元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
浪花劇団を観たいと思ったのは、三代目鹿島順一劇団の親戚劇団ゆえ
また、二代目鹿島順一劇団で修行をした、蛇々丸さんを一度見たかった
さらにこの日行ってからわかったのだが、これまた親戚劇団の近江飛龍座長を特別ゲストに迎えての公演であった
初代鹿島順一の血を受け継ぐ、浪花劇団の芝居は、果たしてどうだったのか

都若丸劇団の公演が、3時間半を超えていたので、16時10分を過ぎていた
果たして京橋劇場の開演の17時に間に合うのだろうか、と危惧されたが、ガラケーのauナビウォークの表示に従い、
市営バスで京橋へ向かったわっしは、無事10分前には京橋劇場に着いたのであった
さらに、デジカメの充電がやばかったのだが、便所で補充充電し第三部舞踊ショウの撮影もできた

京橋劇場は1600円の入場料ながら、なぜか別途座布団代として100円を徴収される
果たして座布団を拒否できるのだろうか、なぞと思い悩みながらも口に出すことかなわず、
入場したわっしは、前から9列目に座して、開演を待ったのであった
観客は、ざっと見70~80人くらい
夜の部としては、けっこう入ってたと思うけれど、京橋劇場のキャパから言えば、寂しい印象となる
おそらく日本一大きな大衆演劇の劇場やと思うが、大きいというのも良し悪しやなあ
浪花劇団は、今回初乗りだそうだ
座長就任10周年の記念公演を、京橋で迎えたのであった
たしか、浪花劇団は三羽カラスと謳われた浪花三之介が作った劇団やったように記憶してる
今は、近江飛龍劇団におるんやないかなあ
一度見たい

第一部 顔見世ショウ

オープニングは、近江新之介座長を含めた群舞踊
コピー ~ CIMG9906
コピー ~ CIMG9907
舞台最前に設置された炎に模した布が印象的であった
元気な劇団の印象は悪くなかった


コピー ~ CIMG9908
群舞の衣装のまま、浪花勘太郎個人舞踊


顔見世ラストコピー ~ CIMG9909
コピー ~ CIMG9910
コピー ~ CIMG9911
近江新之介座長
ブラックステージが一台あり
動いてるので、自走するブラックステージがあるんか、と思ったら
京橋劇場は回り舞台があり、それで回転してたんやなあ
でも、いい風情でしたねえ

コピー ~ CIMG9903
コピー ~ CIMG9904
コピー ~ CIMG9905
コピー ~ CIMG9901
コピー ~ CIMG9902

3本約20分の顔見世ショウは、最小単位
芝居が長いのが予想された
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2112-a7b0bb60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック