいます。(つд`)
2015/09/06(日) 16:45 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
プロレスLOVE さん
私は、少し涙が出ましたね
子役を使った芝居は弱いです
名子役がやると、確かにもっと泣けますね
2015/09/09(水) 22:38 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2060-97724b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック