元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
この日は日曜日、前日に引き続いての観劇だったが、
座長十八番(おはこ)狂言、と聞けば、拝見したい、となりますわなあ
たくさん入ってて、ざっと見120人以上

CIMG8903 - コピー
前説風景

第一部 座長十八番狂言 見送る親子

<あらすじ>
江戸からやってきた大店の跡取り息子の新(南野光四朗)が、とある村で行き倒れた
新を助け介抱したことがきっかけで、百姓の娘おしん(千里)と新は互いに好きあい、おしんの腹には子供もでき幸せな日々を送っていた
ある日、新のお店の番頭が訪れる
若旦那、大旦那が倒れました、至急店に戻ってください
新は、おしんに事情を説明してから、江戸に向かうと言うも、
番頭に、そんな時間はありません、と無理やり駕籠に乗せられ江戸へ帰って行った
何も告げず去った新に、捨てられたものと勘違いしたおしんは、川へ身投げする
死にかけたおしんを助けたのが、卯之吉(南條光貴座長)だった
このことが縁で、卯之吉は、おしんと母親お藤(矢野光枝)と暮らし始める
半ぐれだった卯之吉は、真面目に働き、おしんと好きあい、子供も生まれ、幸せを享受していた
そんなある日、おしんが生んだ子供は、あんたの子供じゃないんだよ、とひねくれもののお銀に言われる
そんなばかな、と思ったものの、卯之吉が計算すると、確かに10月10日ではない・・・

<感想>
一幕二場(か三場だったと思う)、約75分の芝居
私は初見の芝居
座長のおはこ狂言、というだけあって、熱演でござんしたねえ
芝居そのものも、長い芝居だった
千里さんの、困った顔はええなあ
なんか、この世の憂いを一心に背負ってるような風情で
矢野光枝さんだと思うが、この日初めて観たけど、この人もなかなかいいね
ハイライトは、矢野光枝さん演じるお藤が、座長演じる卯之吉の前に、赤子を見せて説得するところだった
なかなか良い芝居でした S3 

CIMG8905 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 光條一貴、光條貴らら ら
グッズ紹介、今後の芝居の予定など

CIMG8962 - コピー

CIMG8965 - コピー
今後の芝居の予定が22日まで出てたぞう
連休には、勝負狂言が並んでいる


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2066-712950e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック