元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG1630 - コピー
『ロマンス』公開記念
男の墓場プロダクション祭り
「タナダユキと杉作J太郎 努力と友情」

「努力と友情、いいタイトルですね。Jさんとの約束は、男と女の約束ではなく、男と男の約束のような感じがします。Jだけは、裏切れない。タナダユキ」

『ロマンス』(監督:タナダユキ、主演:大島優子)→ トークショー →『怪奇!!幽霊スナック殴りこみ!』(監督:杉作J太郎、主演:タナダユキ)

※料金『ロマンス』入場料金1800円 + 500円
☆ トークから参加のお客様には、1000円いただきます。 
松山市湊町3-1-9マツゲキビル2F tel・fax:089-933-9240

以上、松山シネマルナティックHPからの転載



この日のスケジュールは以下の通り

18:30頃 映画「ロマンス」
20:10頃 杉作J太郎とアパッチのトークショウ 1回目
21:20頃 映画「怪奇!!幽霊スナック殴り込み!」
22:40頃 杉作J太郎とアパッチのトークショウ 2回目
24:15頃 終了

都会だったら、終電が無くなり困る時間まで、熱っぽく繰り広げられた
まあ、松山は田舎なので移動は車と単車だから大丈夫
6時間近くに渡った特別興行、これだけしてもらえば、入場料2300円は、安いものであろう
観客数は、時間によって変動があったが、20~30人くらいやったんやないかなあ
多分、杉作J太郎さんへの出演料というのは、なかったんじゃなかろうかと思える中、熱の入ったトークショウを聴けて、
まずは、感謝とお疲れ様の言葉を捧げたい

男の墓場プロダクション10周年記念に向けての活動だそうで、第二回、第三回と続く予定だそうである
松山では、12月か来年1月に第二弾とのこと
しかも、10周年記念 男の墓場プロダクション祭りは、東日本と西日本で行うそうで、
西日本ではシネマルナティック、東日本では新文芸坐だそうだ
全国の名画座の中で、あの東京池袋新文芸坐と並び称されて、シネマルナティックの劇場主も鼻が高いことだろう
まあ、杉作J太郎が本県出身というのもあるけれど
映画秘宝にも、男の墓場プロダクション祭りの記事を載せてるそうなので、観てみたいなあ
あの映画「桐嶋部活やめるってよ」にも登場した映画秘宝は、松山ではどこで売ってるのだろう

この日のトークショウの内容は、ページを改めたい


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2208-35c881d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック