元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

第二部 芸題 稲川と新門

<あらすじ>
上方相撲の実力者、稲川次郎吉は、師匠の勧めもあり、江戸へやってきた
稲川の相撲は江戸でも通じ、連戦連勝、雷電をも投げ飛ばした
ところが、江戸っ子たちは、上方からやってきた稲川が江戸の関取に勝つのが面白くない
稲川には、ただの一人もご贔屓衆がいなかった
~芝居はここから~
稲川(大川忍副座長)が歩いていると、酔っ払いのやっこたち(舞川修若手リーダー、椿孝也)に絡まれる
あまりにもたちが悪いが、人格者の稲川は低姿勢、すると顔にタンを吐かれる始末
稲川は、「江戸に出てきたのは失敗だった」、と嘆いた
その後、稲川は一人の乞食(たぶん大川礼花)と出会い、俺たち乞食は稲川のファンだぞと、元気づけてくれた
乞食とはいえ、「江戸で初めて出来たご贔屓だ」、と稲川は喜び、丁寧にお礼を言って長屋に帰って行った
一部始終を陰で見ていた新門辰五郎(椿裕二座長)は、乞食が着ていた汚い着物を買い取り、稲川の住む長屋へ向かう・・・

稲川の弟子の取的 杵山(舞川修若手リーダー)
稲川の弟子の取的 碾臼(美穂裕子)
長屋大家(夢路えみ)

<感想>
一幕二景、45~50分くらいの芝居
私は初見だが、一度観てみたい芝居だった
主役の稲川次郎吉を演じた、大川忍副座長が良かったねえ
劇団大川は、油の乗った役者が揃ってる
中盤の笑いは少し押さえてもらい、終盤をたっぷり演じてもらった方が、私の好みかなあ
今月の劇団大川の観劇は4回目となるが、短めの芝居が多い印象だ
なかなかの芝居でした A1


芝居終演後の口上挨拶は、主役を演じた大川忍副座長
今後の芝居予定、ゲスト予定、劇団グッズ紹介など
明日は、ふれあい公演、芝居は2題、とのこと

芝居2本は久しぶり、これは楽しみだ

CIMG2247 - コピー
CIMG2248 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2245-3064ca94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック