元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

以前、演劇グラフの特集記事で、中野加津也座長は、
「鳳凰座は、大衆演劇古い芝居、股旅ものとか人情噺の芝居を大事にしてます」
とおっしゃっていたが、誕生日公演に瞼の母を選ぶとは、あのインタビュー記事を体現してて好感が持てる


第二部 特選狂言 瞼の母 番場の忠太郎
<あらすじ>
5歳の時に生き別れた母を探しながら、旅を続ける番場の忠太郎(加津也座長)
ある日、やくざ者の金五郎(健次郎)に乱暴されてる老夜鷹(剣一平女形)を助けてやる
すると老夜鷹から、自分の母親らしき人物が料理屋水熊屋の女将をしている、と教えてもらう
さっそく訪ねていく忠太郎
水熊屋の女将お浜(だん丸女形)は、確かに江州番場に5歳の子供を残してきた、と言う
だが、その子は9歳のときに死んだ、と聞いている、と言う
忠太郎は、お浜こそが紛う方なき自分の母親だと確信し、
おっかさん、それは間違いでござんす、わっしはあなたの息子の忠太郎でござんす
と名乗りをあげるが、お浜は語りだと、うそぶき、さらに
あなたはやくざもの、どこかから私の話を聞いて、ゆすりたかりにきたんでしょう
と、冷たい言葉を投げかける・・・

妹おとせ(中野都寿子)


<感想>
一幕三場、約50分とコンパクトな瞼の母であった
加津也座長が、甥っ子のだん丸に、
「おっ母さん」
というのは、ある意味滑稽でもあるのだが、そこはだん丸さんの芸の力で、
さほど不自然ではない
今日街研と、中野飛鳥の大ベテラン二人が、水熊屋の奉公人で脇を固めてるのが強いな
やはり芝居は、なかなか上達しないからね
年季の入った役者は、やはりええ
鳳凰座を久しぶりに見て、思ったことやが、
主役の中野加津也座長が、かっこよすぎて、番場の忠太郎に若干違和感があったなあ
美しすぎる42歳ちゅうのも、罪やねえ
とはいえ、なかなか良い芝居であった SⅢ


コピー ~ CIMG9702
コピー ~ CIMG9703
芝居終演後の座長口上風景
隣が藤こうた 多分15歳くらいやと思うが、ずいぶんおおきなってたでえ

コピー ~ CIMG9648
コピー ~ CIMG9647
コピー ~ CIMG9645
コピー ~ CIMG9646

コピー ~ CIMG9649
コピー ~ CIMG9650
コピー ~ CIMG9651



関連記事
コメント
この記事へのコメント
え~(^_^)ゞ

山口様、中野座長のお誕生日公演の様子がとてもよく分かり、私まで伺えたような気分にさせて頂きました。
そして、いつものことですが、山口様の的確で優れた文章力で綴られたブログは、「もっともだなぁ」と、共感せざるを得ない、とても素晴らしいものだという感を深めました。
本当に有り難うございますm(_ _)mm(_ _)m

でも……。
お昼にご覧になった恋川劇団さんのお芝居があまりにも素晴らしかったということもお有りだったのでしょうか……?
この日の鳳凰座さんの「瞼の母」には、少し物足りなさを感じられたようですね。
山口様が仰るように、中野座長が格好良すぎるのも一因かも知れませんね(≧∇≦)b



2015/09/20(日) 21:48 | URL | コスモス #-[ 編集]
SW初日
後楽座。
金沢まさと誕生日公演でした。
演目は、花笠文治。
記念日は、盛り上がって良いね♪
2015/09/20(日) 22:11 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
コスモスさん
鳳凰座の芝居も、なかなか良かったのですが、
この日の恋川の森の石松は、素晴らし過ぎでした
50分程の瞼の母と、90分の石松では、勝負にはなりませんね
まあ、誕生公演なので、お祝いムード満載の顔見世ショウ、舞踊ショウもありましたから、短めの芝居だったのでしょう
以前拝見した、加津也座長の石松閻魔堂の最期も、素晴らしいものでした
私が、森の石松が好き過ぎる、というのもあるかもしれませんなw
2015/09/24(木) 20:18 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
プロレスLOVEさん
後楽座も誕生日公演でしたか
まあ、特別な公演はええですなあ
熱気があるね
2015/09/24(木) 20:20 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2105-19ac2abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック